注目の弁護士インタビュー 一覧

ココナラ法律相談が全国各地で活躍中の弁護士に行った独自インタビュー記事を掲載しています。 弁護士としての経験や熱意、印象的な解決事件などを通して弁護士の人となりを感じ取る事ができます。

392件中 1-30件を表示
熱い心と冷静な判断力。依頼者さまの一番の理解者として,問題解決まで伴走します
小林 優介 弁護士/ 兵庫県
弁護士法人ALG&Associatesの小林 優介(こばやし ゆうすけ)弁護士。 神戸法律事務所の所長として,地域の方のトラブル解決に尽力しています。 そんな小林先生に,弁護士としての実績や,弁護士を志したきっかけ,悩みをもつ人に伝えたいメッセージなどを伺いました。
労働問題に強い法の職人。解雇や懲戒処分無効、交渉で早期決着させる戦略家の「2つの目」
青木 秀樹 弁護士/ 東京都
弁護士法人富士パートナーズ支所 青木総合法律事務所の青木 秀樹(あおき ひでき)弁護士。 最大の持ち味は、民間企業で叩き込んだロジカルな思考と緻密な分析眼にあります。 不当解雇などの労働問題では交渉で早期解決を図るとともに、裁判でも独自の理論で勝訴や和解を何度も手にしてきました。 学生時代には、ラクロスのゴーリーとして活躍したことも。 「最後の砦」として、依頼者を守り抜く決意をお聞きしました。
企業法務で培った専門性を活かし、一般民事のご相談にも最適な解決策をご提案いたします
宮地 政和 弁護士/ 北海道
弁護士法人東京スタートアップ法律事務所の宮地政和(みやじ まさかず)弁護士。 大手企業で社内弁護士を務めた経験を持ち、弁護士としての信頼度の高さは折り紙つきです。 そんな宮地先生に、仕事の実績や相談者と向き合うときの姿勢、悩みをもつ人に伝えたいメッセージなどを伺いました。
一般企業勤務を経て、一度挫折した法曹の道へ。事件の「時系列」を丁寧に整理していく傾聴術
助川 大樹 弁護士/ 東京都
大学時代に一度弁護士の道を挫折し一般企業に勤務したものの、30歳で一念発起し司法試験合格を果たした助川 大樹(すけがわ だいじゅ)先生。 大手法律事務所での勤務を経て2020年に独立、現在は町田第一法律事務所で債務整理や刑事事件を中心にあらゆる法律相談に応じています。 小規模事務所ならではの迅速さは依頼者からも好評です。 法律の専門家として「情報を引き出す意識が大切」と語る助川先生に、過去の経歴や内に秘める思いなどをうかがいました。
”迅速さ”第一。24時間相談者の方の悩み・不安に寄り添う
齋藤 健博 弁護士/ 東京都
直通電話弁護士、LINE弁護士として活躍され、対応時間24時間。無意識と言いながら、弁護士の敷居を下げる取り組みに熱心な齋藤 先生に仕事に対するこだわり、スタンスについて伺いました。
新聞記者歴9年・弁護士歴8年。豊富な人生経験と取材力を武器に相談者の身近な悩みと向き合う
中井 宏二 弁護士/ 大阪府
中井法律事務所の中井 宏二(なかい こうじ)弁護士。 新聞記者から弁護士への転身という異色の経歴をもち、これまでに多くの人間ドラマを見つめてきました。 そんな中井先生に、メディア出身で法曹の職を志した理由や、弁護士としての実績、強み、相談者に伝えたいメッセージなどを伺いました。
法律論の前に心で相談者と向き合う。良い弁護士とは何かを問い続ける。
秀島 晶博 弁護士/ 東京都
日比谷見附法律事務所の秀島晶博(ひでしま あきひろ)弁護士。 弁護士が多い家系に育ち、自身も法曹の道へ。 弁護士としてのキャリアを積むと共に、社会貢献活動として良き法曹を増やすため法曹養成にも尽力しています。 しかし、一見華々しい経歴の裏には、知られざる苦悩がありました。 また、そうした背景から生まれた、仕事に対する強い信念がありました。
依頼者のために何がベストかを追求する、身近で頼れる弁護士に
勝浦 敦嗣 弁護士/ 東京都
都内の大手企業法務事務所にて企業法務を扱う環境から一転、鳥取県の公設事務所に赴任。労働問題や債務整理など、人々の身近なトラブルに寄り添う弁護士として尽力されてきた勝浦敦嗣先生。現在は東京・青山一丁目に勝浦総合法律事務所を開設し、所長としてご活躍されています。 そんな先生に弁護士になられた経緯や弁護士として大切にされていること、目指す方向性などについてお伺いしました。
