うえだ さとし

植田 諭弁護士

植田総合法律事務所

なんば駅

大阪府大阪市浪速区難波中3-4-41 体東ビル4階A号室

対応体制

  • カード利用可
  • 分割払い利用可
  • 後払い利用可
  • 休日面談可
  • 夜間面談可

【GW期間中の法律相談受付】令和4年4月29日(祝)~令和4年5月6日(金)までのGW期間中法律相談を実施しております。 ※前日までに要予約。電話でのご相談は不可。

どんな弁護士ですか?

【予約にて土日祝相談受任可】離婚・慰謝料、不動産、債権回収に強い弁護士!実績豊富!蓄積したノウハウと圧倒的な交渉力で早期解決を目指します。自信があるからこそできる提案・対応があります。あなたにとっての真の解決とは何かを考え、導きます。


◆ごあいさつ
━━━━━━━━━━━━━━━━━
依頼者様にとって、弁護士への相談・依頼するのは敷居が高く、気軽に相談しにくいと聞きます。
「植田弁護士なら気軽にご相談できる!」
そう思ってもらえる弁護士でありたいと思っています。

私は、トラブルの大小にかかわらず、ひとつひとつの事案に対して、とことん向き合い、「依頼者にとっての真の解決」とは何かを考え、探り、そして、その実現を目指します。
また、頼れるパートナーとして、依頼者様の不安や悩みを分かち合うことを大切にしており、誠実かつ丁寧な心をもって尽力します。

「こんなこと相談してもいいのかな?」と思ったときこそ、ぜひ相談下さい。
「これって違法?どうなるのかな?」と眠れないとき、ぜひ相談下さい。
「いきなり訴状(請求書・受任通知)が届いた」というとき、ぜひ相談下さい。
私のこれまでの様々な経験を活かして、依頼者様の最善の利益に向け取り組んで参ります。

離婚・男女問題、慰謝料、遺言相続、不動産、債権回収、債務整理、刑事事件(少年含)等多岐にわたる事案を取り扱ってきました。
これらでお困りの方は私にお任せください。

LINE、メール、電話を使いこなし、依頼者様へ迅速な対応を心がけております。


◆ 略歴
━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇経歴
同志社大学法学部法律学科卒業
九州大学大学院法務学府実務法学専攻卒業

2015年 最高裁判所司法研修所 入所(69期)
2016年 弁護士登録(大阪弁護士会)
2021年 植田総合法律事務所 開設
     税理士登録(近畿税理士会)

◇所属・登録
大阪弁護士会 総合法律相談センター(中小企業支援センター)所属
大阪弁護士会 遺言・相続センター所属


◆ 趣味/人となり
━━━━━━━━━━━━━━━━━
私は、学生時代からアクティブに様々な活動をしており、人と関わることが多かったように思います。
そして、その中でも特に相手に喜んでもらうことにとてもやりがいを感じてきました。
紛争の渦中にある依頼者様は精神的負担が大きい状況が続きます。
少しでもその精神的負担を軽減し、最終的に依頼者様に喜んでもらうことが、現在の私の弁護士としてのやりがいです。
紛争は、人と人のトラブルになりますので、いかに人の気持ち(相手方の気持ちも含)を考えること、感じることが大切であると考えております。
これまで培ったコミュニケーション力を活かして、依頼者様の解決へ導きます。
私は比較的話しやすい弁護士かと思いますので、遠慮なくご相談下さい。


・趣味:テニス、バドミントン、釣り、観劇(宝塚歌劇・劇団四季・歌舞伎等)
・好きな言葉:本気
・好きな本:おいしいコーヒーの入れ方
・好きな映画:ミュージカル映画
・好きな観光地:黒川温泉
・好きな食べ物:和菓子、ほっけ、サーモン
・好きなスポーツ:サッカー、テニス、バドミントン
・好きなテレビ番組:サッカー日本代表戦
・好きなペット:犬

どんな事務所ですか?

◆事務所の方針
━━━━━━━━━━━━━━━━━
植田総合法律事務所は、弁護士と税理士のダブルライセンスを有する植田諭が代表を務める法律事務所であり、法と税という専門性の高い分野において、事務所を変えずに一貫して対応することができます。
離婚、慰謝料請求、遺産相続、不動産問題、企業法務、債権回収、刑事事件等、個人・法人を問わず、あらゆる場面で直面する法と税の問題を迅速かつ的確に解決していきます。

また、当事務所は、依頼者様を第一(依頼者ファースト)に考え、土日祝や時間外の相談や支払い方法の柔軟化、アクセスに便利な立地と、居心地の良い空間、子どもが居る方でも安心して相談できる環境が整っており、個人の方も法人の方も気楽にお越しいただける法律事務所を目指しております。まずはお気軽にご相談ください。


◆事務所の対応体制
━━━━━━━━━━━━━━━━━
当事務所は、土日祝日や時間外のご相談も受け付けております。
ビデオ面談やLINEでのやり取りも可能です。

お支払い方法は案件内容により、分割払い(着手金・報酬金)やクレジットカード払い、後払い、交通系ICカード、QRコード決済など柔軟に対応しています。
また、離婚・慰謝料事案においては着手時費用を0円~にするなど、依頼者様の負担を可能な限り和らげることに努めております。

