かしたに のりお

樫谷 典男弁護士

日比谷見附法律事務所

日比谷駅

東京都千代田区有楽町1-6-4 千代田ビル

対応体制

  • 法テラス利用可
  • 分割払い利用可
  • 後払い利用可
  • 初回面談無料
  • 休日面談可
  • 夜間面談可
  • 電話相談可
  • メール相談可
  • ビデオ面談可

離婚問題の弁護実績は多数。相談者と誠実に向き合い、利益を最大限守ります

日比谷見附法律事務所の樫谷典男(かしたに のりお)弁護士。
弁護士としての豊富な対応実績だけでなく、東京弁護士会で委員会委員を務めたり、書籍を出版したりと、多方面で活躍しています。
そんな樫谷先生に、弁護士としての実績や強み、相談者に伝えたいメッセージなどを伺いました。

01 弁護士としての実績・強み

相談者の主張を「お金」に反映。自然な会話で相談者からポイントを聞き出す


――樫谷先生は、これまでどのような事案を担当されてきましたか?

賃料請求や明渡請求、原状回復請求といった不動産関係の事件や、遺産分割、遺留分減殺、遺言書作成などの相続に関するご相談、債務整理や刑事事件など、幅広く対応してきました。
特に多いのが、離婚問題に関するご相談です。


――離婚問題に関しては特に豊富な経験があるとのことで、相談を引き受けるときに気をつけているポイントがあれば教えてください。

まず、離婚問題では、相談者の声を確実に「お金」に反映させて主張するということです。
相談者の心情や相手先との今後の関係性にも配慮しつつ、何よりも大切なのは適正な慰謝料や養育費をしっかりと受け取ること。
算定表に当てはめて定型的に請求できる額を出すこともできますが、私は相談者さまやその子どもの特有の状況も考慮して額を検討します。


――算定表ではカバーできない相談者特有の状況とは、例えばどんなものですか?

一例ですが、子どもが私立の学校に通っている場合、公立に比べて学費が高くなるため、親権者はそれを鑑みて養育費を受け取る必要があります。
こうした細かいことは、意識的にこちらから相談者に確認しないと情報を引き出せません。
自然な会話のなかでも、請求額に関わる確認項目は全てお聞きするようにしています。

02 弁護士になったきっかけ

「常に周囲から相談を受けていた」私が弁護士になった理由


――樫谷先生が弁護士を志したきっかけを教えていただけますか?

大学生のときから、人から相談されやすく、恋愛のことや学校のことなど、いつもいろいろな話を聞いていました。
そのうちに、アドバイスをしてその人の心を癒すだけではなく、専門知識を使って困っている人を実際に救うことができる弁護士の仕事を志すようになりました。


――なぜ相談されやすかったのだと思いますか?

なぜでしょうね(笑)
とにかく当時から口が堅かったので、そこで私を知る人からは信頼されていたのかもしれません。


――弁護士になってからは、東京弁護士会・法律相談センターの運営委員会委員や、日本司法支援センターの非常勤専門員、日本弁護士連合会の代議員など、さまざまな役を務めてこられましたよね。さらに書籍の出版経験もあるそうですが。

そうですね。弁護士の仕事を続けるうちに、ご縁があっていろいろとお声がけといただきました。
期待されると応えずにはいられない性格なので、求められたことと精一杯向き合ってきた結果、今に至るという感じです。

03 仕事のモットー

メリットもデメリットも全て話し、納得のいく決断をしてもらう


――仕事のやりがいを感じる瞬間を教えてください。

自分が立てた道筋通りに問題を解決の方向に導くことができたときは本当に嬉しいです。
相談に来られたときに曇っていた依頼者の表情がすっかり明るくなると、苦労してでも弁護士になって本当に良かったと思います。


――依頼者の話を聞くときに意識していることはありますか?

しっかり話を聞くことは当然ですが、もうひとつ「しっかりと伝えること」は常に意識しています。
解決方法の選択肢をいくつか示し、それぞれのメリットとデメリットを説明します。
すべてを理解いただいたうえで、納得のいく決断をしてもらえるよう、良いことだけでなく問題点や不安要素なども含めて説明を尽くすのが私のモットーです。

04 相談者に伝えたいメッセージ

弁護士に相談することは誰にでもできる。難しく考えずにご相談ください。


――話が外れますが、趣味はありますか?

読書が好きで、学生時代からたくさんの本を読んできました。
今では三人の子どもがいて、一緒に遊ぶのが週末の楽しみになっています。


――ありがとうございました。それでは最後に、相談者に向けたメッセージをお願いします。

自分一人ではどうにもできず、知り合いに話しても一時的に慰められるだけで根本的な問題の解決には至らない…そんな困りごとが起こったとき、あなたのお役に立てるのが弁護士です。
弁護士に相談することにハードルの高さを感じる人もいますが、心配はありません。
ぜひお気軽にご連絡ください。
時間が経ってしまうと、問題が悪化したり、事実の証明が難しくなってしまったりと、あまり良いことはありません。
さまざまな選択肢の中から最善の解決策を選べるよう、ぜひともお早めにご相談ください。
電話でお問い合わせ
050-7586-9530
時間外

※お電話の際は「ココナラ法律相談を見た」とお伝えいただくとスムーズです。