たかしま ひでゆき

高島 秀行弁護士

高島総合法律事務所

東京都港区虎ノ門1-11-7 第2文成ビル902
対応体制
  • ◎分割払い相談可能
  • ◎後払い相談可能
  • ◎休日相談可能
  • ◎夜間相談可能
注意補足

電話・メールでの無料法律相談は受け付けておりません。遠方の方は、電話・メールでも相談を受けますが有料となります。 ご不明な点はメールでお問い合わせください。

【弁護士経験24年】【メディア掲載・書籍多数】 【顧問先30社以上】【相続・遺言関連書籍出版】【年間相続案件20件以上】ベテラン弁護士と若手の優秀な弁護士で多様なニーズにお応えします。企業法務、相続問題でお困りの方は是非一度ご相談ください!

どんな弁護士ですか?

◆ 理念・志
━━━━━━━━━━━━
私は弁護士歴24年の経験を持ち、法人・個人向け幅広い分野を取り扱っています。
主な成果として、審理段階で裁判官が通らないと言っていたこちらの主張を最終的に判決では認めさせることができ勝訴したケースが2件あります。裁判所や相手方が何を言おうと、それが法律上や事実認定上正しいと考えられ、依頼者の方のためになるのであれば、正しいと主張して行くことを常に心がけているのでこのような成果が生まれます。
しかし、ただ闇雲にご依頼者様の方に都合のよい主張をしては、かえってご依頼者様の方に不利になってしまいます。ご依頼者様の方のためになることは何なのかをご依頼者様の方と共に考えて案件に当たっています。
こんなことで弁護士に相談してもいいのかなとお悩みの方、一人で悩んでいても何も解決しません。そんなときはお気軽にご相談ください!

◇心がけていること

1.分かりやすく説明する
なるべく法律用語を使わず、どんな人が聞き手でも理解できる単語を使って説明することを心がけています。

2.簡潔に説明する
何が争いになっていてどういう観点でこちらが主張しているのか、短く簡潔に伝えます。

3.1回1回手紙やメールで報告する
「この訴訟のポイントはこうです。」というように内容を端的に、要点をおさえた文面での報告を徹底しています。

◆ 経歴等
━━━━━━━━━━━━
昭和40年生まれ
昭和63年3月
平成6年4月
平成6年4月〜平成11年3月
平成9年7月〜平成11年3月
平成8年12月~現在
平成12年6月~平成20年3月
平成14年1月~平成20年3月
平成25年3月~現在

茨城県下館市出身
慶應義塾大学法学部法律学科卒業

弁護士登録
第二東京弁護士会
民事介入暴力被害者救済センター運営委員会
第二東京弁護士会倒産法研究会
スポーツ法学会
第一東京弁護士会アウトソーシング研究班
同研究会班長
経営革新等支援機関(認定支援機関)

◇書籍
・「訴えられたらどうする!!」税務経理協会
・「企業のための民暴撃退マニュアル」税務経理協会
・「改正派遣法早わかり」税務経理協会
・「スポーツの法律相談」青木書院・共著

◆ メディア掲載等
━━━━━━━━━━━━
2017年 1月 TOKYOFM「中西哲生のクロノス」「印鑑の話」
2015年 10月 フジテレビあしたのニュース「野球賭博」
2014年 10月 TBSドラマ「女はそれを許さない」監修
2014年 7月 フジテレビスーパーニュース「ネット通販トラブル対策は?」
2014年 1月 TBS「最凶サギの手口ワースト10」
2013年 10月 月刊テーミス「「松竹」迫本社長を襲った創業ファミリーの脱税疑惑
2013年 2月 アサヒ芸能「板東英二悪質すぎる脱税指南本」
2011年 9月 TBS「NEWS23クロス」「切れるか…芸能界の‘黒い交際'」
2011年 10月 TBS「ひるおび」「東京都暴力団排除条例施行
2011年 10月 週刊ポスト「暴排条例企業対策マニュアル」
2010年 5月 ビジネス弁護士大全2005、2006、2007、2011
2009年 12月 NHK7時のニュース「相撲協会と暴力団」
2005年 10月 噂の東京マガジン「緑のオーナー制度」
2003年 9月 ズームインスーパー 「アガリクスでがんが治る悪質商法の実態」
2003年 9月 日経新聞「夫婦で考える遺言」

どんな事務所ですか?

