まるやま かずひこ

丸山 和彦弁護士

はなぞの綜合法律事務所

河内花園駅

大阪府東大阪市花園東町1-1-22 オノデマンション2C

対応体制

  • 法テラス利用可
  • 分割払い利用可
  • 初回面談無料
  • 休日面談可
  • 夜間面談可
  • 電話相談可
  • メール相談可

注意補足

30分無料

離婚・男女問題

【不貞慰謝料問題】解決実績多数。請求する側される側、少しでも有利になるように対応いたします。早期解決を意識し、示談交渉を行います。【離婚、親権、養育費】複雑な法律問題について、見通しを立て、今後のご提案をいたします。【土日・夜間対応可】

丸山 和彦弁護士の離婚・男女問題分野での強み

◆不貞慰謝料
━━━━━━━━━━━━━━━━━
【慰謝料を請求したい】
配偶者に不貞行為があった場合、配偶者及び不貞相手に対し損害賠償(慰謝料)請求を行うことが出来ます。多くの場合は、配偶者にではなく、不貞相手に請求を行います。
配偶者に裏切られたという精神的な苦痛は、お金で解決できる問題ではありませんが、慰謝料請求は、自らの尊厳を取り戻し、不貞当事者に一矢報いる、重要な手段の一つです。弁護士は傷ついた心までは癒せないかもしれません。しかし、依頼者様のお気持ちを汲み取り、慰謝料獲得という形でサポートさせていただくことはできます。
独りで悩まず、先ずはご相談下さい。

【慰謝料を請求された】
不貞慰謝料を請求された場合、不貞行為の事実があるのであれば、請求者に対し、一定の慰謝料をお支払いしなければいけないことは言うまでもありません。しかし、その請求額が正当なものかは別途検討する必要があります。不貞慰謝料の金額は、いくつもの増額・減額事由があります。弊所は、慰謝料減額事由に関する膨大な資料や執務の中で得たノウハウを有しております。不貞慰謝料を請求された場合、減額事由が多く存在するかもしれません。独りで悩まず、先ずはご相談ください。


◆証拠が重要
━━━━━━━━━━━━━━━━━
不貞相手に慰謝料を請求したい場合や配偶者との離婚を成立させたい場合に重要なことは、証拠の有無です。例えば、SNSやLINEでのやりとり、不貞に関する写真などが証拠として考えられます。このような証拠がなければ何も請求できません。
配偶者が不倫をしているかもしれないが、証拠がないといった状況でお困りの場合、先ずはご相談ください。有力な証拠が見つかるかもしれません。また弊所提携の信頼できる探偵業者をご紹介することもできます。
ご自身で、これで足りるであろうと判断した証拠では法的には全く意味をなさないこともよくありますので、安易に判断せず、お手持ちの証拠の有する価値についてもご相談下さい。


◆離婚・男女問題において弁護士に依頼するメリット
━━━━━━━━━━━━━━━━━
・弁護士が協議、交渉の窓口となるため精神的負担が軽くなります
男女問題は感情論に発展しやすく、当事者間では、もはや冷静に協議できないといったこともよくあります。弁護士は依頼者様の窓口として、不貞相手や配偶者と協議、交渉いたします。弁護士が介入することで、感情的な衝突は避けることができるので、問題は解決しやすくなります。

・正当な権利を行使できます
不貞慰謝料請求事件においては、弁護士が就くことにより、請求する場合も、される場合も適切な金額を算出し、不相当な結論とならないように問題を解決できます。
離婚事件においては、例えば、相手方配偶者が婚姻費用や養育費を一切支払わないといったことを主張していても、協議や調停手続きを利用して、そのような主張を排斥します。ご自身の有する正当な権利を適切に行使すべく、弁護士を利用して下さい。

・相手方を交渉の場に座らせやすくなる
男女問題の当事者の一方が他方に何らかの請求をしても無視されるということはよくあります。このような場合、弁護士が受任の連絡及び主張を記載した書面を送付することで、相手方に心理的プレッシャーを与え、相手方を交渉の場に座らせやすくすることができます。

・書類作成等の複雑な手続きを任せることができる
法律問題が生じた時に、ご自身で何とか解決しようと文書を作成し、相手方に送付される方がいます。もっとも、このような場合、作成した文書に法律的に過不足が生じていることが多く、このことに気づかず、法的に意味のない文書となってしまう場合もあり、最悪の場合、相手方に揚げ足をとられ、ご自身の主張が覆ってしまうこともあります。このような事態を避けるべく、弁護士が状況に応じた、適切な内容の書面を作成いたします。


◆「1円も払わない」と主張する相手から慰謝料250万円獲得
━━━━━━━━━━━━━━━━
【請求する側】
・裏付けの取れた慰謝料増額交渉を成立させます
不貞相手に対し、慰謝料を請求した際に、不貞加害者に弁護士が就くと、納得の行かない金額で言いくるめられてしまう場合が多く存在します。
ご自身で請求される前に、ご相談いただくことで適正な慰謝料の請求が可能になります。

<請求事例>
・相手方に代理人が就き、不貞慰謝料を30万円支払うという主張がなされたが、最終的に250万を支払わせた
・1円も支払わないという相手から200万円の不貞慰謝料を獲得

【請求された側】
・不貞慰謝料減額事由は数多く存在します
弊所は、慰謝料減額事由に関する膨大な資料や執務の中で得たノウハウを有しております。慰謝料を請求された場合、減額事由の有無をお聴かせいただき、適切な金額へと導きます。

