ありが ゆういち

有賀 祐一弁護士

弁護士法人アドバンス 大阪事務所

東梅田駅

大阪府大阪市北区梅田 1-11-4 大阪駅前第4ビル 22 F

対応体制

  • 法テラス利用可
  • カード利用可
  • 分割払い利用可
  • 後払い利用可
  • 初回面談無料
  • 休日面談可
  • 夜間面談可
  • 電話相談可
  • メール相談可
  • ビデオ面談可

注意補足

[土日祝日も対応可]ご来所のほか、電話・メール・オンラインでのご相談にも対応いたします。

お客さまひとりひとりの感謝の気持ちを、真摯に受け止め続けたい。

弁護士法人アドバンス大阪事務所所長の有賀祐一弁護士。とにかくお客さまへ誠実に接する方針です。そんな有賀先生に、これまでのご経歴や弁護士という仕事に対する想いについて伺いました。

01 弁護士を志した理由

映画「それでもボクはやってない」の弁護士の活躍に憧れて。

――有賀先生はどんな経緯で弁護士になられたのですか?
小学生の頃は、医者になりたかったです。自分が入院した時に、担当のお医者さんがすごく良くしてくれたから、自分もそうなりたいと思いました。高校生になり、映画「それでもボクはやってない」を観て、冤罪を晴らすために悪戦苦闘する弁護士に憧れました。地味なんですが、冤罪であることを信じて、泥臭く弁護をしていく姿が心に残りました。そこで、医者から弁護士へ将来の夢を変え、今に至ります。医者と弁護士に共通しているのは「人を助ける仕事に就きたい」という想いです。

司法試験は1度不合格を経験しています。落ちた理由を分析し、2回目で受かりました。この経験で、挫折から立ち直る強い心を身に付けられたと思います。

02 弁護士としての活動

1日にたくさんの人に感謝される弁護士という職業ですが、それに慢心せず、感謝に1件1件誠実に応えていきたい。

――これまではどういった案件を扱っていらっしゃったのでしょうか?
弁護士法人アドバンスは如何なる案件も対応できることを目指しているので、多面的に取り扱うことができます。私は大阪に赴任したばかりですが、東京でも大阪でも慰謝料を伴う離婚など男女問題が増えている印象があります。大阪は特に多いですね。また、債務整理も大阪は多いです。大阪は東京と同じく大都市圏なので、法人案件の数も多く、けっこう似た傾向があります。まとめますと、特に「男女問題」「債務整理」の経験は豊富です。


――最も印象に残っている案件はどういったものがありますか?
まず、破産で免責が決定した時のお客さまのお顔はとても印象的です。肩の荷がやっと下りたというお顔ですね。破産は「おそらく免責決定出ますよ」といくらお客さまに伝えても、実際に免責されるまで皆さん不安なんですよね。「大丈夫です。きっと免責決定が出ますよ」と安心できるような言葉を何度もかけることを心がけています。また、破産と直接関係ない別の話をすることもありますね。幾分かそれで気が紛れますので。大事なことは、ずっと話しかけてあげる――ということだと思っています。

次に、既婚者の男性と不貞(浮気・不倫)を働いてしまった女性が、相手方の奥さまに訴えられてしまった案件がありました。この場合、慰謝料の半分は、男性にも負担させることが法律上はできます。ところが、その男性が女性を脅すようになってしまったんですよね。「俺に金を半分払わせるなんて言うな」という内容です。そこで、私が提案したのは「男性は、お金は負担しなくて構いません。その代わり、もう2度と女性に会わないでください」という和解案でした。

女性は、お金は自分が全額負担することになりましたが、この結論を大変喜んでくれました。弁護士としての報酬はもちろん減ってしまうのですが、私はこの決断がベストだと判断しました。「報酬を捨ててでも解決しなければいけない、本質的な問題がある」ことを学びました。


