弁護士検索結果のメインビジュアル
弁護士検索結果のメインビジュアル
あなたの相談内容にあった弁護士がみつかる
詐欺・消費者問題
に強い弁護士
年間相談件数20万件以上 会員弁護士数5000名以上
※ 相談件数は2023年6月〜2024年5月実績
※ 会員弁護士数は2024年6月時点

詐欺・消費者問題に強い弁護士

詐欺・消費者問題に強い弁護士が2138名見つかりました。消費者問題とは身近なところにあるトラブルです。オンラインショッピンや、テレビでの通販、訪問販売に関わるトラブルであったり、投資詐欺、振り込め詐欺などもこうした問題の一部です。誇大広告や劣悪な商品の販売といったケースもあります。些細なトラブルのようであっても被害金額は何百万円といったケースもあり、高齢者が狙われるケースもあります。こうした問題に巻き込まれてしまった場合、弁護士に相談することで法律に基いて、どんな対応ができるのか、被害を取り戻すためにできることはあるのかといった具体的な方針・見通しを知ることができます。

詐欺・消費者問題 弁護士探しガイド

詐欺・消費者問題とは、投資詐欺、振り込め詐欺、悪徳商法被害など詐欺被害のほか、ぼったくり店での高額請求やお店での違反行為に対する罰金が異常な高額であったりする不当な金銭請求被害を指します。被害金額は様々ですが、解決に向けて動くとなると数十万円〜の弁護士費用がかかるケースが多いため100万円以上の詐欺被害に遭ったり、恐喝脅迫に耐えかねて弁護士に相談される方がほとんどです。このように詐欺や不当要求の被害にあった方は「詐欺・消費者問題に強い弁護士」に相談されるとよいでしょう。あなたの相談内容や条件を絞り込み、お近くの何名かの弁護士に電話やメールで面談依頼してみましょう。弁護士は依頼者の味方であり、守秘義務が約束された相手です。面談では取り繕うことなく事実を話すことで、詐欺被害に精通した弁護士の豊富な経験・知識・交渉力からきっとあなたにとって必要な方針を示してくれるはずです。また面談=依頼決定ではないので安心してください。依頼には弁護士費用がかかりますので面談後に見積をもらい依頼検討しましょう。

詐欺・消費者問題の相談例

法律問題を解決する第一歩は弁護士と面談することです。初めて弁護士への問合せ・面談予約をする際には、以下のポイントをメール文面や電話で明確に説明するとスムーズです。

  • あなたの身元(氏名、お住い、職業等)
  • 簡単なトラブル内容
  • 面談の希望手段(対面、WEB面談等)
    ※弁護士の方針・都合により面談を受けられないケースもあります

相談例

  • 男性
    仮想通貨取引を勧められお金を預けたが、追加金を要求されている

    友人の紹介で仮想通貨のトレーダーという人と知り合い、元金保証で運用してあげるという言葉に乗っかり、200万円を預けました。それから1ヶ月ほど経った昨日、損がでてしまっており元金はなくなり、追加でさらに100万円必要と言われました。そんな話は聞いていなかったので、全額返してもらいたいのですが、どうすればよいのでしょうか?

詐欺・消費者問題に関する事例紹介

詐欺・消費者問題の法律Q&Aランキング