こむら よしゆき

小村 良之弁護士

北・小村法律事務所

長崎県長崎市築町5-16 異人堂ビル4階
対応体制
  • 初回面談無料
  • 休日面談可
  • 夜間面談可

最善の解決に向けて、スピード感を持って、戦略的に、対応します。納得のいく内容と費用となるよう心がけていますので、まずはお気軽にご相談ください。

どんな弁護士ですか?

◆ 心がけていること
━━━━━━━━━━━━━━━
【1】納得のいく解決を目指す
これまで、離婚男女問題、交通事故、遺産相続、労働問題、企業法務を中心に、さまざまな法的問題の解決に取り組んできました。
私は、どのような内容のお悩みであっても、まずは親身になって話を伺い、相談者の方のニーズをきちんと把握するよう努めています。
その上で、ニーズに沿って交渉等を行うことで、納得のいく解決を目指します。


【2】初回相談のときに今後の目標と戦略を提示
初回相談時に、お伺いした話をもとに、目標にすべきだと考える解決内容をお示しした上、その解決へ向けて今後とるべき戦略をご提案させていただいております。
そして、ご提案させていただいた内容をじっくりとご検討いただき、ご納得いただけた場合にのみご依頼をお受けしております。


【3】スピード感のある対応
ご依頼いただいた後は、できる限りスピード感をもって(戦略上あえて時間をかけるべき場合は時間をかけて)対応することにより、時機を逸することなく最善の解決を目指します。


◆ 所属/略歴
━━━━━━━━━━━━
◇所属
長崎県弁護士会

◇学歴
2009年3月 長崎県立長崎西高等学校 卒業
2013年3月 九州大学法学部 卒業
2015年3月 九州大学法科大学院 修了

◇職歴
2017年 弁護士法人デイライト法律事務所へ入所
2020年 北法律事務所(現 北・小村法律事務所)へ参画

どんな事務所ですか?

異人堂さんが入ったビルの4階です。
◆ 事務所の特色
━━━━━━━━━━━━
◇地域に密着した事務所
当事務所は気軽にできる、地域に根差した弁護士事務所です。
長崎の方々のために、日々尽力しています。

◇専門性を追求しています
取扱い分野を絞ることで、専門性の獲得を追求しています。
そのため、刑事事件や借金問題等については原則として取り扱っておりませんが、取扱分野に関しては専門性を追求し、質の高い法的サービスの提供に努めています。


◆ アクセス
━━━━━━━━━━━━
◇バス
「中央橋」バス停から徒歩1分

◇路面電車
「浜の町アーケード駅」、「西浜町駅」から徒歩2分

◇電車
「JR長崎駅」から徒歩15分

事務所の特徴

  • 完全個室で相談
  • 近隣駐車場あり
  • 子連れ相談可

こんな相談ならお任せください

新型コロナ感染防止対策を行っております。
◆ 離婚・男女問題
━━━━━━━━━━━━
・配偶者に会うことなく離婚したい
・配偶者から離婚を請求された
・親権を取りたい
・養育費を請求したい。養育費を払ってもらえない。
・慰謝料を請求したい(された)
・財産分与を請求したい(された)
・配偶者が生活費を払ってくれない


◆ 交通事故
━━━━━━━━━━━━
・交通事故に遭ったが、今後の手続きをどうしたらよいかわからない
・相手方、保険会社とのやりとりに苦痛を感じる
・後遺症の認定を受けたい
・後遺障害が認定されたものの、等級が妥当か分からない
・過失割合を提示されたが、妥当かわからない
・保険会社から一方的に治療の打ち切りを通告されてしまった
・保険会社から提示された賠償金額が妥当かわからない、金額に納得できない


◆ 相続・遺言
━━━━━━━━━━━━
◇相続発生前
・面倒を見てくれた子供に、遺産を多く遺したい
・子供たちが揉めないように、遺言書を作成しておきたい
・自分が亡くなった後の、会社の引継ぎなどの段取りを決めておきたい

◇相続発生後
・連絡の取れない相続人がいる。
・感情的になり、話ができない相続人がいる
・他の相続人が、遺産の内容を明らかにしてくれない
・遺産がどれくらいあるのかわからない
・遺産分割に関する話し合いがまとまらない
・他の相続人が生前に不動産をもらっていた事実を考慮したうえで遺産分割したい
・他の相続人に遺産を全て相続させるとの遺言書が見つかったがどうすればよいか
・相続放棄をしたい


◆ 労働問題
━━━━━━━━━━━━
◇労働者側
・未払いの残業代を請求したい
・労災請求をしっかりしたい。会社からの十分な補償がほしい
・会社から解雇された。会社から退職勧奨を受けている
・会社を退職したいがやめさせてくれない

◇使用者側
・問題社員がいるが、どう対応してよいかわからない
・解雇した従業員から訴えられた
・退職した社員から多額の残業代を請求された


◆ 企業法務
━━━━━━━━━━━━
・契約書や就業規則をチェックしたい
・取引先が売掛金を支払ってくれない
・解雇した従業員から訴えられた
・商標登録をしたい
・顧客からのクレームに、どのように対応すべきか相談したい
・会社に法務部門がなくリーガルチェックが、不十分となってしまっている
・新規ビジネスを立ち上げる際に適法かどうかわからない
電話でお問い合わせ
050-7586-6011
受付中

※お電話の際は「ココナラ法律相談を見た」とお伝えいただくとスムーズです。