注目の弁護士インタビュー 一覧

ココナラ法律相談が全国各地で活躍中の弁護士に行った独自インタビュー記事を掲載しています。 弁護士としての経験や熱意、印象的な解決事件などを通して弁護士の人となりを感じ取る事ができます。

33件中 1-30件を表示
「社会的マイノリティの手助けをしたい」
小野 章子 弁護士/ 東京都
学生の頃、参加したボランティア経験から、社会的マイノリティを手助けするような活動をしたいと弁護士になった小野章子先生。 具体的にどんな活動をされているのかなどお伺いしました。
ベンチャー企業には「コンサルティング」も、個人には「人生相談」も、結果的にしてしまっています。
中川 浩秀 弁護士/ 東京都
中川浩秀弁護士率いる東京スタートアップ法律事務所は、その名の通り、ベンチャー企業に関する法務に長けています。中川先生は起業して地域SNSを立ち上げるなどの稀有なご経験があり、まさにスタートアップ・ベンチャー界隈の中枢にいらっしゃいました。よって、未来を見据えた最先端の弁護士の在り方を志しています。そんな中川先生に、これまでのご経歴や弁護士という仕事に対する想いについて伺いました。
労働問題は、雇う側と雇われる側で、二度も実際にトラブルに巻き込まれたので、特に力を入れています。
北川 雄士 弁護士/ 大阪府
グラディアトル法律事務所の北川雄士弁護士。ご自身の親類が、労働問題に、2度も、しかも雇う方と雇われる方で、巻き込まれてしまったという実体験を経て、弁護士を生業にすると決めた北川弁護士。そんな北川先生に、これまでのご経歴や弁護士という仕事に対する想いについて伺いました。
豊富な人脈・経験を活かし地元・福岡を盛り上げていきたい
米山 功兼 弁護士/ 福岡県
地元の福岡に法律事務所を構え、福岡の発展にも貢献していきたいと考えている米山法律事務所の米山功兼先生。交通事故など個人の方の案件はもちろん、地元中小企業の顧問弁護士も多数務められてきました。地元老舗企業はもちろん、IT企業など先進的な業種にも知見があります。そんな先生にこれまでのご経歴や弁護士という仕事に対する想い、今後の展望などについてお伺いました。
法律を知らずに困っている人の 助けになりたい
清水 祐太郎 弁護士/ 東京都
東京と大阪に事務所を構えるグラディアトル法律事務所に所属する弁護士である清水祐太郎先生。 そんな先生に弁護士になられた経緯や弁護士として心がけたいこと、目指す方向性などについてお伺いました。
明けない夜はないと信じて 困難に直面したすべてのひとたちの『心のお守り』に
松岡 太一郎 弁護士/ 東京都
弁護士でありながら経営学修士(MBA)や心理学の資格を取得され、空手の黒帯でもある松岡太一郎先生。 そんな先生にこれまでのご経歴や弁護士という仕事に対する想いについて伺いました。
依頼者の方に安心してもらい クオリティの高いサービスを提供
若林 翔 弁護士/ 東京都
東京と大阪に事務所を構えるグラディアトル法律事務所の代表弁護士である若林翔先生。 そんな先生に弁護士になられた経緯や弁護士として大切にされていること、目指す方向性などについてお伺いしました。
どんな案件にも真摯に対応し、頼みたいと思ってもらえる弁護士に
藤本 大和 弁護士/ 東京都
東京と大阪に事務所を構えるグラディアトル法律事務所に所属する弁護士である藤本大和先生。 そんな先生に弁護士になられた経緯や弁護士として心がけたいこと、目指す方向性などについてお伺いました。
サービス業という意識を大事に、相談しやすく親しみやすい弁護士に
氏家 悠 弁護士/ 神奈川県
親しみやすく新たなアイディアも持った、弁護士法人エースの横浜事務所の所長弁護士である氏家悠先生。 そんな先生にこれまでのご経歴や弁護士という仕事に対する想い、今後の展望などについてお伺いました。
”迅速さ”第一。24時間相談者の方の悩み・不安に寄り添う