――やりがいを感じる時は、どんな時でしょうか?
どんな仕事も人に感謝される瞬間は多々あると思いますが、弁護士は、お客さまが人生を左右される大きな相談をされにくる場合が多いので、受ける感謝のパワーが強めです。紛争を解決し、お客さまに感謝された時に、弁護士をやってて良かったなと感じます。そして、その感謝に慢心することなく、お客さまひとりひとりと丁寧に接していきたいです。受ける感謝の度合いが強いということは、その分、弁護士側の責任も大きくなります。もし、失敗した場合には、感謝の逆の感情もおのずと強くなりますから。兜の緒は毎日締め直しています。


――少しお仕事の話から離れますが、趣味や日課などはありますか?
食べることが好きなので、大阪で本場の「串カツ」や「お好み焼き」が食べられて幸せです。温泉も好きで、東京にいる時は箱根などへよく浸かりに行っていました。また、銭湯巡りが趣味です。東京では、新宿区の銭湯はほぼ全て巡りましたね。熱い湯船に入るのが快感なんですよ。湯舟から上がったら牛乳も欠かさず飲みます。

ラーメンも好きです。東京では家系ラーメンが好きでした。大阪はラーメンのイメージがあまりないので、現在、美味しいラーメンを求めて探索中です。

今後は、ゴルフに挑戦しようと思っています。中学生の頃、父の打ちっぱなしに連れて行ってもらっていたので、元々興味はあるんですよね。

好きな言葉は、山本五十六の「やってみせ 言って聞かせてさせてみて 褒めてやらねば人は動かじ」と「乾坤一擲」です。「乾坤一擲」は漫画「花の慶次」で知りました。医者も「それでもボクはやってない」の弁護士もそうですが、かっこいい男に憧れてしまいますね。

03 弁護士として心がけていること

ちょっとでも案件が進んだらお客さまへ連絡。

――弁護士として心がけていることはありますか?
まず、お客さまの話をよく聞き、本当の解決を目指すことですね。「お金がほしい」と言っているけど、実は「謝ってほしい」が本音だった――などということがよくあります。そのためには話をよく聞かなければなりません。お客さまによって多少の差はつけますが、固すぎず、柔らかすぎずのコミュニケーションを心がけています。

次に、現況のこまめな連絡ですね。お客さまにとっては「連絡が無い」のが一番困ります。よって、少しでも進んだら、必ず連絡を差し上げるようにしています。正直、手間は増えるんですが、何らかの連絡が来ると安心されるお客さまが大半です。


――ご自身の弁護士としての強みはどこだと思いますか?
2つあって、1つは「人と仲良くなるスピードが早いこと」です。壁を作らないようにしていますし、知り合って間もないけど飲みに誘ったりするのは、昔から決まって私でした。2つめは「人に教えることが好き」ですね。学生時代には塾講師のアルバイトもしていました。「どうやってわかりやすく依頼人に伝えるか?」をいろいろ考えて、実践しています。視覚的な表現だとわかりやすい――ということは経験から分かってきたので、図や絵を描いて、お客さまに見せることが多いです。やはりそちらの方が断然理解が早いですね。法律の話は難しいので、文章や口頭だと理解に限界があるのですが、図や絵を使うとそれらよりは分かりやすく伝えることができます。

04 目指す方向性

好奇心を忘れずに挑戦していきたい。

――今後積極的に取り組んでいきたいことはありますか?
弁護士1年目で大阪事務所の所長という大役を仰せつかりました。今はやる気充分ですが、このやる気をずっと忘れず、いつまでも好奇心を持って、いろんな案件に挑戦していきたいと思っています。弁護士法人アドバンス大阪事務所の知名度を上げるために、頑張っていきたいです。

具体的には「残業代請求」案件が増えてきているので、これには注力していきたいです。また、会社が新しい事業を始めるにあたっての法律的な相談も増えてきています。こちらにも力を注いでいこうと思っています。早朝、深夜、土日祝日も、お客さまのご要望があれば、事務所を開けます。やる気充分の弁護士法人アドバンス大阪事務所をよろしくお願いいたします。
電話でお問い合わせ
050-7586-2485
受付中

※お電話の際は「ココナラ法律相談を見た」とお伝えいただくとスムーズです。