父の養父と養母の相続に関する法的疑問

時系列がやや不明確なので整理が必要です。 先の回答者の内藤先生による回答は正しい反面、①お父さんが叔父さんより先に死亡している、②弟さんがお父さんの養子縁組前に産まれている、ということを前提としているようです。 ですので、①お父さ...

お墓や位牌は親から買えますか?

純粋な財物として買い取るというのではなく、 親(現祭祀承継者)から祭祀承継者の変更や指定を求める交渉となります。 上記の家族関係からすると後々揉めることが必至ですし、 祭事で否応なく関わりをもつことになりますので、 任意交渉で合意を...

再婚相手と自分の子供の養子縁組について

再婚相手と自分の子供が養子縁組した場合、元夫が亡くなった場合に子供は、元夫の遺産相続はできなくなってしまうのでしょうか? ⇒お子さんは、元夫の子でもあるので遺産相続はできます。 再婚後はいつでも養子縁組できるのでしょうか。例えば子供が...

弁護士職務規定に反する代理人の対応とは?

そもそも弁護士職務基本規程は懲戒請求の場面で該当性を判断されるべきものですので、個別の委任契約に基づく職務内容の妥当性において、当事者の一方の意見で判断されるべきものではありません。その代理人としても、長期的に見た利益と損失の兼ね合い...

妻に追い込まれ兄が自殺

妻から責められたことと自殺の間には法的な意味での相当因果関係はないと 見られるでしょう。 予見可能性も、本人の自由意思が介在する余地があるので、不確実でしょう。 一般的には、自殺以外の方法を選択する余地がある、と見られるでしょう。 訴...

相続放棄の単純承認と家の扱いについて

【質問事項】 これらは単純承認にあたりますか? 【回答】 支払が自費なのであれば、単純承認したことにはなりません。 【質問事項】 相続放棄ができた後は自分は何もせずそのまま家の件は放置しておいてもいいのでしょうか? 【回答】 相続放...

相続税の障害者控除について

あなたは相続人ではないですね。 受遺者ですかね。 また、兄死亡時、生計を一にしていたこともないですね。 遺言書に娘のことを頼むと書かれていたとしても、 それだけで扶養義務者になったとは解せないでしょう。 本問は、直接、税務署の資産税課...

配偶者居住権の評価方法

まず、配偶者居住権が成立するためには、「遺産分割によって配偶者居住権を取得されたとき」などの要件(民法1028条)を充足する必要があります。 配偶者居住権の存続期間は、配偶者の終身の間ですから、Aさんが死亡するまで認められます(民法1...

相続遺産横領の疑いを確認し、法的措置を講じるための相談

相続人のAさんにはいくら、Bさんにはいくら、Cさんには物件、といったように、 遺産をどのように分けるのか、話し合いをしたり、書類を作った覚えはありますか。 または、「亡き父の残した遺産のうち、資産売却によって得た収益分」とありましたの...

身に覚えがない異動情報について。

信用情報自体に間違いや情報の見方の間違いもあるので、あなたの調査結果をもとに 担当者と面談されて原因を突き止めるといいでしょう。

母との同居における生活費に関する相談

平穏裏にあなたがたと共同生活を営んで行くための生活費負担金、という理解でしょうね。 その趣旨の書面はあったほうがいいとは思います。 また、母親が使う30万円は多いとは思いまね。

贈与契約交わしたが、履行前に贈与者がなくなりました

5人の孫は、長男に請求することは可能でしょうか? また、長男は孫に金を渡す義務は発生しますか?渡さなかったら、罪になりますか? もし、もらえなかったら、どこに相談すべきでしょうか?   書面による贈与の履行義務を長男が相続しているかど...

車の相続or相続放棄について

継続使用するなら、そのかたは放棄はできません。 相続になります。 放棄は、相続人各自が行うものなので、前妻の息子さんに遺産を開示して、 相続するか放棄するかを決めてもらうことになります。

"祖父の遺産相続に関する疑問について"

祖父の遺産は、父と叔母の2人で分割するという認識で合っておりますか? →整理していくと、まず、お祖父様が10年前、叔父様が6年前に亡くなっているので、10年前のお祖父様の相続の際、叔父様はお祖父様の不動産持分3分の1を取得してます。...

弁護士の解任と着手金返還について問い合わせ

結局は事案次第になるので、単純には言えませんが、報告は必要でしょう。 弁護士職務基本規定 第三十六条 弁護士は、必要に応じ、依頼者に対して、事件の経過及び事件の帰趨に影響を及ぼす事項を報告し、依頼者と協議しながら事件の処理を進めなけ...

親の介護を巡る姉からのメール

金銭を請求できるのかどうか、どの様な方法があるのか教えて頂けますでしょうか。 →親御さんの介護費用などの扶養料請求をされたいということでしたら、家庭裁判所では扶養請求調停の手続きがあります。扶養請求調停とは、調停委員という者が間に入っ...