アクセス良好なうえ、キッズスペースも設けていますので、お子さま連れの方も安心してお越しいただける環境です。

依頼者様を第一に考えておりますので、その他気になることがありましたら、お気軽にご相談ください。


◆アクセス
━━━━━━━━━━━━━━━━━
大阪メトロ各線「なんば駅」 徒歩4分
南海線「難波駅」 徒歩3分
阪神・近鉄線「大阪難波駅」 徒歩7分

(※)エディオンアリーナ(府立体育会館)の東側からすぐです。

<住所>
〒556-0011
大阪府大阪市浪速区難波中3丁目4-41
体東ビル4階A号室

事務所の特徴

  • 完全個室で相談
  • 近隣駐車場あり
  • 子連れ相談可

こんな相談ならお任せください

◆ 離婚・男女問題
━━━━━━━━━━━━━━━━━
弁護士植田は、不貞慰謝料、親権獲得、婚姻費用・養育費の請求、面会交流、婚姻予約の不履行、中絶慰謝料請求など、あらゆる男女問題に対応しています。

また、金銭的に余裕がない方にも利用していただけるよう、柔軟な支払い方法に対応しております。
特に不貞慰謝料請求事案等では、有効な証拠をお持ちであれば、着手金時の負担金が0円(実費は必要)とさせていただくケースもあります。

電話やメールはもちろん、LINEでのご相談も可能です。
受任後は専用のLINEグループを作成し、依頼者様と密なやり取りを心がけております。ちょっとしたことでも気軽に相談できます。
「○○が不安なんです。」といったご相談でも構いませんので、まずはお気軽にご連絡ください。


◆ 不動産
━━━━━━━━━━━━━━━━━
「建物が老朽化しているため、賃借人に出て行って欲しい」「急に家賃を上げると言われた」など、賃借人側/賃貸人側どちらの事案の対応も可能です。
双方での解決実績が多数あります。

不動産は特に親族から代々引き継いだものということで思い入れが強い方が多いように思われます。
そんなお気持ちもしっかりヒアリングし、汲み取ったうえで対応します。それこそが真の解決だと考えております。

不動産取引では必ず税金の問題も絡んできますので、税金のトラブルに関しても、私は税理士資格を有しておりますので、一緒に解決することができます。
また、必要があれば行政書士、司法書士、土地家屋調査士など、他士業とも連携しておりますので、スムーズに進めていきますので、ご安心ください。


◆ 企業法務
━━━━━━━━━━━━━━━━━
中小企業のさまざまな課題や問題に対し、オーダーメイドのリーガルサービスを提供しています。
スタートアップ支援、コンプライアンス、契約書作成、労務問題、パワハラ/セクハラ、債権回収など、幅広く受け付けております。

税理士の資格も保持しているため、法と税の問題に一貫して対応可能です。
「複数の士業に依頼するのが大変」という経営者様のお力になります。
緊急時にもスピーディに対応いたしますので、安心してお任せください。
私は、大阪弁護士会の中小企業支援センターに所属しており、中小企業と弁護士をつなぐ活動も積極的に行っております。


◆ 債権回収
━━━━━━━━━━━━━━━━━
これまで、個人/法人のさまざまな債権回収の問題を解決に導いてきました。
保全から、強制執行までの債権回収に関する一連の経験・実績があります。

債権回収には、「時間」が非常に重要であり、いかに迅速な対応ができるかがポイントとなってきます。
相手が無資力になり、逃亡してしまう前に手を打つ必要があります。
依頼者様にとって何がベストな回収方法かをご要望や状況に沿って提案いたします。

債権回収においては1分1秒が非常に大切です。
費用を抑えたいなどのご要望にも応えられるよう尽力しますので、お早めにご連絡ください。


◆ 刑事事件
━━━━━━━━━━━━━━━━━
窃盗、強制わいせつ、住居侵入、暴行傷害、痴漢(迷惑防止条例違反)、盗撮、覚せい罪取締法違反等の被疑者弁護、被告人弁護、少年付添人の実績があります。
そのほか、自首の立ち会い、告訴、示談交渉に関する解決実績もあります。

加害者側では、やってもいない(記憶にない)犯罪を無理矢理認めさせようとした事案、犯罪はしたが、悪質性を高めるような事実と異なる調書を作成・使用した事案を不起訴など適切な処分に導いた実績があります。

被害者側では、加害者の弁護人からの示談交渉に立ち会い、被害者の気持ちを伝え、適正な賠償、接近禁止の制約などにより解決に導いた実績があります。

刑事事件においては、本当に犯罪をしたのであれば、その行為について大いに反省をしなければなりません。
反省をした上で、できること・やれること(被害者弁償等)を全力で進めることが必要です。
他方、犯罪をしていないのであれば、冤罪とならないよう全力で戦います。

加害者側、被害者側にかかわらず、刑事事件は、常に「不安」が生じているものだと思います。
私は、その状況を理解した上で、依頼者様の不安な心境に寄り添った対応を心掛けております。お一人で抱え込まず、一度ご相談ください。

法律Q&Aへの回答実績

総回答数

22

19

6

植田 諭 弁護士が回答した法律Q&A一覧

電話で面談予約
050-7586-3412
時間外

※お電話の際は「ココナラ法律相談を見た」とお伝えいただくとスムーズです。