しょうばたけ ひろお

正畠 大生弁護士

弁護士法人アドバンス 札幌事務所

札幌駅

北海道札幌市中央区北2条西3-1 敷島ビル4F

対応体制

  • 法テラス利用可
  • カード利用可
  • 分割払い利用可
  • 後払い利用可
  • 初回面談無料
  • 休日面談可
  • 夜間面談可
  • 電話相談可

注意補足

お電話でのご相談も受け付けております。

他人が気づかない箇所まで徹底的に調べることが得意です。

弁護士法人アドバンス札幌事務所所長の正畠大生(しょうばたけ・ひろお)弁護士。札幌事務所の所長に就任し、張り切っています。そんな正畠先生に、これまでのご経歴や弁護士という仕事に対する想いについて伺いました。

01 弁護士を志した理由

理系だったので、ロジカルな法学に惹かれた。

――正畠先生はどんな経緯で弁護士になられたのですか?

高校の途中までは理系でした。その当時から「知的財産」「特許」「技術免許」などに興味があり、そこには法律が密接に絡んでいることを知り、法曹界へ本格的に入っていきました。昔から「理屈」が好きで、ロジカルに物事を考えるのが得意でした。チェスが好きなので、遊びからそのような思考が好きなんだろうと思います。友人といる時も「みんなの輪は、もっとこうした方が、うまくいくんじゃないか?」と筋道立てて提案することも多かったです。

02 弁護士としての活動

徹底的に調査した結果、株式の評価額を3倍にしました。

――これまではどういった案件を扱っていらっしゃったのでしょうか?

アドバンスへ来る前は静岡県浜松市の弁護士事務所にいました。依頼者のお気持ちに寄り添ういい意味で地方らしい事務所でした。この事務所で「判例には背くけれど、理論的には合っている。有り得る。ならばそれで進めてみよう」という気概を学びました。判例が幅を利かせがちなのが裁判ですが、法律的には判例に背くことができる案件は、ご依頼者の気持ちを鑑み、積極的に進めていく勇気を養えました。

具体的には、交通事故、労災、保育園での事故(乳幼児突然死症候群など)、不当解雇、未払い残業ほか、様々な案件を取り扱ってきました。


――最も印象に残っている案件はどういったものがありますか?

会社絡みの相続案件がありました。当時はあまり知識が無かった「株式」について自分なりに猛勉強し、結果的に株式の評価を約3倍に上げることができました。もちろん、依頼者様の要求をほぼ通すことができました。

また、交通事故の案件では、交通事故に関する法律が変わる前に起きてしまった事故に、法律が変わった後の条件を、ほぼ全て付与することに成功しました。被害者は男性で、顔などに傷を負ってしまっていました。外貌醜状と言います。昔は、男性ですと、女性に比べて法律的にあまり優遇されないのが外貌醜状でした。男性の外貌醜状に関する法律や判例がきちんと整備されていなかったからです。平成22年にやっと法律の基準ができたのですが、この事故はそれより前の平成14年に起こった事故でした。私はそれまでの判例を研究して、なんとか新しい基準が適応されるよう尽くしました。結果、それをほぼ達成することができ、依頼者様に「今後前向きに生活できます」とお誉めの言葉を頂き、非常に嬉しかったです。

このように、文献や判例を調べて主張を立証することは、本当に私の得意とするところなので、ぜひお客様には頼って頂きたいです。


――やりがいを感じる時は、どんな時でしょうか?

依頼者の方が納得できる解決をし、新たな気持ちで歩き始めることができた時ですね。そのために、普段からいろいろな情報を集めています。様々な考え方の判例や文献がありまして、それを調べて整理するのがライフワークのようになっています。他の弁護士の方々があまり見られない下級審で終わっている裁判例もとことん見ます。紙媒体だけではなく、インターネット上の論文も見ます。これにより、一見不利な案件でも、いろいろな事例を参考に切り込むと、道が開ける場合が多いです。どんなに難しくても、法律的に有り得る解決案ならば「一度文章だけ出してみましょう」と提案し、根気よく裁判官と折衝していきますよ。


――少しお仕事の話から離れますが、趣味や日課などはありますか?

