注目の弁護士インタビュー 一覧

ココナラ法律相談が全国各地で活躍中の弁護士に行った独自インタビュー記事を掲載しています。 弁護士としての経験や熱意、印象的な解決事件などを通して弁護士の人となりを感じ取る事ができます。

215件中 1-30件を表示
インターネットの誹謗中傷など若い力で現代の問題と向き合う。より良い解決に向かうためあなたをサポートします
武内 俊輔 弁護士/ 大阪府
グラディアトル法律事務所大阪オフィスの武内 俊輔弁護士。 当事務所のルーキーとして、インターネットトラブルといった現代的な問題にも対応しています。 依頼者に対しても自然体で接する武内弁護士ですが、その裏には過去の自身の経験からくる、弁護士としての強い使命感がありました。
受任実績は約1,000件。一つひとつの事件に丁寧に取り組み、粘り強く交渉
岩永 和大 弁護士/ 神奈川県
川崎パシフィック法律事務所の岩永 和大(いわなが かずひろ)弁護士は、2011年に弁護士登録をしてから現在まで、多くの案件を解決に導いてきました。 豊富な実績をもつ岩永先生ですが、意識しているのは弁護士になった当初から変わらず「丁寧に取り組むこと」。 この姿勢を大切にし、慰謝料の大幅な増額など、依頼者の権利をしっかりと勝ち取ってきました。 そんな岩永先生に、弁護士としての実績や、弁護士を志したきっかけ、悩みをもつ人に伝えたいメッセージなどを伺いました。
何度挫折しても、ブレなかった決意。苦節10年、遅咲きの苦労人が町弁になるまで
西谷 剛 弁護士/ 兵庫県
弁護士法人ALG&Associatesで姫路事務所の所長を務める西谷剛弁護士。父の死をきっかけに弁護士を目指すようになり、苦節10年の末にようやく夢を叶えました。挫折するたびに這い上がってきた苦労人であり、努力の人です。だからこそ、依頼者に寄り添う気持ちは誰にも負けないといいます。弁護士になるまで、そして今の仕事ぶりに迫りました。
”迅速さ”第一。24時間相談者の方の悩み・不安に寄り添う
齋藤 健博 弁護士/ 東京都
直通電話弁護士、LINE弁護士として活躍され、対応時間24時間。無意識と言いながら、弁護士の敷居を下げる取り組みに熱心な齋藤 先生に仕事に対するこだわり、スタンスについて伺いました。
ミュージャンから法曹の道へ。クリエイティブな発想を武器に「今本当に必要とされる弁護士」を目指す
林 洋輔 弁護士/ 東京都
ミュージシャンからの転身という異色のキャリアをもつ弁護士法人東京スタートアップ法律事務所の林 洋輔(はやし ようすけ)弁護士。 音楽で培った豊かな感性と社会人経験で得た一般的観点を両立させた、独自の対応力で依頼者の相談に対応しています。 また依頼者により良いリーガルサービスを提供するために、弁護士事務所の組織力向上にも力を入れています。 そんな林先生に、弁護士としての実績や、弁護士を志したきっかけ、悩みをもつ人に伝えたいメッセージなどを伺いました。
国内8拠点、「ワンチーム」で難解事件も解決。「聞き役」として信頼つかむ女性弁護士
佐藤 あゆみ 弁護士/ 愛知県
国内8拠点、ベテランから若手まで多くの弁護士が在籍する弁護士法人アドバンス。 そこに新たに加わったのが、名古屋事務所の佐藤あゆみ弁護士です。 離婚・男女問題をはじめ、様々な事件に対応。 依頼者とのコミュニケーションを何よりも大事に、一人ひとりの気持ちに寄り添い続ける思いをお聞きしました。
社会で生きにくさを感じている人の味方になりたい。受任前から丁寧に対応し、依頼者との信頼関係を築きます
永野 広美 弁護士/ 東京都
アヴァンギャルド法律事務所の永野 広美(ながの ひろみ)弁護士。 あえて多くの案件を受けるのではなく、自身が対応できる範囲で一つひとつの案件に丁寧に取り組んでいます。 社会で生きにくさを感じている人の味方になるべく、さまざまな分野の相談に対応。 永野先生の考え方に共感し、問題解決後も関係が続く依頼者は少なくないようです。
企業法務や交通事故に強い代表弁護士。テニスで鍛えた逆境でもブレないメンタルと駆け引き
