未払い家賃の回収と即時退去の要求について

別店舗を2店舗営業しているのであれば、未払い家賃分の回収できる可能性はあるでしょう。交渉の段階では、分割での回収についても譲歩できるのであれば、月々の支払い額、滞った場合のペナルティ等を定め合意書を交わしておくと良いでしょう。 まず...

使用貸借なのか賃貸借なのか分かりません

一応、使用貸借か賃貸借かは金銭のやりとりで決まるのではなく、夫と、妻の連れ子との間の契約内容や合意内容で決まります。 特に何も合意していなければ使用貸借とされる可能性が高いとは思います。ただ、夫と連れ子の協議や合意の内容(必ずしも書面...

家賃の取り立てについて

家賃の未払いについては、法的に支払い義務があるため、支払う必要があるでしょう。 それとは別に大家の行為は違法行為です。住居侵入や恐喝等の刑事事件となり得る行為です。今後も継続するのであれば警察への相談も視野に入れる必要が出てくるでしょう。

家賃滞納による契約解除について

未払い家賃分が1ヶ月程度であれば、そもそも契約の解除が認められない可能性も十分あり得ます。 いつまでに払えるかを伝え、引き落としについてできていなかった事情を説明し、納得してもらうよう交渉する必要があるでしょう。

家賃滞納 1ヶ月 強制退去

貸主の立場が強いことを背景に、自身に有利な書面を書かされているかと思われますので、真実の意思としてその書面にサインした場合であれば有効ですが、そうでない場合書面の効力が認められない可能性があるでしょう。

母名義の不動産についての相談と退去依頼に関する質問

いつから入居したのか、これまでの支払い状況はどうであったのか、契約書に保証会社に ついて記載がなければ保証会社は入っていないのでしょう。 不動産会社に問い合わせてもいいでしょう。 今後の督促や交渉は、あなたが母親から代理権を得て行うか...

退去後、敷金が借金返済に充てられた件について相談

賃貸借契約書などを確認する必要がございますが、不当に敷金を返金してもらえていないのであれば、敷金を返還するように求めていってもよいでしょう。 最寄りの法律事務所にご相談いただくか、消費生活センターにご相談されてください。

相手方の弁護士が音信不通の場合どうすればいいですか

法的には問題はあるかと思われますし、弁護士倫理にも反していると思われますので、弁護士会からの処分が下される可能性はあるかと思われます。 訴訟の費用や時間がない場合は相手が対応しない限り解決の可能性は残念ながら低くなってしまうでしょう。

家賃滞納時の退去書類にサイン後、請求された退去費用

その後、退去費用が請求されたので荷物を返して欲しいのですが、すでに処分されていると思うので無理でしょうか? 支払わないことで合意した書面があるなら不要でしょう。 なお、退去から3年以上経っての請求なのですが普通なのでしょうか? ...

親族間での賃貸における家賃滞納問題

まずは、連帯保証人である、賃借人の長女と長男に連絡してみてはいかがでしょうか。 もちろん、賃借人に後見人がいるのでしたら、その方への連絡でもよいと思います。

父が所有する不動産の家賃滞納、およびゴミ問題への対応

1,父親の名前で、賃料の催促を、内容証明で行うことです。 2,賃借人には善管注意義務があるので、これについても賃料の催促に合わせて 整理するように促すといいでしょう。 3,父親の了解を取りながら、あなたが補助者として父親の名前で、行動...

家賃問題について相談したい

ワンオネスト法律事務所の弁護士の吉岡一誠と申します。 折半して欲しいと言われるまでの5か月間については、何ら支払い義務を負ういわれはないので、安心して良いでしょう。 したがって、着信拒否するなどしてシャットアウトしてしまっても良いかと...

契約書通りに入金したのに遅延料金と手数料を払わせるのは架空請求、他の何か違法行為ではないでしょうか?

>私は、余裕をもって引き落とし日の数日前に口座に入金し、口座の残高にしても家賃を引き落としても余るくらいの金額が引き落とし当日にもありました。 ↑は既に管理会社側に伝えているかと思いますが、管理会社側からはどのようなことを言われたの...

実家に居住し続けることについて、実父と揉めています。

成人として独立している場合、基本的には、実の親子であっても赤の他人であっても変わりはありません 元々どういう約束で今の家に固定資産税のみで住むことになったのか、ということが結果に影響します (したがって、この場で確定的なアドバイスをす...

期日呼出状とゆう書類

ワンオネスト法律事務所の弁護士の吉岡一誠と申します。 呼出状が届いた際に、「訴状」というタイトルの書類が同封されていなかったでしょうか? 裁判書から届いた書類であれば、大家が相談者様に対して居住物件の明渡しを求めるべく提起した裁判の期...