米国の法律事務所に勤めた経験を活かし、英語案件・海外案件にも対応。世の中のために活躍する、志高き弁護士
増井 邦繁 弁護士/ 東京都
7年間、日本の最大手弁護士事務所の1つに所属し、その後、増井総合法律事務所を立ち上げた増井 邦繁弁護士。 弁護士になったのは「世の中の仕組みづくりに関わりたい」と学生時代に大志を抱いたことがきっかけです。 弁護士としてのモットーは「依頼者のことを考え抜く」。 その実直な弁護スタンスで依頼者から絶大な信頼を集めています。 温和ながらも内に熱い想いをたぎらせる志高き弁護士が見据えるゴールとはーー。 増井総合法律事務所 https://masui-law.com/
どんな依頼も3時間以内に回答する交渉人。スピードと気概は、誰にも負けない
西明 優貴 弁護士/ 東京都
猛勉強の末、上位で一発通過した司法試験。虎ノ門桜法律事務所の西明(さいみょう)優貴弁護士は、挫折を力に変える努力の人です。負けん気が人一倍強く、どんな相手とも臆することなく交渉します。「どんな依頼も3時間以内に回答する」というスピードも売り。どんな弁護士なのでしょうか。
県内最大規模の事務所から独立。私が地元・前橋で地域密着の看板を掲げる理由
山本 和徳 弁護士/ 群馬県
群馬県最大規模の事務所で約5年修行し、地元・前橋市で開業した山本法律事務所の山本和徳弁護士。 周囲に弁護士事務所が少ないエリアにあえて進出したのは、生まれ育った地元への恩返しの思いからでした。 交通事故や離婚・男女問題をはじめ、地域住民の困りごとを解決するために奔走する日々に迫りました。
メンタル心理カウンセラー資格を活かした丁寧な対話。戦略的思考で闘う弁護士
本江 嘉将 弁護士/ 福岡県
福岡市内に事務所を構える弁護士法人本江法律事務の本江 嘉将(もとえ よしまさ)弁護士。 企業の法務・労務問題を中心に、幅広い案件に対応できる確かな腕をもっています。 持ち前のチャレンジ精神で、メンタル心理カウンセラー、相続診断士、M&Aシニアエキスパートなど、多岐に渡る資格を取得。 丁寧に傾聴することで依頼者に寄り添う一方、交渉のときには毅然と立ち向かって闘う頼れる弁護士です。 そんな本江弁護士に、歩んできたキャリア、弁護士としての心がけ、今後の目標などをお聞きしました。
「誰よりも」親しみやすさにこだわる気さくな弁護士。距離感を重視する弁護スタンスに込められた深い想い
本多 将大 弁護士/ 群馬県
弁護士法人KTG高崎法律事務所の本多将大弁護士の信条は、誰よりも親しみやすいこと。 寄り添いながらの弁護を心がける弁護士は数多いですが、「誰よりも」と強調する人は希少です。 なぜそこまで親近感にこだわるのでしょうか。 「心から満足いただける解決には、踏み込んだコミュニケーションが不可欠」と力を込める本多先生。 インタビューでも一切の壁をつくらず、フランクに弁護士としての想いを語ってくれました。 気軽に相談できるという表現がそのまま当てはまる、柔和で話しやすい雰囲気が、多くの人に安心感を与えてきたように思えます。 軽妙な話しぶりに引き込まれながら、その弁護スタイルのもう半歩先に踏み込みました。
依頼者にとって何がベストかを考え、その人の気持ちに寄り添えるように
眞喜志 康史 弁護士/ 東京都
沖縄出身で依頼者の気持ちに寄り添ってくれる弁護士である、弁護士法人原後綜合法律事務所の立川事務所に所属の眞喜志康史先生。 そんな先生に弁護士になられた経緯や弁護士として大切にされていること、目指す方向性などについてお伺いしました。
国際機関で働く目標を昇華させ、コンサルタントから転身。地方密着でありながら日本と世界を結ぶ弁護士へ
川瀬 裕之 弁護士/ 福島県
コンサルティング会社のシニア・コンサルタントとして企業の経営課題を改善する立場から弁護士への転身を果たした、れいわ総合法律事務所の川瀬 裕之弁護士。 「弱い立場にいる人をひとりでも多くサポートしたい」と法律を駆使して、社会の歪みの是正に奮闘しています。 国際志向が強く、海外関連案件にも積極的に対応する川瀬弁護士。 学生時代には国連勤務を目指していたという当時から一転、法曹会へ方向転換するプロセスにどんな心境の変化があったのでしょうか。