加藤 弘一 弁護士/ 東京都
危険を顧みず、どんな困難にも立ち向かう。 法律事務所First Penguin(ファースト ペンギン)の加藤弘一弁護士は、勇敢で頼り甲斐のある弁護士です。 得意分野は、企業法務と交通事故。 「気持ちは熱く、頭は冷静に」という強靭なメンタルと駆け引きは、テニスを通じて鍛えたものでもあるそう。 私生活では、2匹の犬を飼う愛犬家でもあります。 そんな加藤弁護士に、弁護士を志した原点や信念などお伺いしました。
困っている人と直接関わり、最後まで寄り添う
今浦 啓 弁護士/ 東京都
弁護士として歩み出された当初、「経済的に困っている方に直接寄り添いたい」との志を持ち、法テラスで活躍された今浦啓先生。現在は原後綜合法律事務所の立川オフィスにて、家事・民事・企業法務・刑事など幅広い案件を扱われています。 そんな先生に弁護士になられた経緯や弁護士として大切にされていること、目指す方向性などについてお伺いしました。
地元赤羽を愛するママ弁護士。法テラスでの弁護士経験を活かし、立場の弱い人の味方に
道本 華代 弁護士/ 東京都
赤羽駅前法律事務所の道本 華代(みちもと はなよ)弁護士。 法テラスの勤務弁護士としてキャリアを重ねた後、生まれ育った東京赤羽で事務所を開業しました。 二度の出産を経ても“天職”と考える弁護士の仕事に産後1年も経たずに復帰するというバイタリティーの持ち主です。 親しみやすい性格で相談者の声に親身に耳を傾け、最善の解決策を導き出しています。
満足度は99%。依頼者の声が示す信頼と安心のリーガルサービス
浜島 裕敏 弁護士/ 東京都
交通事故、刑事事件、男女問題、債務整理。この4つの分野を軸に、約99%の顧客満足度を誇る鈴木総合法律事務所。浜島裕敏弁護士はここで、子どもの頃の感謝を胸に秘め、「多くの人を助けたい」と弁護士業務に邁進されています。業務にかける熱い思いを聞きました。(数字は同事務所調べ)
40年超の伝統、地域随一の労働問題の解決実績。守備範囲の広さが強みの町弁
園田 洋輔 弁護士/ 兵庫県
40年を超える伝統と実績を持つ姫路総合法律事務所の園田 洋輔弁護士。 地域密着の町弁として、どんな事件も幅広くカバーしています。 とくに労働問題の経験が豊富で、未払い賃金や残業代の請求などで数々の成果を上げてきました。 仕事を離れれば3児の父親であるほか、弁護士仲間とともに趣味で続けている音楽活動ではギターと作曲を担当し、依頼者への応援ソングも。 弱者救済への熱い思いに迫ります。
「三方よし」の破産スキーム、相続人50名の相続問題を解決。針の穴に糸を通す「調整力」とは
棒田 洋平 弁護士/ 石川県
東京の法律事務所に8年勤め、地元・金沢で開業した棒田法律事務所の棒田 洋平弁護士。 年間数百件の裁判をこなし、破産管財人の経験もある実力者です。 債務整理や相続を中心に、持ち前の調整力と周到な根回しで難解事件を数多く処理してきました。 仕事の愛用品は、娘さん手作りのペン立て。 子ども思いの父親であり、そのやさしい眼差しで依頼者を何度も窮地から救ってきました。
現役ジャズピアニストの一面を持ち、ミュージシャンの法律問題に精通。自治体勤務も経験した「信頼の人」
尾畠 弘典 弁護士/ 福岡県
真っ直ぐに見つめる眼差しと丁寧な口調が印象的な尾畠・山室法律事務所の尾畠 弘典(おばた ひろのり)弁護士。 自治体に勤務して法務を担当した経歴を活かし、山室 卓也弁護士と共同で事務所を開設しました。 その後も一般民事や刑事事件に加え、行政問題に取り組んでいます。 また、現役ジャズピアニストでもあり、ミュージシャンからの法律相談にも注力。 そんな尾畠先生に、これまでの実績や悩みを抱える人へのメッセージを伺いました。
生きづらさを抱える方の債務整理や離婚に、ソーシャルワーカーと協働して福祉的支援も対話を重視する女性弁護士
三上 早紀 弁護士/ 東京都
