弁護士検索結果のメインビジュアル
弁護士検索結果のメインビジュアル
あなたの相談内容にあった弁護士がみつかる
不動産・住まい
に強い弁護士
年間相談件数20万件以上 会員弁護士数5000名以上
※ 相談件数は2023年6月〜2024年5月実績
※ 会員弁護士数は2024年6月時点

不動産・住まいに強い弁護士

不動産・住まいに強い弁護士が3459名見つかりました。不動産に関するトラブル、相談では、遺産相続に関わるケースなどが挙げられます。また不動産を所有している場合、その住人が家賃を滞納しているケースや何か問題があり、立退きをお願いしたい場合などもあります。住まいに関するトラブルでは欠陥住宅に関わるトラブルも出てきています。地震などが起こった際にこうした問題が発覚することもあるようです。不動産絡みの問題の場合、弁護士だけでなく、その他の士業との連携が必要になるケースもあり、不動産分野に注力している弁護士に相談することでスムーズに対応してもらうことができます。

不動産・住まい 弁護士探しガイド

不動産問題で、弁護士を頼る方は入居者・買主サイドとオーナー・売主サイドに大別されます。入居者・買主側の方からの相談の多くは、立退き要求をされており納得できないケース、欠陥住宅・建築トラブル被害にあったケース、隣家とのトラブルなどです。オーナー・売主側の方からの相談は、さらに様々ですが、相続に関連する不動産問題、所有しているアパートの住人が家賃を滞納しているケース、所有地の境界にまつわるトラブルなどがあります。このように不動産問題に直面した方は「不動産・住まいに強い弁護士」に相談されるとよいでしょう。あなたの相談内容や条件を絞り込み、お近くの何名かの弁護士に電話やメールで面談依頼してみましょう。弁護士は依頼者の味方であり、守秘義務が約束された相手です。面談では取り繕うことなく事実を話すことで、不動産問題に精通した弁護士の豊富な経験・知識・交渉力からきっとあなたにとって必要な方針を示してくれるはずです。また面談=依頼決定ではないので安心してください。依頼には弁護士費用がかかりますので面談後に見積をもらい依頼検討しましょう。

不動産・住まいの相談例

法律問題を解決する第一歩は弁護士と面談することです。初めて弁護士への問合せ・面談予約をする際には、以下のポイントをメール文面や電話で明確に説明するとスムーズです。

  • あなたの身元(氏名、お住い、職業等)
  • 簡単なトラブル内容
  • 面談の希望手段(対面、WEB面談等)
    ※弁護士の方針・都合により面談を受けられないケースもあります

相談例

  • 男性
    10ヶ月家賃滞納している入居者を立ち退きさせることは可能か?

    父が経営していたマンションを相続で引継ぎ、運営管理をすることになりました。入居者の家賃支払状況を確認したところ、10ヶ月ほど前から家賃滞納している入居者がいることがわかりました。滞納家賃の支払と立ち退きを要求したいのですが、どのような手順を経ればいいのでしょうか?

不動産・住まいの法律Q&Aランキング