高松で半世紀以上続く法律事務所の三代目。独自の弁護哲学を貫き、刑事事件を軸に地域の紛争解決に尽力
小早川 達彦 弁護士/ 香川県
香川・高松で厚い信頼を獲得している「小早川法律事務所」。 小早川達彦弁護士は、祖父の輝雄氏、そして現在の代表の父・龍司氏へと受け継がれる同事務所で、最前線で弁護活動に勤しむ三代目です。 法曹界へは「二人から勧められたことはないんです」と自らの意志で踏み込んだという小早川先生。 強い想いを胸に選んだ道だからこそ、「二人は自分にとって尊敬すべき人物」と親族であることに一切甘えず、弁護士の先輩として最大限に敬います。 三代目という宿命に重責を感じつつも、「私は私」と自らの弁護哲学を貫く小早川先生に、その胸中や弁護士としての想いを伺いました。
キャリア20年、商社マンから転身遂げた元・家事調停官。離婚や相続、「ふたつの眼」で解決
野末 勝宏 弁護士/ 大阪府
辻中法律事務所の野末(のずえ)勝宏弁護士は、キャリアが20年に及ぶ経験豊富な弁護士です。 商社勤務を経て、北海道函館市で弁護士としてのキャリアをスタート。 現在は大阪市で個人、企業問わず幅広い案件を受けています。 とくに離婚・相続については家事調停官を4年間務めた経験から、難解事件をうまくまとめてきた実績があります。 静岡県の小さな町で生まれ育った少年が夢を叶え、依頼者のために奮闘し続ける原点とはーー。
インターネットで調べられる一般論ではなく、一人ひとりのご事情に合わせた戦略で勝つ。
上間 貞史 弁護士/ 沖縄県
弁護士法人ネクスパート法律事務所・那覇オフィスの上間貞史(うえま・さだふみ)弁護士。「一般論はインターネットに書いてある時代。一般論で争う弁護士の価値が下がる時代になってきました。なので、依頼者様毎にカスタマイズした戦略で争いを解決することが重要だと考えています」と上間先生は強くおっしゃっていました。そんな上間先生に、これまでのご経歴や弁護士という仕事に対する想いについて伺いました。
発達障害当事者として、その生きづらさに寄り添い、あなたの権利を守ります
伊藤 克之 弁護士/ 東京都
日野アビリティ法律事務所の伊藤 克之弁護士。 発達障害当事者として、同じ障害により生きづらさを感じている人や、その家族に寄り添い、多くの問題を解決してきました。 そんな伊藤先生に、弁護士としての対応分野や、弁護士を志したきっかけ、悩みをもつ人に伝えたいメッセージなどを伺いました。
債権者200社超の法人破産。数日で道筋つけた弁護士
宇都宮 貴士 弁護士/ 千葉県
生まれ育った場所に事務所を開設し、依頼者一人ひとりの声にじっくり耳を傾ける。 松戸法律事務所(千葉県松戸市)の代表弁護士・宇都宮貴士先生は、そんな町医者のような弁護士です。 一方で、大きなニュースになるような法人破産や、数億円規模の遺産分割協議など、重大・複雑な事案も数多く手がけてきました。 専門性やコストの明確化を売りにする宇都宮先生の仕事ぶりに迫ります。
問題解決の先に描くより良い未来。8000件の相談に応えた弁護士事務所代表
長瀬 佑志 弁護士/ 茨城県
長瀬総合法律事務所の代表を務める長瀬佑志(ながせ ゆうし)弁護士。 テレビ出演や書籍出版、セミナー講師など、幅広く活躍する長瀬先生ですが、その姿勢は驚くほど謙虚で、相談者のさまざまな悩みに優しく耳を傾けます。 そんな長瀬先生に、弁護士としての実績や強み、相談者に伝えたいメッセージなどを伺いました。 
企業間紛争と遺産相続が強み。徹底した問題整理で納得できる選択肢を提案
根本 智人 弁護士/ 東京都
品川駅のすぐ目の前にオフィスを構える品川高輪総合法律事務所。 その代表弁護士である根本智人先生は、数多くの企業間紛争や遺産相続問題をご担当されてきました。 自ら事務所を経営する身でもあることから、法律だけなく会社経営の視点から、企業のリーガルサポートも手がけていらっしゃいます。 そんな根本先生に、弁護士としての強みや大切にされている姿勢についてお聞きしました。
依頼者と丁寧に向き合うため事務所を設立。現場作業員や主夫など多彩な経験から養った共感力
