メンズエステ 無断欠勤 損害賠償

>今回の件が作為的なものだった場合、詐欺罪、威力業務妨害罪で警察に被害届と告発をすると言われ → 貧血で倒れてしまったことが欠勤の原因ということであれば、いずれもの犯罪にも該当しないと思われます。 >私は成人していますが学生のため...

パワハラ行為で訴える際の時効について

交通事故と同じような不法行為として構成すると消滅時効は3年です。 これに対し,債務不履行として構成すると消滅時効は5年(改正民法施行前の出来事であれば10年)です。

店内での嘔吐に対する賠償請求

このような状況に鑑み実費請求できるのかお聞きしたく存じます。ご回答よろしかお願いいたします。 →法的には請求可能です。

会社の安全配慮義務違反について

詳しい事情をさらに伺う必要がありますが、安全配慮義務違反が問える可能性が高いと思われます。 今後の対応については、弁護士に相談されることをお勧めします。 おそらく、相談担当の弁護士から詳しい事情についての追加のヒアリングや証拠の収集方...

会社に対して請求について

会社に対しても請求できる可能性があります。 会社の安全配慮義務違反を理由として。 裁判では、だいたい 加害者&会社に対して請求して認められているので。 ただ、あなたが加害者から受け取っている金額や示談書の内容次第では、 会社に請求...

アルバイトのパワハラ

度合いによりますが、 厳しい口調などの指導は パワハラにあたることがあります。 ★録音しましょう★ パワハラ対策については、 私がブログを書いてます → https://hayashi-jurist.jp よければご覧ください

訴えたいです。可能ですか?

訴えたいというのが裁判を起こしたいという意味なのか分かりませんが、訴えること自体は可能です。 ただ、請求が認められるかどうかは別問題であり、ここに記載された事情だけでは判断のしようがありません。 一度弁護士に相談に行ってみてはどうでし...

バイト先でのトラブル

1年もやってると、職種の変更に同意したと解釈される可能性が 高いですね。 そのほかに、労働基準法に照らして、問題点があれば、それにつ いて検討することになるでしょう。

雇用先の社長から。パワハラに該当するか

パワハラにあたる可能性はありますね。 可能であれば前回の診断書をもらって 社長に提示しましょう。 で、提示した時の回答を録音しておきましょう。 のちのち事を起こすときに 証拠として使えます。 パワハラ対策については、 私がブログ...

労災保険の適用について。

労災の認定がされるためには、業務に起因して災害が生じたといえることが必要ですが、休憩時間中にあいさつを交わしただけで突然暴行をされたとなると、質問者様の業務に起因して生じたといえない可能性も十分にあります。 業務起因性の判断は労災認定...

職場でのパワハラ、勤務体系について

労働基準法違反とパワハラで、残業代請求、慰謝料請求が可能でしょう。 あなたの責任ではないので、院長には、考えを改めてもらう必要があり ます。 まずは、弁護士に事情を詳しく話し、なにから始めるか検討してもらう といいでしょう。

ナイフで威圧されました

自分も後日笑い話にされてると思う、というだけでは難しいです。 このサイトに書ける情報には限度があるかと思いますが、相談に行ってみると、別の回答もあるかと思いますので、まだ諦める必要はないかと思います。

セクハラ・パワハラ被害における損害賠償請求

>このような場合、会社側に損害賠償等の保証を求めることは可能でしょうか。 >セクハラ・パワハラをどのように誰にされたのか記憶していますし、診断書も出せます。 損害賠償請求が認められるだけの「セクハラ」や「パワハラ」に当たるかどうかと...

労災における慰謝料請求について

警察にも事故届を出したほうがいい事案ですね。 労災で補償されない一部の休業損害および慰謝料を、派遣先、派遣社 員に対して請求できるでしょう。 安全配慮義務違反や不法行為がありそうですね。 労災の補償範囲については、監督署に問い合わせる...

派遣先の上司(女性)が高圧的

期間社員でしたら期間内は契約があります。そうでなければ退職は自由ですが、民法上は2週間の、会社によっては定款で1カ月の規制はあります。 しかし、相互に関係が良くないならば、交渉して、其れより早めに辞めることは普通にありますので、交渉し...

ワンマン会社でのパワハラについて

労基署の相談窓口や弁護士に相談、そこで証拠を見てもらうことになるでしょう。 実際には内容次第ですので、確認しながら話を進めることになります。

上司のモラハラで鬱に。慰謝料請求

パワハラかモラハラか。 具体的事実を列記して、慰謝料請求につなげることができる事実かの 判断でしょうね。 整理して、どなたか弁護士にみてもらうといいでしょう。

従業員に対する対処方法

保険会社も、普通、治療費、交通費、休業損害については、治療の 必要性が認定できれば、示談前に支払いをしますね。 通院費用は、治療費を含みますかね。 健康保険に切り替えてもらうといいでしょう。 症状固定したら、示談すると言えばいいでしょ...

給与と交通費、賠償責任について、

ミスの内容や雇用契約書等の具体的な事実関係を伺わないと判断が難しい部分がございますので、退職される前に一度弁護士に相談されることをおすすめいたします。 一般論としては、よほどミスが酷いものでないかぎり、解雇は認められませんし、採用直...

障害者年金および慰謝料

身障者手帳の申請も、症状が固定していることが要件になってますね。 障害者年金も、症状固定もしくは1年6か月の期間が必要ですね。 社労士がいいと思いますが、不得手な社労士もいるので、問い合わせ されるといいでしょう。 弁護士も、勉強すれ...

退職勧奨、解雇通知について

労災だと解雇できませんが、労災申請はされないのでしょう。 健康保険上の傷病者手当を申請することはできそうですね。 会社は、適応障害には会社にも責任があるのではないかと警 戒してるのでしょう。 損害賠償請求をされたり、解雇無効を訴えられ...

賃貸マンションでの怪我

まず、労災では、治療費だけでなく、休業中の生活費に相当する休業補償給付も出ると思われますが、申請はされているでしょうか。 労災で補償されない分については、大家さんに請求することになります。 損害の計算方法は、交通事故の場合と同様です...