ひぐち かずま

樋口 一磨弁護士

弁護士法人樋口国際法律事務所

東京都千代田区神田須田町1-2-1 カルフール神田ビル7階

【国際弁護士】【駅徒歩1分】国内企業法務はもちろん、海外展開、英文契約等の国際案件についてもお気軽にご相談いただける身近な存在となり、企業にかかわる皆様、そして社会にささやかながら貢献したいと考えています。

どんな弁護士ですか?

これまでにアメリカのロースクールでの修士号、また、ニューヨーク州の法曹資格を取得しており、アメリカの法律事務所での勤務経験がございます。

国際的な法曹団体で役員を務めるなど、積極的に活動して培った独自の国際的なネットワークがございますので、各種英文契約や外国会社との契約、M&A、海外進出などのご相談はお任せください。
英語力を生かし、国際取引の交渉代理も行います。
地域は北米、欧州、アジアをはじめ世界の主要国をカバーしております。

特に企業法務について、すでに海外展開されている場合はもちろん、これから検討されるという企業様にも、初歩から親身にご説明申し上げます。例えば契約書であれば、単に問題点を指摘するだけではなく、相手との英語での交渉や、裏方としてどのようなメールを書くかといったことまでアドバイスしております。

また、国際相続や国をまたぐ離婚問題にも対応しておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

依頼者様の心に耳を傾け、個人としての信頼関係を築くことを大切にし、事案の大小にかかわりなく、お役に立ちたいという一心をもってベストを尽くします。ご縁のあった皆様の一助となり、その従業員・ご家族を含めた幸せ、そして社会にささやかながら貢献できればと考えております。

どんな事務所ですか?

<国際案件に強い弁護士事務所です>

樋口国際法律事務所は、国内業務を基礎としつつ、海外展開や英文契約などについてもお気軽にご相談いただける、国際案件にも強い総合法律事務所です。
特に海外進出や海外展開をお考えの中小企業様からのご相談を多くいただいております。

また、離婚や相続といった一般民事についても、国内案件はもとより、国際離婚や国際相続といった国際案件もお受けしております。

事案を問わず、そして国内外を問わず、お気軽にご相談して頂ける、真に身近な存在となれればとの思いから、事務所一丸となって日々全力を尽くしておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

<安心のサポート体制>

【1】全国出張対応可
当事務所では、出張相談を実施しております。フットワーク軽く、ご要望があればこちらから伺いますので、まずはお問い合わせください。

【2】当日・夜間・電話相談可
当日の急なご相談や夜間のご相談(21時まで)に対応しております。状況によっては、お電話での相談も可能です。

【3】明確な費用
弁護士費用については、ご事情をお伺いした上でお見積りいたします(無料)。費用が発生する場合は必ず事前にお伝えいたしますので、ご安心ください。

<弁護士費用について>
相談料:初回30分5,000円(税別)
※お見積りのご依頼や、それに準じた導入的なお問合せは無料です。
事案の内容に合わせ、固定制、時間制、顧問制を組み合わせた最適なプランをご提案します。また、ご予算を尊重し、またご予算を立てやすいよう工夫いたします。サプライズの請求はいたしませんので、ご安心ください。

<アクセス>
樋口国際法律事務所は、地下鉄淡路町駅/新御茶ノ水駅/小川町駅から徒歩1分と、アクセス良好な場所にございます。
神田駅や御茶ノ水駅、神保町駅からも徒歩圏内です。

事務所の特徴

  • 完全個室で相談
  • 近隣駐車場あり

こんな相談ならお任せください

<遺産相続>

◆国際相続に注力しています

国内だけでなく、国際性を帯びた相続にも対応致します。
英語力を生かし、交渉の代理も行いますので、安心してお任せください。

◆このようなお悩みはありませんか?

・外国に資産があるが、日本の遺言書だけあれば十分か。
・相続が発生し、外国に遺産があることがわかったが、コミュニケーションがとれない。
・相続が発生し、外国に遺産があることがわかったが、現地の手続が必要と言われ、凍結されてしまい、また自分では処分もできない。
・相続が発生したが、相続人に外国人がおり、印鑑証明がない。

【重点取扱案件】
海外資産の相続対策
国際性のある相続(遺産が外国にある、相続人が外国人など)

<外国人・国際問題>
◆国際取引の交渉はお任せください

各種英文契約や外国会社との契約、M&A、海外進出などのご相談を承っております。
英語力を生かし、国際取引の交渉代理も行います。

◆このようなお悩みはありませんか?

・海外展開したいが、何から手を付けてよいかわからない。
・外国の取引先から英語の契約書が届いたが、内容がさっぱりわからない。
・国内であれば信頼関係でビジネスできたが、国際取引ではさすがに契約書が必要と思う。しかし、日本語のひな型を英訳すれば足りるのか不安。
・外国の取引先と共同事業をするが、何に注意すればよいか。

【重点取扱案件】
・各種英文契約(秘密保持、輸出入、販売店、代理店、製造委託等)
・外国会社との合弁契約
・海外現地拠点設立
・外国会社とのM&A


<企業法務>
◆国際的なビジネスをサポート

これまで、上場企業から中小零細企業まで、多様な規模と業種の会社とご縁をいただいてきましたので、幅広い分野について対応可能です。

予防法務だけでなく、訴訟などの紛争解決にも注力していますので、想定される結果を見据えたアドバイスができます。

◆このようなお悩みはありませんか?

・取引先との契約交渉がうまくいかない。
・自社製品に類似した製品が出回っている。
・取引先の支払いが遅れており心配だ。
・会社や事業を譲り受けたい/譲りたい。

【重点取扱案件】
・各種契約書
・M&A
・債権回収
・知的財産
・フランチャイズ
電話でお問い合わせ
03-5207-3337
時間外

※お電話の際は「ココナラ法律相談を見た」とお伝えいただくとスムーズです。