隣室のクレーマーから騒音トラブルで訴えると言われました。

回答いたします。 『法に訴える』とは、弁護士は使用しない表現ですので、弁護士が使う意味での一般的な意味というものはありません。 ただ、『法に訴える』と言った方としては、法的な手段を講じるという趣旨での発言かと思います。 騒音トラブル...

訴訟可能かどうかお願いします。

不当な退去要求にあたるかは、シェアハウス入居時の契約の内容、管理者側の言っている運営方針の内容、管理者側が言っている相談者様の問題行動の内容を吟味した上で判断されることかと思いますので、現在の相談内容からだけで不当かどうかは判断しかね...

台風の影響による雨漏り

とにかく自分で修理するしかない。 修理方法を調べて、ホームセンターで聞いて、やれる範囲の雨漏り対策を 施し、損害を少なくすることでしょう。

自治会トラブルで横領扱い

老人会の全員の意思で決めたのですから横領の余地がありません。もちろん,他の犯罪行為にも該当しません。余った予算を配る行為が役員による横領かどうかはケースによります。組織の意思決定機関で決めたことであれば,それに従うのが会員です。

内容証明便に関する住民票地 不存在 なぜ

実際にどうなっているのかは分かりませんが、住民票を移していないだけで住んではいるのではないでしょうか? 警察が伝えた住所が「住民票にない相手方(犯人)の住所」であったこと自体は特に問題ありません。

迷惑駐車による店舗側の対応義務

>こういった場合、店舗側には多少なりとも対策をとる義務というのは発生するのでしょうか。 店側に責任が生じるケースもありますが、詳細が分かりませんので、何とも言えません。

ネットショッピングアカウント、税金について

そもそもアカウントの売買は規約違反ではないでしょうか。 yahoo側に相談する他ほか無いように思いますが、今後同社のサービスが利用できなくなることは覚悟して頂いたほうが良いかと思います。

市民体育館利用料の過大徴収に関しての訴訟類型

考えられる方法としては、実際に改定後の利用料を支払い市民体育館を利用した後、妥当な利用料との差額を損害として国家賠償請求する方法でしょうか。問題点がないわけではありませんが。 他にも市民体育館を利用するときに、「改訂前の利用料しか支払...