インターネットの書き込み 侮辱

特定の個人の権利を侵害したものと認められる可能性は低いかと思われます。刑事事件化や発信者情報開示の可能性は低いでしょう。

侮辱罪にあたるのか ネット

「誹謗中傷してくるようなひと」という表現単体では、特定の人物を指していませんが、「ゴミでクズ」という表現は名誉感情侵害に該当する可能性が全くないとはいえないので、民事の損害賠償責任が問題になる可能性はゼロではありません(名誉感情侵害の...

これは開示できますか?

ご記載の内容だけでは、個人の特定が難しく開示が認められない可能性があるように思われます。 プロバイダに対しての請求については匿名で行うことも可能な場合がありますので、プロバイダのページや問い合わせ等で確認をされると良いでしょう。

誹謗中傷の範囲について

コピーペーストをした転載の場合でも名誉毀損等が認められる可能性はあります。削除等についてご検討されるのであれば、個別に弁護士に相談をされると良いでしょう。

自力救済に該当するか?誹謗中傷や迷惑行為の謝罪方法について

「自力救済」とは、本来、強制執行を裁判所に申し立てなければ実現できないことを、相手の意思に反して行うことをいいます。 たとえば、賃料滞納している借主の部屋の鍵を強制的に交換して、中の家財道具なども勝ってにすべて処分して捨ててしまうこと...

SNSでの投稿を訴訟することは可能か?

もし同定可能性があると認められた場合、「無知」や「承認欲求モンスター」という発言は侮辱されたとして開示請求の対象となり得ますでしょうか? →「無知」は微妙かと存じますが、「承認欲求モンスター」については、開示できる可能性があると存じます。

匿名掲示板での投稿について

経緯や内容が抽象的で正確な回答は難しいところです。一般論としては、名誉毀損に該当する可能性はあると思います。実際の投稿内容や背景事情などの詳しい事情をもとに、直接相談を受けた方がよいと思います。

# 金銭トラブルに関する不当な脅迫行為についての相談

お伺いしている事情から考えると、当初贈与としてもらっているのであれば、基本的にその後返す必要はなかったものと思われます。 ただ、その後にお金を送金する等約束しているのであれば、その送金の約束に基づいて法律上、お金を払う義務が生じてい...

キャラクター批判?について

誹謗中傷等に当たらず、開示請求等がなされる可能性は低いかと思われます。あまりご心配されずとも大丈夫でしょう。

"メールアドレスからの開示請求による名誉毀損ツイートの追及"

gmailなど海外のプラットフォーム事業者の場合はそもそもメールアドレスの登録情報を照会すること自体が困難であること、仮に国内事業者のフリーメールなどのように弁護士会照会で照会可能な場合でもフリーメールは個人情報(氏名・住所・電話番号...

Twitterの無断転載について

無断転載であれば著作権侵害として削除や発信者情報開示が認められる可能性はあるかと思われます。 ただ、費用的には弁護士費用で100万円近くかかるケースも多く、経済的な利益が出ない可能性もあり得ますので、費用をかけてどこまでやるかは慎重...

裁判の流れについて、払えない場合どうすればいいでしょうか。

お伺いしている状況について、すでに訴訟にまでなっているとなると、掲示板上で概要だけお聞きしてのセカンドオピニオンで、正確なご案内は難しいです。 実際に、訴訟に出ている書面の内容や、交渉時の資料等含めて確認しないと、双方の意図を正確に把...

開示請求されてしまうのかどうか、伺いたいです

実際の投稿内容次第だと思います。お書きの内容は意見・論評の域を出ないものが多いようにも思われますが、「このドブが」という表現は、さすがに受忍限度を超えると評価される可能性もゼロではないように思います。ネットのトラブルをネットで詳しく質...

匿名でのSNS上の侮辱投稿に対する法的措置について

ご記載の内容だと同定可能性がないため、権利侵害が認められない可能性があるかと思われます。基本的に、事情を知らない一般の人が見ても誰のことについて述べているかわかる程度には特定されている必要がある場合が多いでしょう。

開示請求による裁判記録を知るには

裁判所の記録閲覧室に行き、事件番号等を示して申請すると、判決書は基本的には閲覧させてもらえます。訴訟の当事者が提出した訴状や答弁書、準備書面等は、利害関係人であることを書面等で示し、裁判所の許可を得られた場合は、それらも閲覧することが...

5年以上前の誹謗中傷

5年以上前の投稿であれば、かなりの時間が経過していること、ログの保存期間の関係等を含め、ログの開示や刑事事件化の可能性は低いかと思われます。

DMにて誹謗中傷をしてしまった際のりすくについて

DMでの誹謗中傷は基本的に発信者情報開示手続きによって特定することは難しいでしょう。DMでの誹謗中傷が人格権侵害と認められる場合には不法行為責任が認められる可能性はあるかと思われますが、その場合でも請求をするためには個人の特定が必要と...

匿名掲示板での書き込みに対する開示請求について

この書き込みは開示請求されてしまいますか? →開示請求されるかどうかは相手方の意向次第なので不明です。開示が認められるかどうかについて、(同定可能性(対象者性)の問題をクリアしていることを前提とすると、)「〇〇は妄想と虚言」という記事...

開示請求の可能性はあるのか

開示請求されるのでしょうか。 →「本名を晒されたので刑事民事の手続きをします」とありますが、少なくとも、この理由であれば、刑事事件は関係がないでしょう。民事とは発信者情報開示請求のことを指すのでしょうが、本名でアカウント登録しており、...

SNSでのお金貸しトラブルに関する相談

貸した証拠が残っているのであれば返金請求は可能かと思われます。 現時点で刑事事件化は難しいでしょう。 ご自身で対応するのが難しければ弁護士を立てて窓口とし対応することは可能かと思われます。

"開示請求成功後の誹謗中傷訴訟について"

民法724条 より、①被害者又はその法定代理人が損害及び加 害者を知った時から3年間行使しないとき。 ② 不法行為の時から20年間行使しないとき。 に債権が消滅します。 ご参考にされてください。