支払わなくてはいけませんか?

借用書等の資料を拝見していませんが、根拠のない請求をされて支払う必要はないと思料します。 今後も罵倒するような連絡が途絶えないようでしたら、弁護士に忠告の書面を送ってもらうといった対応も検討されてみてはいかがでしょうか。

詐欺被害と慰謝料の請求額相場

さらに詳しい事情を確認する必要はありますが、民事では契約不適合責任による解除や不実告知による契約取消しなどが考えられます。詐欺については、その品質を知りながら虚偽の刻印を表示していたという故意が必要になりますので、お書きの事情だけでは...

オートオークション代行詐欺

以前落札していた在庫(安い)を、 別のオークションの資料で説明したという事案でしょうか? 業者との契約書や、ディーラーからの情報などを具体的に検討する必要があるかと思います。自転車操業的なケースや、逃亡前提のケースも考えられるので、...

刑事告訴状に関しての質問です

そもそも、ご質問の前提として、作成したのは口頭で行った告訴を捜査機関が作成した「告訴調書」と思われますので、捜査機関が保有する捜査関係書類となり、コピーはもらえません。 これに対して、自身で「告訴状」を作成した場合は、通常は自分でコピ...

詐欺で被害届は出せるのか?お金は取り戻せるのか?

詐欺事件として刑事事件化することは難しいように思われます。 民事上であれば貸金の返還請求を行うことは可能でしょう。民事訴訟の提起等、どのような方法を取るかは個別に弁護士にご相談された上でアドバイスを受けると良いでしょう。

治療費と慰謝料を請求したい。

不法行為として慰謝料や治療費等を含めた損害賠償請求が可能かと思われます。また、場合によっては刑事事件ともなり得るかと思われますので、弁護士に個別に相談の上、方針をお決めになられると良いかと思われます。

同棲中の元彼女が蒸発した場合の費用請求や法的手続きについて

賃貸借物件を借りている名義が相談者さんであるならば、賃料や退去費用は基本的に相談者さんが負担する法的義務があります。 以上を前提に、相談者さんと相手方で家賃や退去費用などの負担割合について一定の合意がある場合、当該合意を適式な書面等で...

架空請求になりますか?

理論的には刑法上の詐欺未遂の構成要件を満たすように思われます。 詐欺行為は行われたが、相談者さんが錯誤に陥らず、財産給付行為を行わなかったという評価です。 同様に民事上の詐欺行為にも該当する可能性がありますが、相談者さんに損害が発生...

消費者契約法の取消権

相手の発言が口頭のものかと思われますので、発言内容を録音したものがないと相手がそのような発言をしていないと反論した時に証明方法がなく厳しくなってしまうかと思われます。

賃貸借契約上での更新料

当職であれば、時効にかからない限り過去にさかのぼって1ヶ月分全額を請求します。 なぜなら、そのようにしないと、過去の折半は有効であったと認めるようになってしまい、「慣習」による合意を裏付ける方向に働くからです。 それでも、これまでに「...

2項詐欺罪の構成要件について

前提条件と、ご質問の趣旨が一致していないように感じます。 詐欺が成立するためには、欺罔行為の存在、被害者の錯誤、処分行為、がまずは必要ですが、一時猶予という処分行為が錯誤に基づくのであれば、成立するとは一応言えます。 ある特定の事案に...

養っていた交際相手に嘘をつかれていた

嘘をつかれていた内容によると思いますが、住所程度では難しいと思われます。 そもそも貸していたわけではないので返還は難しいと思います。 損害賠償請求についても、それにより精神的損害を受けたことの立証はこちらが責任を負いますが、なかなか...

ペイペイでの請求行為が脅迫となる可能性について

権利の行使であっても「度」が過ぎれば、恐喝罪、脅迫罪などの犯罪行為を構成します。 害悪の告知などをせず、単に繰り返し、請求したにすぎないのであれば、犯罪を構成するとまでは言えない可能性はあると思います。 どのような対応で、具体的に請求...

少額投資の話で投資してしまいました

ご自身のケースでは、秘密裏に行う必要はないと考えられます。 ただ、一般論として、本人名義でそのような内容を伝えたとしても、響かないと思われます。

投資詐欺にあいました

相手が、現在お金・資産をもっているのかが非常に重要と思います。 説明が嘘で全額浪費しており、目ぼしい資産もないとなると、もはや回収するすべがありません。 基本的には、①分かっている相手の口座や不動産などを把握していれば、仮差押を行い...

"民事裁判勝訴後の督促状に関する法的問題について"

実際に破産申立予定であって申立準備中ということであれば、致し方ないと思われます。その弁護士が破産申立代理人に就任予定なのであれば、今後はその弁護士に状況確認等をしていくことになるでしょう。貴方も既に弁護士に依頼なさっているということで...

未納商品に対する返金対応

お書きの事情では(返済の意思か示されているため)詐欺とまでは断定できず、警察の動きは鈍いかもしれません。 民事の請求ですが、相手の住所や氏名が特定できているのであれば訴訟や支払督促などの法的措置を検討した方がよいと思いますが、一度、弁...

"恫喝行為による慰謝料請求に関する相談"

相手が争わないのであれば慰謝料の請求を含めた和解交渉はできる可能性があるかと思われます。 ただ、事実と異なるという回答がされている以上、相手が全面的に否認し争ってきた場合、裁判まで行くには証拠の関係上不利な点もあるかと思われます。 ...

車検の見積もり、仮予約のであれば、キャンセルできるか?

具体的なやりとりを確認できていませんが、 ご自身では「本予約ではなかった」旨記載されていますが、法律上、仮予約・本予約というものが明確に定義されているわけではなく、損害賠償義務が生じるか否かを具体的に検討する必要があります。 一般的に...