知人への借金についての相談。

単に返済できなかっただけで詐欺にはありません。詐欺というのは嘘の名目で金をだまし取ったケースです。 すでに再生計画決定が出ているのなら再生のやり直しはできないです。再度の申し立てが必要です。

二世帯住宅の競売について

父親は建物に共有持ち分を持っているので、出ることはないでしょう。ローン の問題が解決できれば一番いいですね。また、競売が行われた時、競落人の建 物利用、土地利用について、競落人と父親と話し合いもしくは調停になる可能 性がありますね。 ...

多重債務による自己破産

請求書や裁判所から送られてきた書面などをまとめておき、一度弁護士に面談することをおすすめします。 未払の税金もあるようですので、その内容もしっかりとまとめておくべきです。 ご指摘のとおり、裁判所を利用した債務整理の手続は、大きくは自己...

1年前の車売却について

もう少し詳細をお聞きしなければ断定はできませんが、伺う限りでは免責不許可事由には当たらないかと思われます。 また、仮に免責不許可事由に該当していても、きちんと管財人・裁判所に事実を報告し、反省して同じ過ちは繰り返さないことをアピールす...

至急、お願い致します。

債務整理をした後に、相手が『私の実家に行かない』等の方法をとる事は可能なのでしょうか…? →弁護士が債務整理を受任する際には、債権調査のため相手に通知を送ります。その通知にそのようなことをしないよう警告文を添えることも考えられます。い...

個人間の借金について

お早目に債務整理(借金の整理)を取り扱う弁護士に直接相談することを強くお勧めいたします。 相談料が負担できないようであれば「法テラス」の相談を利用してください。 法テラスで検索すれば電話番号が出てきます。 あなたの所得、資産が基...

借金問題と仕事先に電話が行かない方法について

お近くの法テラスにご相談なさるといいでしょう。法テラスでは弁護士との無料法律相談を受けられ、また相談した弁護士に破産などを委任するにあたり弁護士費用を分割払いすることができるため、貧困層の方々の味方となっています。

管財人 債権者 自己破産

>この紙が届いたら、免責降りて借金0って事で大丈夫でしょうか? 基本的にはゼロと考えてもらって構いませんが、債務の詳細にもよりますので、依頼している代理人に確認された方が確実です。 >ネットギャンブルをしても大丈夫でしょうか?小遣...

個人再生依頼後の利息

弁護士に依頼して返済がストップしてからも利息は発生します。弁護士に依頼し、数か月後に個人再生の申立てを行い、その後裁判所が再生手続開始決定を出しますが、そこまでの利息・遅延損害金が加算されます。 現在645万円の債務がある場合、再生手...

自己破産 個人再生 債権者集会

債権者集会には、必ず、出頭することをお勧めします。破産者には、説明義務があります。債権者集会当日、債権者が出席し、質問した場合に、債務者自身がいないのでは、説明義務が果たされていないし、果たそうとする意欲もないと見られかねません(説明...

個人再生か自己破産できますか?

自己破産では破産原因として支払不能であることが要件です(個人再生でも破産原因が生じる恐れが要件でほぼ同様の要件が必要です)。支払不能とは、弁済期にある債務を弁済できないことで、慰謝料は毎月10万円の分割払いなので、将来の支払いはともか...

共有名義の自己破産について

>売れなくて管財人から放棄されることって結構あるんですか?  よくあります。最近は「負動産」といったりして、不動産であっても無価値なものが結構あるので。 >また悪質な不動産が私の共有部分を買い取って、兄弟たちに売ったりすることもあると...

個人再生、身内への借金

ご質問の趣旨がわからないのですが、 個人再生をとられるのであれば、債務が530万なら、①5分の1の106万と②現時点の財産総額の高い方が最低弁済額となり、これを原則三年で返済することになります。①だと、月額3万円弱になるかと思います...

自己破産 個人再生 管財人

管財人が生活状況をチェックしたり(生活再建が破産手続きの目的のひとつでもあります)、免責の許可不許可の意見の参考にするため、家計簿の提出や口座履歴を毎月見せるよう指示をすることはよくあります。 特にギャンブルや換金行為により管財人がつ...

管財人 自己破産 個人再生

あなたの住所宛に届くあなた宛ての郵便物は、全て管財人のもとへ転送されます。 実家に届いている理由はわかりませんが、依頼している弁護士に報告した方がよろしいかと思います。

自己破産 弁護士 債務整理

通常は債権者に受任通知を発送して債権調査を行いつつ、申立に必要な資料等を収集して数か月後に裁判所に破産申立書を提出することが多いです。但し、差押えを受ける恐れがある等、申立を急ぐ場合は、ある程度の資料がそろえばすぐに申立を行うことはあ...

債務整理の手続きについて。個人再生は出来ますか!

補足です。(ざっくり説明なので詳細は面談相談で聞いてみて下さい) 借金額が500万円だと、基本的には、 100万円を3年で返していけば、残り400万円については責任を免れます。 だいたい月あたり3万弱の返済になります。 ただ、例...

自己破産 まとめて支払い 個人再生

どうしたらよいですか?免責不許可で終わりですか?助けてください。キャリア決済で換金行為をしていた事を話さなければ問題になりませんか? →この場では一般的な回答しかできず対応まではできませんので、早急にこれらの事情を依頼している弁護士に...

自己破産 個人再生 債務整理

破産の申立の際に、ご相談者様の口座の過去2年分ほどの取引履歴は出されていると思いますので、他に開示していないご相談者様名義の口座でもない限りは、さらに取引履歴を求められることはないかと思います。 提出している取引履歴の中に管財人が不審...

自己破産 ギャンブル 旅行

破産手続開始決定後に裁判所の許可を得ないで1週間海外旅行に行くことは、破産法37条1項に違反しますから、これ自体が免責不許可事由の一つになる可能性が高いですね。そして、管財人は、破産者が出国したかどうかは調査可能です。ギャンブルによっ...

自己破産 債務整理 個人再生

毎月20万円以上ではないと思います。破産手続開始決定時に預貯金が20万円以上あると、20万円を超えた額について管財人に渡すよう要求されることがあるのです。 自由財産拡張申立をすることでこの額が99万円まで増やすことが出来ることが多いの...

自己破産 管財人 債務整理

質問者は埼玉にお住いのようですが、基本的には申し立てた後、即日面接を受けますと、すぐに管財人候補の弁護士が決まります。まったく驚くことではありません。

自己破産 ギャンブル 個人再生 差押え

いずれも申立を担当された代理人に尋ねた方が確実ですが、振込があった賞与については、破産手続開始決定時に丸ごと残っていればその金額が評価額とみなされますので、下ろして手元に置いておいた方が一般的には無難とされます。もっとも、破産手続開始...

自己破産 ギャンブル 個人再生

申立後の通帳の確認を求められるかどうかは、管財人の判断になります。 元々の自己破産の原因にもよりますが、競馬が原因での借金ということになると、免責のために追加の要件(PAT等の解約と証明書の提出)を求められるなどする可能性はあります。...

自己破産 申し立て 個人再生

通帳の数=口座の数だとすれば、本当に分からないなら致し方ないでしょう。そのことを弁護士に伝え、思い当たる金融機関に問い合わせの連絡をするなどして、できる限り調べれば良いと考えます。 通帳の数=分かってる口座の過去の繰越前の通帳が見当た...