損害賠償請求の話の進め方、事故報告書の記入のしかた

通院期間や(あれば)後遺障害の程度に応じた慰謝料を請求することは可能です。 金額は、通院期間や後遺障害の程度に応じてある程度客観的に決まってくるイメージです。 介護事故等を取り扱う法律事務所に直接ご相談いただき、対応をご依頼いただく...

鼻整形について回答よろしくお願いいたします

録音等がなければ、契約に当たって強制的なやりとりがあったことを後日証明することは困難です。 契約の強制と、施術ミスとは別個の問題です。 施術ミスの疑いがあるのであれば、まずはほかの病院等で観てもらい、問題があるのかどうか医学的な判断...

相手方弁護士の回答遅延の理由と訴訟提起の必要性について

当該弁護士がどのような状況かは分かりませんが、単に、診療録が届いて数週間程度では回答の準備途中ということも考えられます。 医学的な書面を弁護士が記載するとなれば、医師等に診療録を見てもらったり、医学的な点を聴取したりして確認の上、その...

入院中の父を転院させてくれない

上記追記のご事情でしたら、 任意後見などもご検討されたほうがよろしいかもしれませんね。 ただ、息子側からはかなり抵抗されることにはなるかと思いますが。

"別居の叔父が身体的介護を拒否しても問題はないのか?"

残念ながら、特に問題はないと考えられます。現行法上、身上監護扶養・引取扶養といった引き取って面倒を見ることを法的に義務付けることは憲法上の問題もあり出来ないからです。 せいぜい介護の費用負担や扶養料を請求できるかどうか、にとどまると思...

美容整形外科の医療ミス

・「私が口コミサイトに記載した内容削除しなければならないのか、名誉毀損で訴えると言われていますがそれは適用されるのか、教えてください。」 ①術中、術後に申し出ていない ②写真は術後直ぐのものではなく、火傷等について診断などはされてい...

美容整形の全額返金について

オプションを希望した事実はないので返金をしてください、とはっきり 言うことでしょう。 医師が資料を見て、面談はしてるので、医師法違反に問うのは難しいでしょう。 手術結果が、当初の説明と微差でないほどの違いがあれば、医師の責任を問う こ...

歯科治療のキャンセル

キャンセル料の案内がどこかに掲示されてませんかね。 一般には、前日、当日 無断キャンセルの場合、キャンセル料が発生するようです。 実際の施術は、まだ先なようですから、相手に損害が発生していないので、キャン セル料は不要と思います。

眼科手術のキャンセルによる自費請求の妥当性についての相談

本来であれば、自費診療での治療は申し込んでおらず、保険診療の範囲での契約しかしていないのですから できないと思われます。 問題は10割の請求書を発行され、支払った段階で、保険診療から自由診療への切り替えを承諾した形となっているのではな...

精神科医によるドクハラで家族のきずなが崩壊

このような精神科医のドクハラを訴えたいのですが、どうしたらよいでしょうか。 →裁判所で書式や手続きを教えてはもらえますので、訴えたいということであれば裁判所でご相談ください。

美容医療ミスの解決策はありますでしょうか?

当初に受けた施術結果と手法と術後の結果と術後の説明について、へだたりがありますね。 医師に説明義務違反があるでしょう。 訴訟をするために弁護士を探す必要があります。 カルテは請求してもらっておくことです。

障がい者施設の利用者間トラブル対処について

・・・ 「施設に通われている利用者さん同士のトラブル防止のために、利用者間のLINEや電話番号の交換は禁止しています。」 ・・・ 施設管理上、上記のような説明をされることまでは大丈夫だと思われますが、 この内容に法的な拘束力をもたせ...

"介護報酬の概算についての相談"

介護が必要だった度合、実際に行っていた介護内容、また生活費等の負担状況などから、概算することはできるかと思いますが、これ自体は弁護士に依頼して(費用をかけて)すべきかと言われると疑問が残ります。 一旦ご自身で試算をして相手方に打診を...

手術失敗?前より酷くなりました

過失があるかないかですが、まず病院は今の状態になった理由としてなんと説明していますか。そこを確認することが出発点だと思います。 また他の同種の病院に意見を聞くことも必要かもしれません。通常医療過誤の場合、別の病院にその後通うことが多...

採血時の神経損傷による慰謝料請求の可能性について

ご相談内容の限りですお応え致しますと、今回のお怪我についての通院慰謝料、後遺障害が残る場合は後遺障害慰謝料、労働能力喪失の逸失利益を請求できる可能性はございます。 一度、弁護士に相談してみることをお勧めします。

高齢で心臓病の父の生活について。

父親の住所に近い社会福祉協議会を調べて、事情を話してみると 今後の方針について手がかりが得られるでしょう。 また、病院の相談員も情報を持ってると思うので、相談するのも いいでしょう。 年金や資産があるので、生活保護は難しく、適切な施設...

医療過誤 慰謝料請求

顔立ちにどの程度、影響があるかどうかですね。 慰謝料については、実際に見ないとわかりません。 医師は、ミスを認めたようですが、今後は録音などして証拠を残したほうが いいですね。

治療費返還後の慰謝料請求

示談書などの書面で清算条項を交わしていたり、お話し合いの中で治療費返還ですべて解決ということが確認されていないのであれば、慰謝料請求の余地はあると考えられます。

脂肪冷却施術後の神経障害で慰謝料請求可能か?

痺れと感覚麻痺の原因がなにか、を突き止めることですね。 脂肪冷却の施術に問題があったのか、どんな問題があったのか。 整形の先生が突き止めてくれればいいですが。 店舗Bのカルテのようなものを持参するといいでしょう。 後遺症が残り、因果関...

親の金銭面への干渉について

質問者様が働きたいけれど働くことができないという状況にあるという前提でお話します。障害者年金の受給を受けさせないにもかかわらず、自由になるお金を渡さないとすれば、ある種の経済的DVに該当するといえるのではないでしょうか。