すずき あきら

鈴木 晶弁護士

横浜クレヨン法律事務所

神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町2-21-1 ダイヤビル303
対応体制
  • 初回相談無料
  • 休日相談可能
  • 夜間相談可能
  • 電話相談可能
注意補足

お電話でのご相談は短時間で回答できる内容に限らせていただきます。弁護士がヒアリングの上、必要と判断した場合には来所のご案内をさせていただきますのでご了承下さい。

【初回相談無料】【横浜駅徒歩4分】医療過誤・交通事故など身近な法律問題を解決してきました。医師等の専門家とも連携し、ポイントを押さえつつ最良の解決を目指します。横浜駅・元住吉駅・大宮にも出張相談所あり、ぜひご相談ください。

どんな弁護士ですか?

◆ 実績豊富。身近な法律問題、最良の解決を目指します
━━━━━━━━━━━━
これまで、交通事故や労使トラブルを中心に、身近な法律問題の解決を手掛け、実績を積み上げてきました。

◇これまでの実績(例)◇
・交通事故:通常、後遺障害として認定されないむち打ち症のケースについて、後遺障害等級12級を獲得しました。
・未払い残業代請求:フットワークを活かした対応で、1ヶ月に325万円を回収した実績があります。

近年では、検査結果の見落としや投薬ミスをはじめとする医療ミスの問題にも力を入れています。
依頼者様の不安なお気持ちに寄り添い、迅速に誠実に対応いたします。お困りの際はぜひご相談ください。

どんな事務所ですか?

◆ 医療過誤、交通事故に力を入れています
━━━━━━━━━━━━
横浜クレヨン法律事務所は、身近な法律トラブルについてのご相談を承っております。
特に医療過誤、交通事故に注力しており、専門的な知識を持った弁護士が在籍しております。
ご相談者様のお気持ちに配慮し、話しやすい雰囲気づくりに心がけています。
「こんなこと相談したら怒られるかな」などと思う必要はありません。お困りの際はぜひご相談ください。

◆ 万全の体制でお迎えします
━━━━━━━━━━━━
横浜クレヨン法律事務所では、依頼者様にご安心いただきたいとの思いから、以下の対応体制を取っております。

【1】電話相談やスカイプでのご相談も可能
【2】夜間の電話対応も可能
【3】ご指定の場所への訪問相談も可能
【4】お子様を含んだ問題は、状況と年齢を考慮し柔軟に対応
【5】医師など専門機関とも連携

◆ 初回のご相談は30分無料です
━━━━━━━━━━━━
はじめてのご相談は30分無料です。
ご心配なこと、心置きなくお話ください。

◆ 駅チカの良好なアクセス
━━━━━━━━━━━━
横浜駅より徒歩4分

◆ 横浜駅・元住吉駅・大宮に出張相談所あり
━━━━━━━━━━━━
横浜駅・元住吉駅・大宮にも出張相談所を設けております。
お近くの方でお困りの方は、出張相談所もぜひご利用ください。

事務所の特徴

  • 完全個室で相談
  • 近隣駐車場あり
  • 子連れ相談可

こんな相談ならお任せください

以下は取扱分野の一例です。
この他にも様々な案件についてご相談をお受けしております。お困りの際は、どうぞご相談ください。

◆ 医療問題
━━━━━━━━━━━━
「がん検診で本当は癌が写っていたのに、検査結果を見落とされた」など、医療をめぐるトラブルが近年、増えています。
一方、医療過誤が強く疑われるケースであっても、医師と患者との関係性を心配して、患者側から医師に実際のところを詳しく尋ねることをためらってしまう場合も多くあります。その結果、本来は医療ミスとして事件になるものであっても、表沙汰にならない問題も多いのが現実です。
こうした状況を変えるべく、当事務所では医療過誤に力を入れています。もしかしたら、と思ったら、一度ご相談ください。

◆ 交通事故
━━━━━━━━━━━━
「交通事故の示談金額、いくら受け取れるか?」実は結構差があります。
多くの場合、事故に遭われた被害者の方へ、相手方の保険会社から示談金についての連絡があることと思います。事故に遭われた心身のダメージ、お怪我の痛みなど、混乱されている状況で保険会社から示談金の提示・・・相手から言われた金額で示談してしまいたくなる気持ちはよくわかります。
しかし、ちょっと待って下さい。保険会社が提示する示談金額は、あくまで保険会社独自の基準に基づいています。この金額は通常、弁護士が示談交渉を試みた場合よりも低いことが大半です。
逆に言えば、弁護士にご依頼いただくことで示談金額が大幅にアップする場合もあります。交通事故に遭われた際は、ぜひ弁護士にご相談ください。

◆ 労働・雇用
━━━━━━━━━━━━
残業代が支払われないケースでよくある会社の言い分は「残業代は〇〇手当に含まれている」というものです。
しかし、仮に固定残業代・年俸制・日給・月給・歩合制等の給与体系であっても、青天井で残業させるのは違法である可能性が高いです。
言い換えれば、一定の時間を超えた分については、多くの場合、会社側は支払う義務があります。
給与体系と残業代支払い義務の有無については、実際にはケースバイケースであり、他の法律事務所では扱わない場合もあるようです。しかし、当事務所では望みがある限り依頼者様と共に戦います。
「残業代が支払われないのはおかしいのでは?」と思ったら、まずはご相談にいらしてください。
電話でお問い合わせ
050-7586-5899
時間外

※お電話の際は「ココナラ法律相談を見た」とお伝えいただくとスムーズです。