かとう ひさたか

加藤 久貴弁護士

弁護士法人安間・守田法律事務所

遠州病院駅

静岡県浜松市中区中央1-2-1 イーステージ浜松オフィス3階
対応体制
  • 後払い利用可
  • 初回面談無料
  • 休日面談可
  • 夜間面談可
  • メール相談可
注意補足

労働事件については初回相談を無料にて対応いたします。

◆◇即日対応,夜間・土日対応可◇◆どんな案件に対しても全力で取り組みます。お気軽にご相談ください。

どんな弁護士ですか?

◆ごあいさつ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
初めまして。
弁護士の加藤 久貴と申します。

私のポリシーは、何事にも全力投球することです。
重点取扱分野は、労働問題,相続問題ですが、
どのような分野に対しても全力で取り組みますので、お気軽にご相談ください。


◆経歴
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
2012年 3月 愛知県立千種高等学校  卒業
2016年 3月 金沢大学法学部     卒業
2017年 12月 予備試験        合格
2018年 3月 京都大学法科大学院   卒業
2018年 9月 司法試験        合格
2019年 12月 安間・守田法律事務所  入所
2020年 1月 同事務所 法人化


◆所属
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
静岡県弁護士会刑事弁護センター
同      子どもの権利委員会
同      刑事司法と福祉の連携のための委員会
刑事弁護フォーラム
日本弁護士連合会

どんな事務所ですか?

お客様のご相談内容に合わせて、各分野に強い弁護士が対応します
◆当事務所の強み
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
①各分野に強い弁護士の存在
弁護士の取扱業務は、年々複雑化しており、各分野の専門性が強く求められる時代です。
そのため、当事務所では、医師のように、特定の分野に特化すべきであると考えております。
それが【令和の弁護士】です。
そこで、当事務所の各弁護士は、特定の「注力分野」を持ち、他の分野の案件を扱う代わりに、注力分野を中心に業務をしております。
このような体制が整っているからこそ、特定の分野に対する圧倒的な量の知識や経験が各弁護士に蓄積され、各分野において、強い対応が可能となります。
また、各弁護士が注力分野にのみ集中して対応することで、迅速な対応も可能となり、年間500件以上の圧倒的な解決数を実現しております。
当事務所では、以下の分野に強い弁護士が在籍しております。
【離婚・男女問題】【交通事故】【労働問題】
【犯罪・刑事事件】【遺産相続】【債権回収】
【借金・債務整理】【企業の顧問業務】

②複雑な法律問題もチーム対応が可能
トラブルの中には、様々な分野の問題が複雑に絡み合ったものも存在します。
このようなケースでは、特定の分野しか対応できない事務所では、適切な対応は難しいです。
しかし、当事務所には、複数の弁護士が所属しております。
複雑な法律問題に対しても、弁護士がチームを組み、迅速かつ適正に対応することが可能です。

③他士業との連携によるワンストップ解決
トラブルの中には、他の専門家の協力が必要な問題もあります。
そこで、当事務所では、他士業との連携を強化しており、ワンストップで解決を目指します。
【連携している他士業】
税理士|社会保険労務士|司法書士|行政書士|弁理士

【ホームページ】
http://www.anma-morita-law.com/

お気軽にご相談ください。


◆住所
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
静岡県 浜松市中区中央1-2-1 イーステージ浜松オフィス3階

事務所の特徴

  • 完全個室で相談
  • バリアフリー
  • 駐車場あり

こんな相談ならお任せください

◆重点取扱分野
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
​【労働問題】
〇解雇   会社から解雇されてしまった。
      不当なのか正当なのか判断したい。

〇残業代  会社が残業代を支払ってくれない。
      タイムカードがない。出勤簿がでたらめ。
      「君は管理職だから。」「出来高制だから。」と言われる。

〇労災   会社や現場で事故に遭ってしまった。
      会社が労災申請をさせてくれない。
      労災保険は受給したが、補償が足りない。
      会社側からの賠償提示額が適切なのか知りたい。


【遺産・相続】
〇遺言作成 自分の死後に備えて遺言を書きたい。
      自分の後継者が問題なく会社を継げるように準備したい。

〇相続調査 相続財産に何があるのかよく分からない。
      親族が多くて、相続人が誰なのかよく分からない。

〇遺産分割 遺産分割の話合いがうまくいかない。
      兄弟が被相続人の預貯金を使い込んでいる。
      不動産を共同で売却したいが、歩調の合わない相続人がいる。

〇遺留分  被相続人の遺言で、他の相続人が全財産を持って行ってしまった。
      多額の生前贈与があり、遺産がほとんど残っていない。
電話でお問い合わせ
053-401-2017
時間外

※お電話の際は「ココナラ法律相談を見た」とお伝えいただくとスムーズです。