山本 恭輔 弁護士/ 福岡県
誰でも気軽に相談できる事務所を目指し、福岡つむぎ法律事務所を開設した山本 恭輔(やまもと きょうすけ)弁護士。 弁護士になる前は工場で派遣の作業員として働きながら切り詰めた生活を送っていたこともある苦労人です。 現在はオンライン相談に力を入れ、多くの人に対して開かれた環境でリーガルサービスを提供しています。
児童相談所で障害児とご家族の相談に応じた経験を生かし、 被害者や依頼者にとってベストな選択を見つけていく
北嶋 太郎 弁護士/ 静岡県
静岡市清水区のJR清水駅から徒歩5分、清水駅前商店街の再開発で建設された「ベイタワー清水」の1階フロアにあるミモザ法律事務所。その所長、北嶋太郎弁護士はかつて、福岡市にお勤めだったとのこと。福岡市職員時代には「こども総合相談センター」(児童相談所)で障害児支援を行った経験もあります。市役所職員として様々な方からのご相談に乗ってきたご経験は、弁護士としての活動スタンスにも活きているそう。依頼者の相談をじっくりと聞き、それぞれの方にとってベストな選択を常に追求されている北嶋弁護士に、お仕事についてお伺いしました。
12人の若者を救った「二段構え」の法律論と緻密な主張書面。キャリア20年超の債務整理のベテラン
影山 博英 弁護士/ 大阪府
債務整理や労働事件、不動産を得意分野の三本柱に掲げる影山法律事務所の影山 博英(かげやま ひろひで)弁護士。 債務整理では豊富な破産管財人の経験を駆使して難しい案件でも着実に整理を実現しています。 労働事件では12人の若者を救う決定を勝ち取った実績があります。 裁判で勝つためのロジカルな主張の組み立て方、主張書面の作成術とはーー。
弱い立場の人の力になりたい 西船橋を拠点に離婚・男女トラブルなど家事事件を中心に活動 地域の人のために働く街弁護士
元嶋 亮 弁護士/ 千葉県
千葉県船橋市を拠点にする元嶋亮先生は、地域に根ざした“街弁”のスタイルで活動しています。離婚などの男女トラブルや、相続、債務整理、交通事故など、個人の依頼者のトラブル解決に尽力する毎日です。
異業種から法曹界へ転身。社会経験で培った「依頼者ファースト」の姿勢
宮崎 正仁 弁護士/ 東京都
冷静な判断力・分析力と、内に秘めた熱い想いで依頼者から厚い信頼を受けるエトワール法律事務所の宮崎 正仁(みやざき まさひと)弁護士。 法曹界入りする前は10年以上、国家的な機関で技術職に従事した異色のキャリアです。 規律や精巧さが重視される組織、そして大手弁護士事務所での勤務経験を経て、現在に至ります。 最初から最後まで依頼者に寄り添う「依頼者ファースト」を大切にする宮崎先生の経歴や弁護哲学に迫ります。
分かりやすく、不安なく、そして結果で喜んでいただける弁護士に。
角 学 弁護士/ 東京都
事務所の扉を開けると、体の大きな、くったくのない笑顔の角弁護士が迎えてくれました。常磐線金町駅から徒歩1分の事務所は、アットホームな雰囲気です。 相手の緊張を解き、どんな話も受け止めてくれる包容力と、その真意を即座に汲み取り、噛み砕いて的確な表現で返す頭脳明晰さも持ち合わせる平成元年生まれ。古式泳法を嗜み、美味しいものも大好き。しかし一番の楽しみは、幼いお子さんと奥様と過ごす時間だと笑う、そんな角弁護士にお話を伺いました。
とにかく「人」のために。持ち前のリーダーシップを活かし、複雑な民事トラブルにも対応
星野 峻也 弁護士/ 東京都
尾田・星野法律事務所の星野 峻也(ほしの しゅんや)弁護士は、短期間のうちに相続や労働問題などの分野で数多くの実績を積み、弁護士キャリア2年弱で早くも独立を果たしました。 そのバイタリティ溢れる前向きな姿勢は、トラブルを抱える依頼者を力強く支え、問題解決へと導いています。
「勝ちにこだわる弁護士」。機動力を活かして、個人から企業の問題まで幅広く解決
安沢 尚志 弁護士/ 東京都
港区新橋に事務所をかまえる安沢尚志先生は、ご自身のことを「勝ちにこだわる弁護士」とおっしゃいます。時には自ら、依頼者のもとへも話を聞きに行くこともあるそうです。熱意とフットワークの軽さを武器にご活躍中の安沢先生に、お話を伺いました。