きたざわ あやこ

北澤 彩子弁護士

弁護士法人ネクスパート法律事務所 高崎オフィス

高崎駅

群馬県高崎市東町85-3 須藤ビル5階

対応体制

  • 法テラス利用可
  • カード利用可
  • 分割払い利用可
  • 後払い利用可
  • 初回面談無料
  • 休日面談可
  • 夜間面談可
  • 電話相談可
  • ビデオ面談可

注意補足

当事務所では、コロナウイルス対策の一環として電話やテレビ会議による面談の上でのご依頼も受付しています。 (※債務整理は、弁護士会の規定等で直接の面談義務が定められていますのでご来所をお願いします。) ご相談の際には対処方針・費用について丁寧にご説明致します。

地方で目の当たりにした司法過疎の実態。私が東京を離れ、地域密着の旗を掲げた理由

スキーや登山で鍛えたフットワークを生かし、軽やかに現場を駆け回るネクスパート法律事務所の北澤彩子弁護士。
住み慣れた東京を離れ、自ら希望して赴任したのは群馬県高崎市でした。
地域に寄り添う原点は、司法過疎地で目の当たりにした衝撃の実態だったそう。
離婚や不貞慰謝料、残業代請求など、ごく身近な不安と悩みに耳を傾け続ける理由をお聞きしました。

01 弁護士としての原点

司法過疎を解消したい。東京で経験積み、地方でキャリア築く


ーー以前は東京の事務所で働いていたようですが、高崎市には思い入れがあったのですか?

生まれも育ちも東京で、以前は東京の弁護士事務所に勤めていました。
ただ、もともと東京以外の場所でキャリアを積みたい思いがあったんです。
きっかけは、司法修習で長野県に滞在したときのこと。
事件はそこかしこにあるのに、弁護士の数が足りていない。
いわゆる司法過疎の実態を目の当たりにしました。

住む場所によって、法律サービスに格差がある状況をなんとか解決したいという気持ちから、地方で弁護士として働きたいと考えるようになりました。。
私ひとりの力で何かが劇的に変わるとは思いませんが、それでも行動せずにはいられませんでした。
そして、転職先を考えたときに、高崎市や群馬県にお世話になろうと決めたのです。

02 得意分野と解決スタイル

離婚・男女問題が強み。時間をかけて相談に応じ、思いをすべて受け止める


ーー高崎オフィスでは、どのような事件を重点的に扱っているのでしょうか?

いわゆる町弁として、住民のみなさんからさまざまなご相談をお受けしています。
離婚・男女問題から相続・遺言、交通事故、借金・債務整理、刑事事件まで、扱う事件は多岐にわたります。

なかでも私が数多く扱っているのは、離婚や不貞慰謝料などの男女問題です。
また労働者側の残業代請求や、不当解雇をはじめとする労働問題の経験も豊富です。


ーーとくに離婚などの男女問題の相談が多いのですね。

男性・女性を問わず、離婚関係の交渉・調停に多くの実績があります。
とくにネクスパート法律事務所は不倫の慰謝料請求について豊富な実績があり、相談件数は年間1,000件を超えています。

離婚などの男女問題は、感情的な問題でもあります。
大事なことは、できるだけご依頼者の思いを受け止めることです。
悲しみ、怒り、とまどい。
言葉に言い表せないような複雑な感情を、時間をかけて共有していくことで、その方にとってのいい解決にはつながると信じています。


ーー依頼者の思いを受け止めるために、どんなことを意識していますか?

ご依頼者に寄り添うために、私は、みなさんが心を開きやすい雰囲気づくりを心がけています。
相談にはしっかり時間をとり、私は聞き役に徹します。
深刻なお悩みですから、誰もがすぐに胸の内を言葉にできるわけではありません。
どんなことがあったのか、そのときどう感じたのか。これから、どうしたいと考えているのか。
焦らず、ご自身のペースを大事にしていただきたいのです


ーーあまり時間を気にせず、ゆっくり話しても大丈夫なのですね。

まずはご依頼者の気持ちをしっかり受け止めたうえで、法律的なアドバイスをさせていただくのが私のスタイルです。
もちろん、弁護士の観点でご依頼者様の話を分析すると、法律的に重要な事実と、そうでない事実があります。
ですが、私は、法律的に重要な事実でなくても、ご依頼者様が大切に思っていること、聞いてほしいことを、しっかり受け止めます。みなさんのお話を途中で遮ることはありません。
ありがたいことに、「しっかり話を聞いてくれる」「安心できた」と言っていただけることは多いですね。