齋藤 健博 弁護士/ 東京都
直通電話弁護士、LINE弁護士として活躍され、対応時間24時間。無意識と言いながら、弁護士の敷居を下げる取り組みに熱心な齋藤 先生に仕事に対するこだわり、スタンスについて伺いました。
依頼者の方のお話をじっくりと聞き、信頼関係を構築することを大切にしています。プロフェッショナルとして依頼者の方の本当の想いを実現するための労力は惜しみません。
鈴木 謙太郎 弁護士/ 東京都
もともと大学生の時は起業家を目指していたというユニークな経歴をもつ鈴木謙太郎弁護士。「自分の周りの人を幸せにしたい」という想いのもと、依頼者の方のお話をじっくりと聞き信頼関係を築くことを大切にしていると柔和な笑顔で語ってくださいました。一方で、本人が気づかないところに隠れた証拠も見逃さないという、プロフェッショナルな姿勢についてもお聞きしてきました。
悩みに耳を傾けて寄り添って動き、弱い人の味方の弁護士に
鹿野 舞 弁護士/ 東京都
柔らかく話しやすい雰囲気を持ち、笑顔が素敵な弁護士法人エースに所属する弁護士である鹿野舞先生。 そんな先生にこれまでのご経歴や弁護士という仕事に対する想い、今後の展望などについてお伺いました。
「私だから話してくれたのかな」――家族にも親友にも話さなかったことを、打ち明けてもらえる弁護士になりたい。
安田 剛 弁護士/ 東京都
東京スタートアップ法律事務所で、所長の中川浩秀弁護士と事務所開業時からコンビを組む安田剛弁護士。勉強も得意だった〝超〟のつく「理論派」でありながら、一橋大学のバスケットボール部の主将を担った「根性派」でもあり、対極な2つの特長を併せ持つ弁護士です。そんな安田先生に、これまでのご経歴や弁護士という仕事に対する想いについて伺いました。
フリーターからの遅咲き弁護士だからこそ、困窮しているお客様の気持ちがリアルにわかります。
高島 宏彰 弁護士/ 東京都
東京スタートアップ法律事務所の高島宏彰弁護士は、約10年のフリーター生活の果てに、一念発起して司法試験に受かった遅咲きの変わり種です。しかし、だからこそ生活が困窮している依頼者さんの気持ちが手に取るようにわかるとのこと。そんな高島先生に、これまでのご経歴や弁護士という仕事に対する想いについて伺いました。
予備自衛官として鍛えた心身にて、万全の準備で、徹底的に戦う。
柳澤 圭一郎 弁護士/ 北海道
弁護士法人アドバンス札幌事務所所長である柳澤圭一郎弁護士は、なんと「予備自衛官」の資格を持っています。予備自衛官は有事の際に自衛官として召集される可能性があるので、日々心身を鍛えていなければなりません。これが弁護士の仕事や心構えにプラスになっています。そんな柳澤先生に、これまでのご経歴や弁護士という仕事に対する想いについて伺いました。
「私たちは、人の人生にとても大きな影響を与える仕事をしているのです」
鈴木 崇裕 弁護士/ 東京都
真剣な面持ちで語ったのは、弁護士・鈴木 崇裕先生。 不動産や相続などの依頼を受けることが多い鈴木先生が、人の人生に大きな影響を与える可能性のある”弁護士”という仕事において、どのように依頼者に向かい合っているのか。日頃、特に気を配っている部分なども含め、お話をお聞きました。 
「離婚や男女トラブルなら任せてほしい!専門分野を持つ強みを発揮して依頼者の悩みを解決!インターネットも活用し、全国から相談が来ることも!」
荒木 雄平 弁護士/ 東京都
離婚と男女トラブルの問題に特化した荒木雄平先生。専門性を極めていくことでノウハウが蓄積されていき、それをもとに更なる業務の展開も考えているそうです。「今が一番つらいときですよ」と相談者に語りかけ、弁護士の仕事を「愛する」荒木先生に話を聞きました。
ゲーム会社での経験を生かして著作権の分野に強みを発揮!ネットでの誹謗中傷にも対応!事件の処理スピードにこだわる法律事務所!