◆ 所在地・アクセス
━━━━━━━━━━━━
東京都港区 虎ノ門3分、内幸町5分、霞ヶ関5分、新橋10分の利便性の高い立地です。
明るく相談しやすい雰囲気の事務所です。

◆ 事務所としての総合力
━━━━━━━━━━━━
30社の顧問先があります。
弁護士経験20年以上のベテラン弁護士と、優秀な若手弁護士で多角的に事案を分析します。

◆ 強み
━━━━━━━━━━━━
当事務所では、相談者の方が相談しやすいという当たり前のことを意識して業務を行うようにしています。
相談しやすいというのは、弁護士からの説明がわかりやすく、相談者の方が弁護士に対して話しやすいということだと考えています。
弁護士に相談しているのに、自分のわからない点を聞けないのであれば相談の意味がありませんし、弁護士に聞いたのに、その説明がわからなければやはり相談の意味は無くなってしまいます。
また、弁護士に相談しているのに、相談者の方が自分の置かれた状況が、有利なのか、不利なのか、五分五分なのかがわからなければどうすべきか判断することができません。
それにもかかわらず、相談者に聞きますと、説明がわかりにくく、話しにくい弁護士は意外に多いようです。
そこで、当事務所では、相談者への回答は、なるべくどういう方針でどうしたらよいか、どこに強みがあってどこが弱いか、依頼をする場合はいくら費用がかかるかを明確に説明するように心掛けています。
依頼を受けてからは、「相手に通知を出した」、「交渉をした」、「裁判があった」など何かあるごとにその内容を書類の写しなどをお送りしてご報告しています。
そのせいか、嬉しいことに、相談者の方には、これまで相談した他の弁護士よりも、説明がわかりやすく相談しやすいと言われることが多いです。
過去、テレビ、ラジオ、新聞、雑誌などメディアからの取材も多く受けてきました。
みなさん、法律相談をされるのであれば、説明がわかりやすく、話がしやすい当事務所にご相談ください。

事務所の特徴

  • 完全個室で相談
  • 近隣駐車場あり

こんな相談ならお任せください

著書も出しています

■重点取扱業務
◇企業法務
・顧問先30社以上

◇相続・遺言
・相続・遺言関連書籍出版
・年間相続案件20件以上

企業法務や相続問題でお困りの方は是非お気軽にご相談ください。

その他、当事務所は、個人の方のご相談から企業法務まで、幅広い分野の法律問題に対応しています。

■法人向け取扱業務
・訴訟、交渉、調停
・契約の締結
・取引のトラブル
・債権回収(売掛金、貸金、損害賠償請求権)
・弁済猶予、借金の整理、任意売却
・会社の再建、倒産
・労働問題
・不動産の売買、賃貸借
・会社組織、経営権争い
・民事介入暴力対策
・ベンチャー起業
・フランチャイズ
・スポーツ、エンターテイメント
・知的財産権(特許、著作権等)
・ゴルフ会員権、株式その他資産管理
・講演、研修
・原稿執筆
・顧問契約
・独占禁止法その他

■個人向け取扱業務
・訴訟、交渉、調停
・相続、遺産分割
・遺言、遺産整理業務
・高齢者の財産管理
・不動産の売買、賃貸借、マンション
・ゴルフ会員権、株式その他資産
・離婚
・借金の整理、破産
・債権回収(貸金、損害賠償請求権)
・事故

■顧問先や過去に多く手掛けた業界
不動産業、金融業、IT関連、映画ファンド、有名作家、広告代理業、病院、公益法人、第3セクター、フランチャイズ、飲食店、食品製造販売、医薬品製造販売、語学教室、アウトソーシング(請負・業務委託・派遣)、ゴルフ場、ゴルフ会員権業、中古車販売、アパレルメーカー、アミューズメント、引越、運送

法律Q&Aへの回答実績

総回答数

105

116

13

高島 秀行 弁護士が回答した法律Q&A一覧

電話でお問い合わせ
050-7586-2184
時間外

※お電話の際は「ココナラ法律相談を見た」とお伝えいただくとスムーズです。