<減額交渉の成功例>
・500万の請求額を130万に減額


◆協議交渉による早期解決を意識しています
━━━━━━━━━━━━━━━━
男女問題の当事者は精神的に疲弊しておられることが多く、紛争が長期化することでさらに疲弊してしまう傾向にあります。このような負担を少しでも軽減すべく、弊所では、紛争が先鋭化する裁判手続きを採ることは最終の手段と考えています。先ずは、協議交渉を前提とし、可能な限り、紛争の早期解決を目指していきます。事件の内容にもよりますが、早いものだと2週間程度で解決に至る者もあります。独りでお悩みになられ、時間ばかりが過ぎても仕方がありません。先ずは弁護士にご相談下さい。

離婚・男女問題分野での相談内容

争点・交渉テーマ(男女問題)

  • 浮気・不倫
  • ダブル不倫
  • 婚約破棄
  • 中絶
  • 子の認知
  • 婚外の妊娠問題

離婚原因

  • DV・暴力
  • 性格の不一致
  • セックスレス
  • モラハラ
  • 生活費を渡さない
  • 借金・浪費癖
  • 親族関係
  • 悪意の遺棄
  • 育児放棄
  • 異性関係(不貞等)

あなたの配偶者の状況

  • 行方不明・音信不通

争点・交渉テーマ(離婚問題)

  • 財産分与
  • 養育費
  • 親権
  • 婚姻費用(別居中の生活費など)
  • 離婚の慰謝料
  • 離婚すること自体
  • 面会交流

段階や依頼したい内容

  • 調停
  • 審判
  • 裁判
  • 内容証明・手続き書類の作成
  • 協議・交渉

あなたの特徴

  • 20年以上の婚姻期間
  • 内縁関係
  • LGBT・同性婚
  • 慰謝料請求したい側
  • 慰謝料請求された側
  • 有責配偶者

どんな事務所ですか?

◆しっかりとお話をお聴きします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━
一般の方にとって、弁護士を何度も利用したことがあるということはほとんどないでしょう。多くの方は、緊張した面持ちで弁護士事務所に訪れるものです。
弊所では、相談者様が少しでもリラックスしてお話をしていただけるよう心がけております。
例えば、何から話せばわからないといった方も多いです。そこで、弁護士が法律専門用語ではなく、身近な言葉を用い、相談者様をリードしながら、必要なことをお聴きします。また、悲しい話ですが、他の事務所の弁護士に高圧的な態度をとられ、弁護士と話すことが怖いと思ったという声もよく耳にします。弊所では、終始和やかな雰囲気でご相談をお受けすることを心がけています。
このようにご対応させていただくことにより、相談者様から、しっかりとお話をお聴きすることができ、問題解決にとって何がベストかを把握することができると考えております。
お陰様で、「相談するだけで気持ちが楽になった。」といった嬉しいお言葉を頂いております。
弁護士事務所を訪ねるからと、特に身構えることなく、お気軽にご来所いただければ嬉しく存じます。


◆借金・債務整理
━━━━━━━━━━━━━━━━━
多重債務者となり、借金問題を抱えている方は、ご自身の状況について、正常な判断ができなくなってしまっているということが多いです。
また、一言に債務整理といっても、手続は多岐に渡り、どの手続きを選択するかの判断は慎重にしていかなければなりません。
弊所では、ご相談者様から、ご状況を詳しくお聴かせいただき、最適な解決案をご提示いたします。
独りで悩まず、先ずはお話をお聴かせ下さい。


◆離婚・男女問題
━━━━━━━━━━━━━━━━━
弊所では、不貞慰謝料の請求や減額交渉事件を数多く扱っており、交渉のノウハウを有しております。慰謝料を請求したい場合はもちろん、弁護士から突然、慰謝料請求をされた場合は、ご本人様が直接弁護士とお話をされる前に、先ずは弊所にご相談ください。少しでも有利になるように交渉いたします。
また、離婚についても、調停などの裁判手続きを含め、多くの事件を取り扱っております。複雑な手続きの内容や、現時点での状況を踏まえた良いご提案が出来るかと存じます。
些細なことであっても、独りで悩まず、先ずはお話をお聴かせ下さい。


◆刑事事件
━━━━━━━━━━━━━━━━━
・刑事事件は時間との闘いです。
例えば、ご連絡を頂くのが、逮捕直後なのか、2日以上経過しているのかでは、採るべき手続きも異なり、身体解放の難易度も異なります。大切な人が捜査機関に身柄を確保された場合は、とにかく早い時点で弁護士に連絡してください。

・捜査機関に対し、毅然と主張できるのは弁護士だけです。
捜査機関に身柄を拘束された方にとって、外界との窓口となれるのは弁護士だけです。なぜ身柄を拘束されたのか、身柄拘束の必要性はあるのか、ないのであれば直ちに解放されるべきです。弁護士はこの点について、詳細に事情をお聴きし、正当な権利を護るべく、捜査機関に対し、毅然とした態度で主張を展開します。大切な人が身体拘束された時は、直ちに弁護士に相談して下さい。

・実績
弊所では取り扱った事件の多くで不起訴処分を獲得しています。また、難しいと言われている起訴前の身柄解放(準抗告といいます。)を通した実績も有しております。どのような処分になるか、準抗告は通るのか、独りで悩まれる前に、まずはご相談ください。


◆アクセス
━━━━━━━━━━━━━━━━━
近鉄奈良線 「河内花園駅」 徒歩3分
近鉄奈良線 「東花園駅」 徒歩9分

(住所)
大阪府東大阪市花園東町一丁目1番22号 オノデマンション2C

事務所の特徴

  • バリアフリー
  • 近隣駐車場あり
  • 子連れ相談可
電話でお問い合わせ
050-7586-9224
定休日

※お電話の際は「ココナラ法律相談を見た」とお伝えいただくとスムーズです。