うえだ さとし

植田 諭弁護士

植田総合法律事務所

なんば駅

大阪府大阪市浪速区難波中3-4-41 体東ビル4階A号室

対応体制

  • カード利用可
  • 分割払い利用可
  • 後払い利用可
  • 休日面談可
  • 夜間面談可
  • メール相談可

企業法務

取扱事例1

  • スタートアップ・新規事業

「私が甘かったです。信頼していたので。こんなことってあるもんなんですね。」不当利得返還請求。

依頼者:40代 会社代表者

依頼者は、某法人の代表者でした。
起業してから、ばたばたしていたため、顧問弁護士は契約しておらず、従業員と労働契約や外部と業務委託契約などはインターネットの契約書を自分なりにアレンジして、締結していました。

しかし、ある日、従業員とトラブルになり、当該従業員がお金を持ち出す事態が起きました。
全額回収したいところではありましたが、契約が不十分であったため、当該金額の全額回収は困難でした。
その後、当該従業員に対し最終的に訴訟提起を行い、法的に回収可能な金額は回収に至りました(契約の不十分性に起因する反論が裁判ではなされました)。
依頼者は、回収後に「私が甘かったです。信頼していたので。こんなことってあるもんなんですね。」といっていたのが印象的です。
信頼している従業員であったとしても、いつどのようにトラブルとなるかはわかりません。そのためにしっかりと契約書は作成するべきでしょう。

当該訴訟後に顧問契約を行い、トラブル予防の法的整備をさせていただきました。
トラブル前に予防することが会社の利益を守ることにつながります。
また、トラブル後でも早くご相談いただけるほどできることが増えます。
企業法務でお困りのことがあれば、ご相談ください。
電話で面談予約
050-7586-3412
時間外

※お電話の際は「ココナラ法律相談を見た」とお伝えいただくとスムーズです。