つちや かつひろ

土屋 勝裕弁護士

M&A総合法律事務所

東京都港区虎ノ門4-1-9 ロイクラトン虎ノ門6階
対応体制
  • ◎初回相談無料
  • ◎休日相談可能
  • ◎夜間相談可能
  • ◎電話相談可能

M&A・相続紛争・事業承継紛争・企業間紛争を中心に様々な分野を取り扱っております。これまで難易度が高く特殊な事案を取り扱ってきておりますので、特に、自分の事案は難易度が高く特殊であるとお考えの皆様からのご依頼をお待ちしております。

どんな弁護士ですか?

弁護士歴15年です。皆様の状況を「大逆転」させることを目標に仕事をしています。

【心がけていること】
当事務所では、リーガルサービスの提供にあたり、次のことを心がけています。

当事務所では、お客様からの質問を受けるのに先立ってしっかり説明することを心がけております。お客様から質問が出るようだと我々の説明が不足していたのが原因であり、もっとしっかり説明差し上げるべきであったと考えております。

また目先の対応のみではなく、中長期的かつ全体的に考え何が最も問題解決に資するのかを考えるようにしています。お客様が目先に行うべきと考えていることが必ずしも解決につながらず、中長期的かつ全体的に考えることが重要だと考えております。とはいえ、お客様が目先に行うべきことを軽視するのではなく、それはそれでしっかり対応しつつ、中長期的かつ全体的に考えることを心がけています。このような姿勢で対応することでおそらくお客様には想定していなかった解決方法を提示することができることがあります。

当事務所はもともとM&Aを主たる業務とする法律事務所です。M&Aでは大量の資料を入念に検証し問題を発見し解決します。当事務所は大量の資料を入念に検証し問題を発見し解決することが通常業務なのです。大量の資料を入念に検討すれば、相手方の主張の矛盾や本当の解決方法などもおのずから明らかになってくるものです。それにより、大逆転を起こすことができるのです。裁判における重要論点などは、たいてい、大量の資料を入念に検証すると、1枚の資料の片隅にヒントが出ていたりします。当事務所では、労務問題、債権回収問題、企業法務問題、相続問題いずれにおいても、M&Aと同様の姿勢で、大量の資料を入念に検証することで、お客様にとって最も有効に問題を解決することができる方法を発見します。

どんな事務所ですか?

当事務所は、M&Aの法律事務所でありつつ、気軽に相談でき、親身に対応する法律事務所を目指し、設立された法律事務所です。
当事務所は、大手法律事務所出身(長島大野常松法律事務所出身)のM&Aを主たる業務としていた土屋勝裕弁護士が中心となって設立され、少数精鋭ながら、メガバンクや大手M&A会社からも多数ご依頼を頂いています。
M&Aではあらゆる法律問題を検討する必要があります。特に難易度の高い企業法務問題に対する対応が求められます。
株式・株主・組織・労務問題・労使紛争・取引契約・契約書のレビュー・債権回収・従業員問題・資産・負債・不動産・知的財産権、賃貸借契約、クレーム対応、裁判訴訟などなど、企業法務に関するあらゆる法的知識や経験がなければM&A業務は遂行できません。
そのような経験を積んできたため、当事務所では、株式・株主・組織・労務問題・労使紛争・取引契約・契約書のレビュー・債権回収・従業員問題・資産・負債・不動産・知的財産権、賃貸借契約、クレーム対応、裁判訴訟などなど、難易度の高い企業法務について取り組むことができるのです。

事務所の特徴

  • 完全個室で相談
  • 近隣駐車場あり

こんな相談ならお任せください

当事務所では、これまで多数のM&A案件関与実績を有するに至っています。
M&Aで必要な法的知識はM&Aだけではありません。
株式・株主・組織・労務問題・労使紛争・取引契約・契約書のレビュー・債権回収・従業員問題・資産・負債・不動産・知的財産権、賃貸借契約、クレーム対応、裁判訴訟などなど、企業法務に関するあらゆる法的知識や経験がなければM&A業務は遂行できません。当事務所は、M&Aから始まって難易度の高い企業法務のあらゆる分野における経験を積み重ねてきました。
その結果、当事務所では、これらの業務を含めあらゆる企業法務に関する業務を取り扱うに至っています。
例えば、残業代請求・退職金請求・不当解雇などの労務分野です。
M&Aにおいても近時の最大関心事は、M&A対象会社がそのような労務問題を抱えていないかということです。
当事務所では、企業側で、労務問題に関する調査を行い、対策を検討してきました。ということは、企業側の対応方法について詳しいということを意味します。
このノウハウを使用し、皆様の残業代請求・退職金請求・不当解雇問題を解決いたします。
また、債権回収の分野です。
企業においてはたいてい債権回収の問題を抱えています。
M&Aにおいても再建が順調に回収されているかも大きな関心事です。
結果として、当事務所は、企業側に立ち債権回収問題に直面し、その対応を検討し、数々の債権回収を行ってきました。もちろん、債権回収を阻止する側にも立ってきました。
このノウハウを使用し、皆様の債権回収問題を解決いたします。
そのほか、当事務所では、数々の難易度の高い企業法務に取り組んできていますので、そのノウハウを使用して、皆様の企業法務問題の解決に邁進します。
また、当事務所では、常にクライアントの最善の利益を実現するためにはどうすればよいかを中心に考え、クライアントと二人三脚で、暗い安どの各問題に一緒について悩み、親身に問題に取り組みます。

電話でお問い合わせ
050-7300-8785
受付中

※お電話の際は「ココナラ法律相談を見た」とお伝えいただくとスムーズです。