3年超にわたる司法過疎地での活動経験や「風テラス」での相談業務など多彩なキャリアをもつソーシャルワーカーズ法律事務所の三上早紀弁護士。 異彩を放つ事務所名は、福祉現場の知識と経験が豊富なソーシャルワーカーと弁護士が協働して活動している事務所であることを意味します。 うつ病、双極性障害、摂食障害、PTSD、アルコールや買い物などへの依存症や発達障害・知的障害などが原因で生きづらさを抱えている方には、法的支援と並行して、医療や福祉の支援にもつなげます。 法的支援による事件解決だけがゴールじゃない。依頼者のその後の生活再建まで見据えた活動を行う理由をお聞きしました。
どん底にいるなら、私を頼ってほしい。応援する気持ちは、誰にも負けない。
金田 美津江 弁護士/ 埼玉県
人はどん底からでも、這い上がってリスタートできる。同じ苦しみを味わったからこそ、心からそう言える。父の会社の倒産、両親の離婚、人を信じられなくなった高校時代。数々の苦難を乗り越えてきたネクスパート法律事務所(大宮オフィス)の金田美津江さんは今、弁護士として“かつての私”と同じように苦しむ人たちに、救いの手を差し伸べようと全力疾走しています。
中小企業の役に立つため法の道へ。野球で培った粘り強さを武器に交通事故と相続問題に注力
山田 穂積 弁護士/ 群馬県
群馬県前橋市に事務所を構える山田穂積法律事務所。 代表の山田 穂積先生は、車社会の群馬県で数多くの交通事故のご相談を手がけてきました。 問題が複雑化したとしても、解決まで抜かりなく最後までやり通す姿勢は、学生時代の野球部で培った粘り強さがあるからこそ。 弁護士を目指したきっかけや、弁護士として大切にしている姿勢についてお聞きしました。
多数の訴訟経験、大手生保でインハウスロイヤー。マニュアルに頼らない「共感力」
國竹 千恵美 弁護士/ 東京都
リード法律事務所の國竹(くにたけ)千恵美弁護士は、一般の法律事務所勤務と大手企業のインハウスロイヤー(企業内弁護士)を経験。 その多彩な業務経験を生かし、現在は少数精鋭の弁護士が揃う事務所で離婚・男女問題や企業法務を中心に事件解決に当たっています。 その原点は、中学生のときに抱いた「理不尽なことで困っている人の力になりたい」という思い。 彼女の目に、今の社会はどう映っているのでしょうか。
これまでも、これからも労働者の味方でありたい
四方 久寛 弁護士/ 大阪府
労働者側の労働問題に特化した弁護士として活動されている四方久寛先生。 そんな先生にこれまでのご経歴や弁護士という仕事に対する想い、今後の展望などについてお伺いました。
冷静な判断力を武器に刑事事件から離婚問題まで幅広く対応。地元松戸の皆さまのために
川本 雄弥 弁護士/ 千葉県
ときわ綜合法律事務所の川本雄弥(かわもと ゆうや)弁護士。 生まれ育った千葉県松戸市に根付き、街の人からの相談に日々耳を傾けています。 そんな川本先生に、弁護士としての実績や悩みをもつ人に伝えたいメッセージなどを伺いました。
労働問題と交通事故に強い元行政マン。市民と依頼者、SOSに耳を傾け続けた人生
眞行寺 康平 弁護士/ 愛知県
元名古屋市役所の行政マンという経歴を持つ弁護士法人アドバンス(名古屋事務所)の眞行寺(しんぎょうじ) 康平弁護士。 労働問題や交通事故を中心に、不利な状況から形勢を逆転し、目を見張るような結果を何度も手にしてきました。 公務員として、弁護士として、SOSの声に耳を傾け続けてきたからこそ見えてきた社会の姿、そしてたどり着いた仕事観とはーー。
解決実績多数。民間での就労経験を活かした依頼者目線の対応力
毛利 拓朗 弁護士/ 福岡県
あんぎゃ法律事務所の毛利 拓朗(もうりたくろう)弁護士。 大手法律事務所で弁護士のキャリアをスタートした後「規律に縛られることなく、依頼者さまを第一に考えた弁護活動をしたい」という思いから大手法律事務所の同期であった小林正幸弁護士とともに独立、令和2年4月に弁護士法人を設立しました。 現在は福岡オフィスで地域の方のトラブル解消に尽力しています。 そんな毛利先生に、弁護士としての実績や、弁護士を志したきっかけ、悩みをもつ人に伝えたいメッセージなどを伺いました。