田中 圭祐 弁護士/ 東京都
友人の弁護士と共同で法律事務所を営む田中圭祐先生。ITやエンタメコンテンツに関する法務を専門分野とし、顧問先の多くはエンタメコンテンツ会社。プライベートでもエンタメコンテンツが大好きだそうです。また、ネットでの誹謗中傷への対応も得意分野としています。相談に来る依頼者には、緊張せずにリラックスしてほしいと気を配る田中先生。親しみを感じる人柄の、先生の魅力に迫ってみました。
ホームランバッターではなく、安定したアベレージヒッターに
馬場 龍行 弁護士/ 東京都
依頼者の最高の切り札になれるように弁護士法人エースを立ち上げ、弁護士としてリーガルサービスの進歩の加速を考えている馬場龍行先生。 そんな先生にこれまでのご経歴や弁護士という仕事に対する想い、今後の展望などについてお伺いました。
お客さまが相談しやすいよう、オフィスの内装は間接照明と木目調の壁にまでこだわっています。
堀向 良介 弁護士/ 福岡県
弁護士法人アドバンス福岡事務所所長の堀向良介弁護士。東京本部以外の初めての事務所を任されました。徹底的に「お客さまファースト」であるその姿勢に感服します。そんな堀向先生に、これまでのご経歴や弁護士という仕事に対する想いについて伺いました。
企業内弁護士のキャリアを活かし、企業の実情やそこで働く人々の気持ちに寄り添ったサポートを行います。
岡本 健佑 弁護士/ 兵庫県
「弁護士法人あしや岡田法律事務所」で2018年10月から働き始めた岡本健佑(けんすけ)弁護士。インハウスローヤー(企業内弁護士)として約6年間、企業に勤めた経験は大きなアドバンテージになっており、企業の実情やサラリーマンの心情への理解に一日の長があります。そんな岡本先生に、これまでのご経歴や弁護士という仕事に対する想いについて伺いました。
事務所の弁護士たちの意見を積極的に取り入れる環境を作り、事件毎の細かく丁寧な対応を体現しているオールマイティ。
桶谷 治 弁護士/ 北海道
専門分野を打ち出す弁護士が多い中、あえて「オールマイティ」を掲げ、さらにそれを物理的にもマインド的にも実現している札幌の雄・桶谷治先生(桶谷法律事務所)に、これまでのご経歴や弁護士という仕事に対する想いについて伺いました。
「LAW FOR ALL」の精神で、法律の「コンシェルジュ」としてすべての人を幸せに
五十部 紀英 弁護士/ 東京都
顧客に寄り添った質の高いサービスと満足を提供する法律事務所、弁護士法人アドバンスの代表弁護士である五十部紀英先生。そんな先生にこれまでのご経歴や弁護士という仕事に対する想い、今後の展望などについて伺いました。
お客さまひとりひとりの感謝の気持ちを、真摯に受け止め続けたい。
有賀 祐一 弁護士/ 大阪府
弁護士法人アドバンス大阪事務所所長の有賀祐一弁護士。とにかくお客さまへ誠実に接する方針です。そんな有賀先生に、これまでのご経歴や弁護士という仕事に対する想いについて伺いました。
真の解決とは何か、熱い想いを胸に常に冷静な目でゴールを見据える弁護士。
日向寺 司 弁護士/ 東京都
穏やかな語り口の一方で、案件に話が及ぶとグッと力が入る日向寺司先生。「本当に依頼者のためになることは何か?」を見据えつつ、冷静に、時に熱く弁護士業務に取り組まれている日向寺先生にお話を伺いました。
「感情」と「常識」をしっかり分けるのが解決への道筋です。
吉村 歩 弁護士/ 大阪府
「弁護士法人えん」の代表を務める吉村歩弁護士。「縁の下の力持ち」として、お客様との「縁」を大切にし、深く人生に携わりたいという理念を持っています。さらに、「感情」と「常識」を冷静に分けるという判断力も兼ね備えています。そんな吉村先生に、これまでのご経歴や弁護士という仕事に対する想いについて伺いました。
目の前にいる人を全力で守りつつ、弁護士として社会に価値を還元したい。
寺口 飛鳥 弁護士/ 東京都
たとえ劣勢であっても、負けない、という強い気持ちを持ち、熱いハートと冷静な探究心で依頼者のために戦い抜く寺口飛鳥先生に、弁護士としての志や今後目指す方向性について伺いました。
IT×金融×国際分野の法律家・実務家としてビジネスを力強くサポートしたい
佐藤 宏和 弁護士/ 東京都
15年もの間、IT業界や金融業界で一流のビジネスパーソンとして活躍された経歴を持ち、さらには米国への留学、米国公認会計士試験合格を経て弁護士に転身された佐藤宏和弁護士。華やかでスマートな経歴ながら、気さくな姿勢で秘めた熱意をお聞かせいただきました。
「企業法務から相続・遺言まで。中小企業の頼れるパートナー&ホームロイヤー(かかりつけ弁護士)です」
井上 義之 弁護士/ 東京都
これまでに60ヵ国以上を旅行してきた経験から、「自由をもたらすために法律が存在する」と語る井上先生。 弁護士という仕事に対する向き合い方などをお伺いしました。
返事は早く、短く、わかりやすく。
髙野 喜有 弁護士/ 愛知県
弁護士法人アドバンスの「名古屋事務所」はインタビュー当日にできたばかり。その所長を任されたのは髙野喜有弁護士。話を聞くと、初代所長を任されるのに相応しい先生でした。繰り返し出てきたのは「その方にとって」というフレーズ。弁護士から見るとたくさんの案件の中のひとですが「依頼者にとって」は人生を左右する重要な案件なのだから――という想いが根底にあるそうです。そんな髙野先生に、これまでのご経歴や弁護士という仕事に対する想いについて伺いました。