しゅどう てつし

首藤 哲伺弁護士

弁護士法人品川国際法律事務所

東京都品川区東五反田4-7-27 フィンチビル4F
注力分野
対応体制
  • ◎クレジットカード利用可能
  • ◎分割払い相談可能
  • ◎後払い相談可能
  • ◎初回相談無料
  • ◎休日相談可能
  • ◎夜間相談可能
  • ◎電話相談可能

【弁護士直通電話・LINEあり】【初回相談無料】【夜間休日対応可】【全国出張可】依頼者の方と密に連絡を取り合い、即返信、スピード対応いたします。ご相談をいただきましたらじっくりとお話を伺い、丁寧にご説明いたします。まずはご連絡ください。

どんな弁護士ですか?

丁寧にお悩みをお聞きします。

◆ 理念・志
━━━━━━━━━━━━
◇ご連絡には即返信、スピード解決を目指します!
今まさに法律問題に巻き込まれていてお困りの方の不安を少しでも取り除けるように、ご連絡をいただきましたら素早く返信、なるべく即時に動いております。
休日夜間、出張訪問も可能です。若さを活かし、フットワーク軽く問題解決にあたります。

お悩みの方は初回相談は無料ですのでお気軽にご相談ください。

◇弁護士になったきっかけ
弁護士首藤哲伺は、東京都大田区生まれ,大田区育ちの弁護士です。
高校生の頃,「クロサギ」という漫画をきっかけに法律の世界に興味を持ち,大学でも法律相談サークルに入りました。
大学時代,法律相談サークルの活動を通して,困っている方の悩みを法律で解決することにやりがいを感じ,ロースクールに進学。2016年9月,司法試験に合格しました。

その後,2017年から1年間福岡で司法修習を過ごし,2018年1月に弁護士登録。2019年11月から品川国際法律事務所に入所しました。

弁護士になってからの2年弱は交通事故と刑事弁護(特に痴漢事件)を集中的に取り組んできました。

弁護士としては若手と呼ばれる年齢ではありますが,丁寧な説明と徹底したリサーチをモットーに,ベテランと呼ばれるような弁護士,検察官,裁判官も説得できるような書面を作成できるよう心がけております。
まだまだ若輩者ではありますが,何卒よろしくお願い申し上げます。

◆ 略歴・所属
━━━━━━━━━━━━
◇学歴
2009年3月 都立富士高等学校  卒業
2010年4月 立教大学      入学
2014年3月 立教大学      卒業
2014年4月 中央大学法科大学院 入学
2016年3月 中央大学法科大学院 卒業

◇経歴
2018年 1月 都内法律事務所勤務
2019年11月 弁護士法人品川国際法律事務所 入所

◇所属団体・役職等
東京弁護士会
新進会員活動委員会
活動領域拡大委員会

◆ 活動履歴
━━━━━━━━━━━━
◇著書・論文
2019年 2月
LIBRA(東京弁護士会会報)2019年2月号 「弁護士らしさ」
https://www.toben.or.jp/message/libra/pdf/2019_02/p43.pdf

◇講演・セミナー
2018年 10月
地域住民向け法律口座
高齢者の方の交通事故について解説しました。
2019年 8月
法曹親和会夏季合宿研修会「最新の債権回収~民事執行法の改正から仮想通貨まで~」
仮想通貨の差押えについて解説しました。

◇所属団体・役職
2018年 4月
活動領域拡大委員会・サービシング部会
弁護士の活動領域を広げるべく活動しております。

◆ 趣味・特技
━━━━━━━━━━━━
出身地:東京都
血液型:O型
趣味:漫画,温泉巡り,映画
特技:将棋
好きなスポーツ:水泳,登山,相撲
好きな言葉:ブルーオーシャン
好きな本:バーティミアス
好きな映画:ファイティングクラブ
好きなアート:バンクシー
好きな場所:屋上
好きな食べ物:シュークリーム
好きなペット:芝犬

どんな事務所ですか?

弁護士法人品川国際法律事務所は、交通事故・企業法務・スペイン語,ポルトガル語関連法務・芸能案件を中心としつつ、一般民事・刑事事件・LGBT案件等を幅広く取り扱う国際的な法律事務所です。
近年では、弁護士数の激増で既存の弁護士が既存の市場を奪い合っている状況にあるため、当事務所では、新たな市場を切り開き、新しいニーズを見つけ、専門的なサービスを提供することに重きを置いています。
具体的には、日本在住の外国人への手厚いサービスや、交通事故の後遺障害を専門的に扱うために弁護士と医師の連携を図るなど、積極的に様々な取り組みをしています。

◆ 所在地・アクセス
━━━━━━━━━━━━
◇電車をご利用の場合
①都営浅草線 高輪台駅 A2番出口より 徒歩6分
②JR・都営浅草線 五反田駅より 徒歩7分
③東急池上線 五反田駅より 徒歩9分

利便性の高い場所に事務所を構えています。

◇お車でお越しの場合
近くに駐車場がございます。

◆ 事務所としての総合力
━━━━━━━━━━━━
◇外国人の交通事故問題はお任せください
外国人が日本で交通事故に巻き込まれた場合,日本人よりも多くの問題を抱えることがあります。「保険会社とコミュニケーションが取れない」・「治療のために帰国したいが大丈夫だろうか」・「休業が続く場合に補償してもらえるだろうか」・「外国人であることを理由に損害賠償金を不当に低くされていないだろうか」といった,数々の疑問や不安を感じる方がほとんどです。外国人の事件を扱ったことがない弁護士や、示談交渉が認められていない行政書士などに相談してしまい、問題が複雑化するケースも多く存在します(行政書士が交通事故の損害賠償交渉をすることは違法行為であり、法律で禁じられています)。
弁護士法人品川国際法律事務所は、開所当初から「外国人の交通事故」を集中的に取り扱い、韓国・中国・中南米・西アジア出身の方々の事件を解決して参りました。
外国人の交通事故は、経験豊富な当事務所にぜひご相談ください。

交通事故に関してはムチ打ち・後遺障害および死亡案件に力を入れており,協力医師や被害者専門の医療調査会社と連携の上、高度で専門的な対応を常に追求しています。

◆ 対応体制
━━━━━━━━━━━━
ご依頼に応じて土日祝日も柔軟に対応いたします

事務所の特徴

  • 完全個室で相談
  • バリアフリー
  • 近隣駐車場あり
  • 子連れ相談可

こんな相談ならお任せください

◇重点取り扱い分野
交通事故、刑事事件、企業法務

交通事故事件や外国人の方の関係する事件に力を入れています。
特に、交通事故については、外国人からのご相談内容の圧倒的大多数が交通事故であったため、必然的に経験数が蓄積され、現在は「後遺障害案件」「異議申立事件」「死亡案件」などの人身交通事故を集中的に取り扱っており、自信のある分野です
また、オリンピックに出場するスポーツ選手や、お笑い芸人などの芸能人の法律問題を扱ったり、海外に進出する際の支援等の業務を扱っていることも、当事務所の極めて特徴的な分野であると考えています。

電話でお問い合わせ
050-7586-5832
受付中

※お電話の際は「ココナラ法律相談を見た」とお伝えいただくとスムーズです。