不倫相手との接触に関する法的相談と効力について

弁護士に依頼予定であるというのであれば,こういった行動は弁護士としては避けて頂きたいです。  あなたが不貞相手と会うこと自体は何ら違法ではありませんが,得てして,不貞相手と直接会ってご記載のような事を要求する過程で感情的になるなどし,...

性的な欲求に対して、夫婦が負う義務の範囲について

いかなる事情があっても夫婦であれば常に性交渉に応じなければならないという義務までは認められません。ご記載の事情から検討する限り、【風俗に使う費用は家計から出すべき】という夫側の言い分は通り難いと思われます。なお、【夫が風俗などで発散し...

"セックスレスによる慰謝料請求についての法的助言を希望します"

セックスレスに関しては、慰謝料請求が認められる場合もあり得ます。ただ、寝室も別で日常会話も業務連絡程度で、夫婦としての共同生活の実態にかけているとして、そうした中で性交渉のみを求め続けるのは不当であるとし争う余地はあるように思われます...

離婚協議に関する法的アドバイスをお願いします。

1,不同意性行為ですが、4年もしていないなら、事件にすることは難しいでしょうね。 セックスレスの原因はなんですかね。 性格の不一致で、すでに離婚状態ですね。 2、モラハラがお互い様なら、相互に、慰謝料なしもありえるでしょう。 3,親権...

"再構築後の離婚と慰謝料についての相談"

>私自身が有責配偶者のため強くは出れないと思っているのですが、この状態で私からの離婚は可能なのでしょうか。 → 有責配偶者からの離婚請求については、「有責配偶者からされた離婚請求であつても、夫婦がその年齢及び同居期間と対比して相...

W不倫疑惑についての対応と離婚の検討について

肉体関係がなく不貞の事実がなければ、慰謝料請求が認めららないかと思われます。 実際に請求がなされたり、離婚調停に発展するような場合は弁護士に相談をされた方が良いでしょう。、

不倫の証拠をもとに慰謝料請求のタイミングについて考える。

時効の点が問題なければ請求自体はいつ行っても構いません。証拠が十分に揃っていれば家庭の状況を鑑みて請求時期をずらすことも可能です。 仮に別れていたとしても、不貞行為の事実が消えるわけではないため慰謝料の請求は可能でしょう。 不貞行...

再婚と就職についての通知義務についての質問

相手が守っていないからこちらも守る義務がないということにはなりません。 潜在的に働く能力があるのに、養育費をもらうためにわざと働いていないとなると賃金センサスをもとに収入が計算されるケースもあり得ますが一般的ではないかと思われます。...

不貞行為に関する証拠提出と慰謝料請求のタイミングについて

①あなたの気持の整理がついたときに慰謝料請求できます。 ②未成年者がいるのに有責配偶者の夫から離婚請求は認められないのが判例です。 相手女性に訴訟をしかけることで、まずは夫と女性が別れるきっかけになるかもしれません。また、裁判中の和解...

不貞行為の証拠収集についての相談

念のための補足ですが、多くの録音証拠があるようなのですが、仮に将来的に裁判をも視野に入れている場合には、録音と一緒にその内容を反訳した書面を提出する必要があります。(相応の手間と費用がかかり得るところです。) 画像関係についても、点と...

妻の不倫家庭崩壊慰謝料請求

相手の経済状態により,請求が認められる慰謝料の金額が変動するということはありません。ただ,現実的に回収が不可能な金額が認められたとしても意味はありませんので,相手の経済状態については考慮したうえで金額や支払方法を考える必要は出てきます...

モラハラ 養子離縁 離婚

ご質問ありがとうございます。 まずは、離婚の話を進める必要がありそうです。 養子縁組については、離婚に関連して解決することが多いですが、うまくいかない場合は、別途考える必要はあります。 離婚の種類は、大きく分けると、協議離婚(話し...

W 不倫発覚後の対応について

>双方の有責者は離婚を希望しています。が、被害者は拒否しています。 >この場合、私達(有責者同士)が関係を継続するのは難しいのでしょうか。 【更に厳しい誓約書】において課されているサンクションの有効性については別途検討を要しそうでは...

"会社でのいじめと性的被害に関する相談"

ご質問ありがとうございます。 方法としては、相手男性(上司)に対して、損害賠償請求の民事裁判をすることが考えられます。 ご記載のとおり、証拠の問題等がありますので、可能であれば、ご依頼になるかは別にして、 お近くの弁護士に直接相談...

不同意性交の証拠の集め方について

録音と日記でしょう。 性交に応じることを強制された事情が、看取できれば、不同意性交 罪になるし、慰謝料請求事由になるでしょう。 夫婦間でも、性交に応じなければならない義務はありませんね。

慰謝料発生するのでしょうか?

例えば、夫婦の一方が病気であったり、夫婦双方が性交に消極的であったりといった事情(正当な理由)がないのに、夫婦の一方が拒絶して話し合いにも応じないという場合には慰謝料が発生し得ます。なお、貴方が正当な理由に基づいて拒否しているのに、夫...

子供を連れて出て行きました

弁護士から連絡が来るか、あるいは家庭裁判所から調停の呼出状が来ることが予想されます。 置き手紙に弁護士から連絡が来ると書いてあったのであれば、今はその連絡を待つことが最良です。

離婚調停時の相手の答弁書はいつ届くものですか?

相手方に代理人弁護士が付いているようなケースでは、期日まえに届くことが多いかと思います。  他方、相手方が本人で対応する場合、期日前に提出することもあれば、期日当日に提出してくることもあります。書面を書くのが苦手な人はそもそも書面を提...