懲役刑を回避したいです。

早期に弁護人を選任し、できる限りの防御を尽くすことで実刑回避の可能性がある事案かと思います。 検察側の提出する証拠の精査のみならず、再犯防止体制の構築、家族の協力の取り付け、左目の診断書や医師の意見書等の取り付けも検討すべきでしょう...

飲酒検査後の警察からの連絡について

ご報告のとおりの顛末であるとすれば、今後警察から連絡があることはないでしょう。ご安心ください。今後はご自身の行動にお気を付けください。

わかりませんので教えてください

まず、刑事事件と民事の財産開示手続きは別物ですので、ご承知置き下さい。 財産開示手続は、債権者が債務者(あなた)に対し、裁判所において財産の内訳を開示させる手続きです。債務者は正当な理由なくバックレると最悪逮捕されて6カ月以下懲役を...

飲酒運転幇助罪の時効等

飲酒運転は自白やSNSの投稿だけで検挙されることはまずありません。 呼気検査などの、体内のアルコール残量の測定をしないとほぼ摘発されません。 摘発されているケースの多くは、運転中に一斉検問で摘発されたり事故を起こしてその場で呼気検査を...

無免許運転幇助 無免許知らなかった

行政処分について記載しておらず失礼しました。 行政処分としては、重大違反唆し等に該当するかが問題になりますが、こちらもやはり、違反行為をさせる、または助けたりすることが要件になります。 そのため、無免許であることを全く知らなかった場合...

貸与幇助 教唆犯について

無免許の人間に対してバイクを売っても法律上は問題ありません。 バイクの用途は様々で、鑑賞するためかもしれません。 とはいえ、無免許のまま乗ることの無いように注意はして記録を残しておくべきでしょう。 また、15歳であれば親権者が売買契...

未成年バイク無免許運転

一般的にどのぐらいで連絡はくるのでしょうか。 一般化できません。 なので、時間が読めないとしました。 気になるようでしたら、警察に状況を聴いてみるのも一つかもしれません。

拘留決定後の保釈について

今日裁判所に行って拘留が決まったのですが、保釈はできますでしょうか? →保釈は起訴後にのみ可能であり、起訴前に保釈はできません。 ご相談内容を拝見する限り、現状起訴前の被疑者段階ですので、保釈はできません。

私がレンタカーを借りて、彼氏が事故を起こしました。

少なくとも、あなたは無免許運転のほう助にはあたるので、刑事処分、 行政処分に処せられる可能性がありますね。 運転についても、ほう助は共犯なので、共同不法行為になります。 相手の父親の発言は、至極、当然です。 あとは、負担割合をどうする...

養育費だけは欲しいです

公正証書の文言作成,給料差押えの強制執行の委任,それぞれに別途弁護士費用が発生します。 ただし,ご自身で公正証書を作られたり,強制執行手続きを行われるのであれば,この限りではありません。 詳細をお知りになりたいのであれば,お近くの専...

離婚するに当たり何から進めたらいいか

まずはお近くの法テラスにご相談いただき、弁護士と直接面談し、今後の進め方についてアドバイスを受けてください。 貯金ですが、当然にお子様の口座に移して良いわけではありません。 行動するとしても弁護士からアドバイスを受けてからにするのが...

有責配偶者に親権は認められますか?

兄弟は分けないのが原則ですね。 不倫があっても、子供との関係は、別ですからね。 調査で、とくに問題がなければ、あなたに落ち着くように 思いますね。

交通事故後のトラブル

>バイクを貸した時 教習所に通っていたらしく教習代30万ほども無駄になり、息子がしくこく貸してと言ってきたから貸したと言ってます。教習所の料金を弁償しないといけない義務はありますか? 義務はありません。 >無免許だということは知って...

強要罪とはなんですか

GPSを付ける行為は、いまのところ犯罪にはなりません。 強要罪にはなりません。 離婚事由は十分ありそうですね。 慰謝料も請求できそうですね。

社長の飲酒運転について

言うまでもなく飲酒運転は犯罪です。 飲酒運転が常習的なようですと、情報提供を受けた交通課が内偵して検挙することもあります。 どうしても腹に据えかねるのであれば、警察に相談するのも一つの手でしょう。

慰謝料は請求できますか?

>その人に対して飲酒運転に関して被った実害に対する慰謝料を請求をしたいと思っておりますがそれは可能なことでしょうか? 相手に無理やり運転を代わらせられたわけではなく、最終的にはご相談者様の意思で運転を代わって結果的に免許を失ったとい...

酒酔い運転についての相談

懲役刑になる可能性はありますが、被害者もおらず、初犯ということであれば、執行猶予が付く可能性が高いと思います。 資金に余裕があるようでしたら、刑事事件に力を入れている弁護士に私選でお願いしたほうが良いかもしれません。

飲酒運転をやめさせたい

警察相談はいまのところ、やぶへびになる恐れがありますね。 あちらこちらに断酒会があるので、そこで経験談など情報を 取り寄せるといいでしょう。 同じ悩みを持つ人は、かなり多いように思いますね。

勤務時間外での飲酒運転で解雇になりました

勤務時間外なので解雇は重すぎるでしょう。 就業規則や服務心得はどうなってますかね。 解雇するための手続きなどの記載がありますかね。 企業の社会的評価の問題もあるので、なんらかの 処分があっても仕方がないところですが、解雇は 重すぎます...

懲戒解雇に値するのでしょうか?

1、懲戒解雇になるほどの不申告ではありませんね。 2、不当解雇になるでしょう。 3、全部を言う義務はないでしょう。 4、飲酒運転歴とか警察が関与した事故歴など、ドライバー としての適性に欠けると思われることについての不申告で しょうか。

知人が道路交通法で逮捕

嘆願書をつくることはよくやりますね。 嘆願書を作成した理由を書いて、被告との関係、 住所、氏名、捺印ですね。