誘引事故を単独事故扱いにされています。

単独事故扱いにされた場合には、相手方の保険を使うことは難しくなるでしょう。 相手方がいたからこそ起きた事故であること、自転車がいなければ起きなかった事故であることを強く主張しましょう。 あなたの保険に弁護士費用特約はついていませんか?...

執行猶予中の人身事故 相手は足の指を骨折

こんにちは 足の指の骨折がどの程度のものなのかはわかりませんが、長期間の入院が必要な怪我ではないこと、また、信号無視も故意ではなく特段悪質な事故態様とはいえないこと、交通前科がないことを考えれば、おそらく罰金刑になると思われます。 ...

交通事故の加害者です

相手の怪我の程度が全治2週間程度、人身・物損ともに示談成立済み、取調べで反省を伝えた、前科・前歴なしという事情からしますと、起訴猶予となる可能性も十分あると思います。

物損事故の請求について

相手の同意があれば可能です。その場合、毎月いくらの何回払いという話になると思いますので、支払方法などと併せて確認しておいた方が良いと思います。

交通事故 被害者請求

①被害者請求は書類さえ整えれば可能です。減額されるかどうかは自賠責調査事務所の判断なので何とも言えません。明らかに過失が高い自己類型でなければされないと思います。 ②交通事故紛争処理センターや訴訟を検討してみてはいかがでしょうか・

駐車場で他人の車に自分の車をを擦ってしまいました。

あなたからの事故の申告を受け、おそらく警察が被害車両の所有者を調査し、被害者に連絡するものと思われます。警察から連絡があったら、しっかり対応しましょう。 また、あなたとしては、あなたが加入している任意保険会社に速やかに事故の連絡をし...

バイクと自動車の右直事故(無保険)

息子さんに就職を急がせる。 金利の低いところからキャッシングをする。 息子さんに支払い計画書を作成させる。 親は、関与しないほうがいいですよ。 親にほこさきが向けられるといけないので。

示談書の口外規定範囲に警察は含まれますか?

1については、警察官次第だと思います。 2については、口外禁止の約束をし、警察官が第三者から除外されておらず、正当な理由のない限り等の留保がないのであれば、警察官に開示することは、口外禁止条項に違反していることになるので、問題になると...

判決後の再審請求について

再審という制度は存在しますが、現実問題としては認められる可能性は極めて低いと思います。 また、刑事事件と民事事件は別の手続です。 民事事件は損害賠償の請求ですが、保険会社が示談をして支払っているなら、そもそも裁判にはなりません。

事故で任意保険がない場合の相手の車の修理代の相場や一括での支払いが困難な場合どうしたらいいでしょうか

支払方法も検討事項ですが、そもそも相手の請求額が妥当なのかについても検討を要するかと思います。事故態様に基づく過失割合、修理代の相当性(不必要な部分の修理が含まれていないか、各箇所の修理金額は相当か)などの精査することにより、あなたが...

交通事故における保険の適用

会社が従業員が業務中に私用車を使って事故を起こした場合にもカバーされる保険に加入しているかによって会社の保険が使用できるか決まります。 ご記載のような内容ですと、今回のような事故はカバーされない保険だったのかもしれません。 具体的状...

煽り運転をしてしまった

近時創設された妨害運転罪に該当する行為として刑事事件で捜査•起訴される可能性があります。また、行政処分として免許取消しとなる可能性があります。 煽り運転は社会問題化し、道路交通法の改正等がなされるとともに、政府や警察のホームページ等...

お店の看板にぶつかってしまった

器物損壊にはなりません。 損害と言えるほどの損傷はなかったのでしょう。 相手は、なにも気に留めていないでしょう。 かりになにかあったとしても、忘れているでしょう。 私見ですが、あなたも忘れたほうがいいでしょう。 あなたの心の中での謝罪...

物損なしの事故での請求

車体外部に損傷がないのであれば、車体内部に影響が及ぶことは考え難く、払う必要はないと考えられます。「物損にもなっていないので現時点ではほかになにかこちらのバイクの衝突により損傷が発生したという証拠がない限り拒否させて頂きます」という返...

交通事故解決期間について。

交通事故事件は消滅時効が3年ということもありますので、5年、10年もかかるケースはかなり稀です。どのような事案か分かりませんが、解決までそれほど時間はかからないと思います。

損害賠償額が決まるタイミング

見積額でも請求可能ですし、実際に支払いがなされた段階でも請求可能です。ただ、見積額で支払った後に、実際に要した費用を確認するのは難しいと思います。修理しないという可能性もありますので。

自己破産の対象かどうか

匿名A先生と同じく、状況があまりよく分からないですが、弁護士が受任しているのであれば、その弁護士としては自己破産の見通しがあってのことなのではないでしょうか。 ただ他に債務がなく、賠償金額が50万円である反面、ある程度の収入・財産が...

人に怪我をさせました

請求書と領収書の写しが送付されるのを待つことになるでしょう。 治療費、交通費、休業損害、慰謝料の合計額になるでしょう。 過剰請求の疑いがあれば、弁護士に見てもらうといいでしょう。

会社所有の会社車両に乗っての従業員同士の事故

相談にご回答いたします。 1.代位求償について  おそらく同僚の方は、車ないしご自身が契約する人身傷害保険というものを使い、治療をしたのだと   思います。  人身傷害保険を使った場合、保険会社は、同僚が相手方にもつ損害賠償請求権を...

これはやはり当て逃げになるのでしょうか?

ぶつけてしまった相手の方との関係では、事故を申告してますので、いわゆる当て逃げにはならないと思います。 もっとも、法律的には、物損事故であっても、危険防止措置をとった上で、その事故を警察に報告しないことが当て逃げですので(道路交通法第...

自動車走行中、前方の自転車が転倒

相談者様が、通行の際、老人の側によって走行したとか、過度にクラクションを鳴らしたりしたなど、老人の走行を妨害するような行為がなかったのであれば、本件の場合、老人が自ら転んだ可能性が高いので、その場合は、非接触事故にあたらず、警察への届...

歩行者の方を自転車で追突する事故をしてしまいました。

本件では、相手の方が壁にぶつかった際の程度などが明らかではありませんが、高齢者の場合でも、数日経ってから痛みがひどくなることはあり得るので、その際には病院へ行き、警察に届けることが考えられます。 よろしくお願いいたします。

物損事故の加害者ですが…

それほど高額ではありませんね。 見積もりをもらってください。 人身は、自賠責で対処できる範囲でしょう。 保険会社に連絡しておくとといいでしょう。 おわります。

歩行者と自転車との接触事故

個人賠償保険に加入されているようですので、歩行者の怪我の程度が比較的軽微、歩行者に対する賠償対応がしっかり行われる等の事情があれば、起訴されない可能性もあると思われます。

フォークリフトの社内での受傷事故

被害者は、あなた及び会社に、損害を請求できますが、労災の申請をするのが普通です。 労災が、被害者に支払った金額は、いずれ、あなたに求償することになります。 慰謝料は、労災ではカバーできないので、あなたの負担になります。 いずれも過失割...