依頼者様と共に歩み、手を取り合ってサポート
石田 大輔 弁護士/ 愛知県
柔らかく話しやすいお人柄でありながら、現実的で明快な語り口が印象的な石田大輔先生。依頼者様のことを第一に考え、何でも話せる雰囲気作りに気を配られているそうです。 そんな石田先生に、弁護士になられた経緯や弁護士として大切にされていること、目指す方向性などについてお伺いしました。
どこよりも「わかりやすい説明」、誰よりも親しみやすい弁護
石倉 和季 弁護士/ 東京都
弁護士だった亡き父を追うようにして、自身も弁護士になる目標を叶えた鈴木総合法律事務所の石倉和季先生。弁護を趣味の登山に例え、「タフな仕事だからこそ、やりがいがある」と力強く語ります。「身近な法的な問題を解決する手助けがしたい」。その言葉には、どんな思いが込められているのでしょうか。
「勝ちにこだわる弁護士」。機動力を活かして、個人から企業の問題まで幅広く解決
安沢 尚志 弁護士/ 東京都
港区新橋に事務所をかまえる安沢尚志先生は、ご自身のことを「勝ちにこだわる弁護士」とおっしゃいます。時には自ら、依頼者のもとへも話を聞きに行くこともあるそうです。熱意とフットワークの軽さを武器にご活躍中の安沢先生に、お話を伺いました。
刑事事件に強い元検事、取り調べで培った交渉術と証拠収集で一般民事もスピード解決
鬼頭 良弥 弁護士/ 福岡県
元検事で、司法書士の資格も持つ弁護士法人アドバンス福岡事務所の鬼頭 良弥(きとう よしや)弁護士。 検事時代、数々の取り調べで培った交渉術や証拠収集力を生かし、浮気・不倫の慰謝料請求を約1ヶ月でスピード解決した実績があります。 刑事事件にも強く、検察の出方を予測し、交渉や裁判を有利に進められるのも強みです。 趣味の登山や釣りで磨いた忍耐力と粘り強さで、どんな事件も最後までやり抜く覚悟をお聞きしました。
世の中から悲しい事件をなくしたい。予防法務でトラブルの未然防止をお手伝いします
福岡 宏保 弁護士/ 北海道
福岡宏保(ふくおか ひろやす)弁護士。 弁護士法人水原・愛須法律事務所の所属弁護士としてキャリアを重ねながら、個人的にも依頼を受け、法人・個人問わず多くの依頼者から厚い信頼を得ています。 お話を伺うと、依頼者の「問題が起きた場合の解決」にとどまらず、「問題が起こる前に回避してあげたい」という、強い想いを知ることができました。
一件一件、核心を掴みつつ、丁寧に。どんな案件、裁判も全力投球する弁護士
馬場 洋尚 弁護士/ 東京都
若者やビジネスマンが行き交う、東京・渋谷のビルの一室。馬場綜合法律事務所の馬場洋尚弁護士が、爽やかな笑顔で出迎えてくれました。決してエリート弁護士ではない苦労人。苦労した分、1人の依頼者、1件の弁護の重みを噛み締めながら働いています。刑事事件のうち私選弁護においては、逮捕勾留時の身柄解放率が8割を超えるなど実力も十分。若くして独立し、活躍する姿に迫りました。
知識に限界はない。語学、ITプログラミング、個人情報保護士。学び続ける弁護士の原点
島﨑 淳 弁護士/ 東京都
大手企業の法務部で働き、企業法務の仕事を知り尽くした島﨑法律事務所の島﨑淳弁護士。独立した現在は、おもにIT系の中小・ベンチャー企業や個人事業主をサポートしています。英語が堪能で、プログラミングができ「個人情報保護士」の資格も。専門性を身につけようと、学び続ける日々に迫りました。
沖縄の慣習を熟知する女性弁護士。地域に寄り添い10年超、離婚や相続で数多くの解決実績
古賀 尚子 弁護士/ 沖縄県
地域に密着し、10年以上の歴史を刻んできた弁護士法人ニライ総合法律事務所の代表・古賀 尚子弁護士。 沖縄県に移住した「ナイチャー嫁」であり、沖縄特有の慣習が色濃く残る離婚や相続問題を「当事者目線」で解決しています。 企業側の労務トラブルなどに強いのも武器です。 弁護士として、3児の母親として、南国で依頼者のために奮闘する「第二の人生」に迫ります。