元彼の元嫁から慰謝料請求

仮に彼の元奥さんがあなたと彼の不貞行為を知ってから3年以上経過しているのでしたら、元奥さんの慰謝料請求権は消滅時効にかかっている可能性があります。 ご相談内容では経緯や念書など不明な点も多いですので、この場では正確な回答をすることは困...

離婚協議書と公正証書について

公正証書は訴訟等をしないで強制執行できるという点が大きな違いで、合意をしたということに関しては協議書と特に効力はかわりありません。 お互い請求しないという内容であれば、公正証書にしなくても、あちらに弁護士がついて協議書を作成されるので...

離婚理由の【悪意の遺棄】に該当するか

おはようございます。可能な範囲でお答えしますね。 夫婦には、それぞれに、一緒に暮らす義務(同居義務)、お互いに協力する義務(協力義務)、一方が経済的に困っている場合には助ける義務(扶助義務)があります。 そして、「悪意の遺棄」とは、...

違約金請求の回数と破綻の条件

完全別居までは、不貞のたびに、何回か請求していいでしょう。 ただの別居では、破綻とは見ないですね。 離婚せずに、婚姻費用分担請求をするなど、生活費の確保に注力 するといいでしょう。

有責配偶者の離婚実現

>すでに別居して3年経過していますが、私はこのまま離婚を拒否され続けた場合、子供が中学卒業するまで(あと11年ほど)、離婚できないのでしょうか。 いえ、最終的には裁判官の判断ですが、現時点ですでに同居期間の3倍以上別居していますし、...

不倫相手からの謝罪要求

住所を特定したとして、不倫相手の家(恐らく実家住み?)に謝罪を要求する手紙を送るとしたら、どんな内容であれば脅迫や名誉毀損にならないですか? →名誉毀損といえるには不特定多数の人に伝達されるおそれ(公然性)があることが必要になりますの...

接触禁止命令について

接触禁止自体は、奥さんの要望に過ぎず、法的義務ではないので、接触禁止の要求を拒否したこと自体による慰謝料は考えなくてよいと思います。 では、まったく無視されるのかというとそうではなく、接触禁止の要求を拒否したことによる慰謝料はありませ...

不貞裁判 夫婦関係の破綻の証明

申し訳ないんですが、私も多忙で他の仕事しなければならないので、この質問に回答するのはこれが最後です。 以後は質問等あっても回答できません。御理解頂ければ幸いです。 これ以上ご質問がある場合は、再度改めて質問のトピックを立てて下さい。そ...

不倫についての相談は名誉毀損になる?

人生相談ですから相談されていいですよ。 他言しないように釘はさしてください。 そのひとが、言いふらしたら、その人が責任者です。 あなたでは、ありません。

婚姻費用と慰謝料について

>婚姻費用は慰謝料とは関係無いと思っていたのですが、その辺りを教えて下さい。お願いします。 基本的には別物です。 婚姻費用は、夫婦間のいわゆる生活費です。 慰謝料は、不貞による精神的苦痛に対する損害賠償です。 生活費を支払って...

高額な慰謝料の請求について

>離婚することについては両者ともに合意しておりますが、不貞行為は昨年5月の一度きり(恋愛関係にない)であり、その1要因に妻起因のセックスレスがあることも踏まえると慰謝料が高額ではないかと思っています。 減額交渉は十分ありうると思いま...

法的意見について教えて下さい

逆に夫から慰謝料をもらうことは可能でしょうか? →離婚に至る原因を作った有責配偶者に対して離婚慰謝料を請求することは可能です。 離婚に至る原因を作ったと言えるかは、ご相談内容ではギャンブルの程度や職場に押し掛けてきた際の具体的な状況や...

別れたいのですがどうしたらいいでしょうか。

おはようございます。可能な範囲でお答えしますね。 公正証書の内容や事実経緯等によるので、はっきりしたことは申し上げられませんが、いくら相談者さんが親権を取るために慰謝料が増額されたという事情があったとしても、そのことだけで不倫相手が...

夫の不倫に対し、必要な証拠と請求可能な慰謝料について

念の為、次会う時に証拠を取ろうと思っているのですが、よく、証拠は複数回分あったほうが良いと聞きますが、不倫を認めている状態でも、やはり複数回あったほうがいいのでしょうか? →不貞を現在認めていても裁判などになった際に否認する可能性もあ...

慰謝料請求の期限について

>相手家族に恫喝されて慰謝料請求したい場合は 同じように期限等あるんでしょうか? 恫喝行為が不法行為に該当すれば、恫喝行為があった時から3年以内に裁判上の請求をすれば、損害賠償請求権は時効にはかかりません。

ダブル不倫の慰謝料請求について

おはようございます。可能な範囲でお答えしますね。 >不倫相手の息子(成人)から不倫相手の夫の代理として慰謝料請求されることがあるのか → 交渉段階ではあり得ます。 >交際費としてもらったお金は今後裁判になった場合不利になるのか →...

求償権の拒否ができますか?

相手方が請求してきた慰謝料を不貞当事者のどちらか一方が全て支払った場合、請求者である相手方の慰謝料請求権は消滅します。ですので、相手方が慰謝料請求権を他方に行使することはできなくなります。換言すると、他方が相手方に「慰謝料」を支払う義...

離婚についての相談です

離婚を考えているのですが、証拠になるものが集められていません。 ホテルに入る写真などなくても慰謝料が取れるのか、また相場はどのくらいなのかを教えていただきたいです。 →慰謝料請求をするにあたって、不貞の事実を相手が認めない場合、裁判...

弁護士の成功報酬に関して。

>自分で減額交渉して減額されてから弁護士にお願いして再度、減額交渉しても、支払う成功報酬は最初に届いた委任状に記載されている元の金額からの計算になるのでしょうか? そこは弁護士との個別の契約によりますので、契約時にきちんと定めておき...

不貞問題。有責配偶者からの離婚請求。

婚姻関係が続いている以上は、婚姻費用の分担義務が発生しますので、支払う必要があります。 ただ、支払う金額は、夫婦双方の収入や資産等を考慮して決められるものですから、今まで自身の収入に比して過大な生活費を渡していたというのであれば、減額...

離婚後の請求について

離婚後の交際に制限を加えられる理由はないと思いますので、奥様の要求は拒否すればよいと思います。 それなら公正証書を作らないということならば、調停を申し立てて、調停で話し合いをすべきです。 養育費は、夫婦双方の収入に応じて決められるも...

離婚を伝えたら脅しみたいのが

夫婦でかかった費用については、立替や貸金ではない限り、支払う必要はありません。 また、弁護士費用についても負担する理由はありません。 一度、本件の対応について、弁護士に面談相談されることをお勧めいたします。