弁護士検索結果のメインビジュアル
弁護士検索結果のメインビジュアル
あなたの相談内容にあった弁護士がみつかる
税務訴訟
に強い弁護士
年間相談件数20万件以上 会員弁護士数5000名以上
※ 相談件数は2023年6月〜2024年5月実績
※ 会員弁護士数は2024年6月時点

税務訴訟に強い弁護士

税務訴訟に強い弁護士が1042名見つかりました。税務訴訟の中には大きく2種類に分類され、行政訴訟に該当するもの、民事訴訟に該当するものがあります。ご自身の抱える問題が税金に関するものであった場合、まずその問題がどのような性質なものなのか、民事なのか行政なのか、その判断から難しいのではないでしょうか。問題の内容を見極めるためにも弁護士に早めの相談をすることも考えられます。税務署長等が行った課税処分等に対して、不服がある場合、異議申し立てや審査請求、訴訟提起といった法的手段をとることも考えられます。

税務訴訟 弁護士探しガイド

税務訴訟は租税法律関係の訴訟です。税務訴訟の中には行政訴訟に該当するものと、民事訴訟に該当するものがあります。まずはご自身が抱える税金に関する問題がどのような性質なものなのか、その理解をするためにも弁護士に早めの相談をすることも考えられます。また税務署長等が行った課税処分等に対して、不服がある場合、異議申し立てや審査請求、訴訟提起といった法的手段をとることも考えられます。このような問題に直面した方は「税務訴訟に強い弁護士」に相談されるとよいでしょう。あなたの相談内容や条件を絞り込み、お近くの何名かの弁護士に電話やメールで面談依頼してみましょう。弁護士は依頼者の味方であり、守秘義務が約束された相手です。面談では取り繕うことなく事実を話すことで、税務に精通した弁護士の豊富な経験・知識・交渉力からきっとあなたにとって必要な方針を示してくれるはずです。また面談=依頼決定ではないので安心してください。依頼には弁護士費用がかかりますので面談後に見積をもらい依頼検討しましょう。

税務訴訟の相談例

法律問題を解決する第一歩は弁護士と面談することです。初めて弁護士への問合せ・面談予約をする際には、以下のポイントをメール文面や電話で明確に説明するとスムーズです。

  • あなたの身元(氏名、お住い、職業等)
  • 簡単なトラブル内容
  • 面談の希望手段(対面、WEB面談等)
    ※弁護士の方針・都合により面談を受けられないケースもあります

相談例

  • 男性
    修正申告を求められた際の意義申立について

    経営している会社に税務調査が入り、修正申告を求められました。修正申告を求められた箇所についてはこれまで顧問税理士からは問題ないと言われていた箇所で正直戸惑っております。再度顧問税理士に確認したところ、異議申立を勧められました。異議申立を行う場合、税理士だけでなく弁護士にも相談したほうがよいのでしょうか?

税務訴訟の法律Q&Aランキング