03 事件の解決事例

親権問題を円満解決。夫婦関係と親子関係、バランスを大事に


ーーこれまで担当した男女問題の事件で、とくに印象に残っているものを教えてください。

親権を争い、ご依頼者様である母親のもとにお子さんを連れ戻した事件があります。
事件が起きたのは、母親がいつも通り仕事から帰宅したときでした。
家はもぬけの殻で、父親が娘さんを連れ出してしまったのです。

親権は母親にわたるケースが多いのですが、たまたま不利な条件が重なってしまいました。
事件が起きたタイミングが悪かったんです。


ーーどういうことでしょうか?

ちょうどそのとき、母親は勤めていた会社を退職するタイミングだったのです。
裁判所は、監護権者や親権者の判断をする際、父母のどちらがより子どもを健全に育てられるかを重視します。
母親にはこれから収入がなくなる、そんな不利な状況だったのです。

そこで最初に考えたのは、母親のご両親がいらっしゃる実家に帰ることでした。
ただ、気がかりだったのはお子さんの気持ちです。
実家は遠方だったので東京に住む父親との面会交流は、頻繁には行いづらくなります。
当然、父親もお子さんに会えなくなるのは心底寂しいはずです。

最終的には、父親とお子さんが面会交流しやすいように、父親の家から比較的近い場所で母子が一緒に暮らすことをご提案しました。
母親の新しい職探しもお手伝いし、審判期日の直前に転職先も見つけられ、事件は無事に解決。
単に親権を奪い合うのではなく、ご夫婦とお子さん、一人ひとりの思いを汲み取って円満解決できた事件でした。

04 弁護士としての心構え

残業代を確実に回収する。どんな場面にも動じない交渉力


ーーバランス感覚を大事にされているように感じました。

残業代請求でも、同じようなことが言えます。
とくにコロナ禍の現在は、残業代を確実に回収するために、企業の経営体力を見ながら柔軟に対応すべき場面があります。

満額回収にこだわり過ぎて交渉が長引くと、途中で会社が倒産してしまい、1円も回収できなくなるリスクがあるからです。
もちろん、通常なら満額回収まであきらめないのは当然です。
ただ、コロナ禍の今は特殊な状況で、いつ請求先の会社の経営が傾くか、倒産してしまうか、わかりません。
仮に少し減額してでも、確実に回収できるように交渉を進めることが大事です。

残業代の請求は、以前勤めていた事務所の時代から多くの事件処理に当たってきました。
相手方の代理人や、会社の社長や役員などと何度も顔を突き合わせて交渉経験を積んできた自負があります。
駆け引きには自信がありますね。


ーーまさに「腕利きの弁護士」といえるような冷静さと落ち着きを感じます。

振り返れば新人時代は、女性ということもあってか、相手から高圧的な態度を取られることもありました。
でも、そんなことに私は一切動じません。
数多いる弁護士のなかから私を選んでくださった方のために、全力を振り絞るだけです。

ネクスパート法律事務所では各弁護士が切磋琢磨し、互いを高め合っています。
日常的に勉強会を開いて、解決事例や最新の知見を共有しているのです。
知識やスキルを急速に身につけ、大ベテランの弁護士とも対等にわたり合える自信をつけることができました。

05 今後の目標

スキーや登山で鍛えたフットワーク。高崎に根を張る覚悟


ーー思い入れの強かった地方での仕事は充実していらっしゃいますか?

ありがたいことに、地域の方々から日々たくさんのご相談をいただいています。
やはり、それほど困っている方がたくさんいらっしゃるということですよね。

幸い、この町での暮らしもとても快適です。
私はスキーや登山が趣味なんですが、群馬県は自然が豊かで、年中アウトドアレジャーを楽しめます。
実は3歳からずっとスキーを続けているんです。
一時期はプロの道を目指そうかと迷ったほどです。
昔からアクティブに動き回る性格でした。
フットワークの軽さも私の持ち味で、体力には自信があります。

もっといろんなご相談者にお会いしたい。
私は今、そんな思いでいっぱいです。
こうしてお話している瞬間も、悩みを抱えたまま苦しんでいる方々がたくさんいらっしゃるはずです。
そんな困難な状況からひとりでも多くの方を救い出せるように、私にできることはなんでもやる覚悟です。
電話でお問い合わせ
050-7587-1250
時間外

※お電話の際は「ココナラ法律相談を見た」とお伝えいただくとスムーズです。