売主自身のトラブルを訴えられますか。

積極的に嘘をついている点を捉えているのかもしれないですね 告知義務違反という迷惑かどうかはさておきですが 嘘をついていることについて,説明を追求し,謝罪を求めることはできるかもしれません。

アパートの駐車場の私物について

現実に倒れて来てなんらかの被害が生じたら、 是正措置を求める正当な理由がありますが、 現段階では、受忍限度の範囲内と、見られる でしょう。

家賃の取り立てはどの程度が普通なのでしょうか?

いまだにそのような取立て方法をしてくる管理会社があることは残念ながら散見されます。 絶対に違法とは言いにくいですが,裁判で違法だと判断されても仕方ないくらいの行為に思えます。 ただ,だからといって今から何かできるかというと,なかなか難...

持ち家と生活保護について

地元の社会福祉協議会で、リバースモーゲージ制度を 相談して下さい。 協議会が、担保に取って、毎月生活費を貸し出してくれます。 担保割れになると、所有権は、協議会に移転しますが、その とき、生活保護を申請すれば通ります。その後、 同じ場...

住居の問題について。

壁を破ったのは今からどのくらい前のことでしょうか。 壁を破って以降、今日に至るまで、ある程度のお日にちがたっているならば 少なくとも今日までの間は不法占拠にならないですよ。 ただ…壁を破ることが器物損壊になるのは事実です。 とはいえ、...

国有地に住んでいるが、このまま安全に住めるかわからない。

それほど心配する必要あはりません。借主はかなり強力に保護されているため,不当に高い賃料などへの契約条件の変更は簡単ではありませんし,「追う」のも正当事由が必要でありかなり難しいのです。 周辺の土地をまとめて購入したいという人がいるので...

不法占拠占拠に当たるでしょうか

水時計さん 追記拝見いたしました。 お父様がお亡くなりになっている以上はその相続人の方が 貸主たる地位を相続しているので、 荷物置き場としての期間は十分に経過しているので 退去してください とお願いすれば証拠がなくても大丈夫です。 ...

賃貸の部屋に業者がきて粗雑な扱いを受けた。大家が取り合ってくれない場合、業者を変更することは可能か。

失礼しました。質問を読み違えていました。 大家さんから暴言を吐かれるのですね。 指定の業者でないといけないかどうかは契約内容によります。契約書にそのような記載がない場合には特にどの業者に頼まないといけないということは法律上はありません。

親からの嫌がらせに困っています

法律的には、判決を取る方法になるでしょう。 父親に対し、移転登録手続をせよ、という判決が 必要でしょう。 真実の所有者があなたであることは証明できるでしょう。

親族から親父がした使用賃借について

相続放棄をするのが良いでしょう。 お父様が亡くなられてから3ヶ月以内であれば問題なくできます。 3ヶ月以上経過している場合でも,実務上は相続放棄が認められることも多くありますので,弁護士に一度ご相談ください。

レオパレス家賃について

対象物件ですかね。 連絡が来てるでしょう。 対象物件なら家賃の支払いを留保してもいいでしょう。 紛争が解決するまで、支払を留保しますと内容証明を 出しておくことですね。

シェアハウス保証金返金について

契約書を見ないとわからないですね。 原状回復についてどんな事が書かれているのか、 また部屋の状態も見ないとわかりませんね。 ベテランの貸し主は、ビフォーアフターの写真を 撮ってますね。 また修復の見積もりも取ってますね。

犬に噛まれた怪我をした

完治までの期間と実通院日数でおよそきまりますね。 だいたい交通事故の場合を参考にします。 2週間だと15万くらいでしょう。 犬のほうもあるので、5万くらいは加算していいでしょ う。

借りているアパートの建て替え

限度を超えると言うより正当な要求でしょう。 本件の場合は、転居費用は大家さんの負担になりますね。 賃貸期間中であること、解約申し入れについて期間が守ら れていないこと、解約に正当な理由があるかどうか定かで ないこと、大家さん側の事情を...

高額な修繕費を払わされている件

瓦の修理等について,請負契約であると思われますので,瑕疵修補請求や損害賠償請求,あるいは完全履行を求めることができるかと思われます。 とはいえ,人間関係の絡む問題ですので,第三者視点からはそう言えるのですが…。 まずは工事の契約書な...

不動産売買決済の問題

預金小切手は、銀行が支払を保証しているものですから、 現金と同一視してよい、ことになっています。 したがって、相手の弁済方法としては有効な弁済になり ます。

ウィークリーマンションの契約内容についてです

禁煙を契約したのに喫煙を割り当てられたということになれば,賃貸借目的物が契約内容に適合しておらず,現行法でいえば不完全履行あるいは履行遅滞,もしくは契約不履行ということになります。 この場合には,契約の解除や,損害賠償請求をすることが...

賃貸借契約の契約期間内の再契約について

原則は、家賃だけさげた契約書作成で、その他は従前通りですね。 その際、合意があれば、他の点についても変更は可能です。 したがって、あなたに不利益な変更部分は応じなくていいですね。 また事務手数料の請求根拠はないですね。