映画や舞台を観に行くことです。映画は「スターウォーズ」が好きですね。舞台は「レ・ミゼラブル」が好きです。劇団四季の「アラジン」も好みですね。「レ・ミゼラブル」は先日観に行ったばかりです。テレビゲームも好きですね。スマホより、家でコンシューマーゲームをするのが好きです。体力作りのために浜松で通っていたジムも、広島で再開しようと思っています。

また、学生時代は登山部に所属していました。登山にもインターハイがあるんですよ。きちんとしたルートを通ったか、時間通りに歩いたか、地図をちゃんと読めるか、料理をしっかり作れるか、テントを手順通り張れるか、など細かい採点を積み重ねて争うのです。4人で1チームの団体戦でした。

登山では、チームの副キャプテンを務めることが多かったです。キャプテンは、体力が一番あって、みんなを引っ張るタイプなので、ズンズン先に行きがちなんですよね。そこでちょっとキャプテンを制御しつつ、体力が少なめのメンバーを励ましつつ、全員が足並みを揃えられるように取り計らっていたのをよく覚えています。この経験で「論理的に弱点を埋めていく」という性格が鍛えられていったんだと思います。弁護士も複数人のチームを組むこともよくありますからね。その時もだいたいチームの漏れをチェックして埋めるポジションになります。

03 弁護士として心がけていること

初見で「厳しい」と思っても、調べると解決方法が見つかることが多い。

――弁護士として心がけていることはありますか?

まずはじっくりお話を聞くことですね。ザッとヒアリングした時点では「厳しいな」と思った案件でも、お客様から多くの情報を頂き、関連文献や判例を調べると、戦える鉱脈が見つかることが多いです。

次に、依頼者ご本人が何をしたいかを整理することも大事だと思っています。不満はあるけれど、法律を使って何をどうしたいのか、決まっていないことが多々あります。これを法律的に系統立てて、依頼者様と一緒に主張を組み立てていくのが弁護士の仕事です。

最後になりますが、お客様は「誰かに話を聞いてもらった」というだけで安心感を得られます。困ったら、弁護士に相談することを本当にお勧めします。「何を相談すればいいかわからない」という方は、その悩みそのモノこそを弁護士に伝えて頂ければ、そこから解決方法を紐解いていくことができますから。


――ご自身の弁護士としての強みはどこだと思いますか?

重ね重ねになりますが「理論的にどう戦うか?」の構築に自信を持っているところです。いろいろな分野の法律を学んできました。よって、私ならば、法律の区分だと別の事件になりそうな複数案件でもまとめて相談できますよ。

また、その知識から、なるべく噛み砕いて法律を説明することもできます。お客様には大きく2パターンございまして、法律論には拘らず、素早い解決を望むお客様と、法律的なこともバックグラウンドとして知って、案件に臨みたいお客様がいます。後者のお客様には、ご希望でしたら、時間をかけて、素人のお客様でもしっかり理解ができるように、時間をかけて法律の説明をすることを心がけています。

04 目指す方向性

守備範囲の広さを活かしていきたい。

――今後積極的に取り組んでいきたいことはありますか?

札幌に来て強く感じたことは、東京や大阪の大都市に比べ、まだ弁護士への法律相談に躊躇されている方が多いように感じます。

弊所には、浮気や不倫の慰謝料問題でお困りの方は、毎週のように相談にいらっしゃいます。その他、地元の中小企業の方がいらっしゃることも少なくありません。

弁護士法人アドバンスとしては、他の事務所と連携して、ワンストップの対応が可能です。税理士、社会保険労務士、行政書士など弁護士以外の士業も在籍しているので、アドバンス内で揉め事をほぼ全て解決することができます。札幌事務所と東京事務所が連携している案件も今後増えていく予定です。私の法律の守備範囲の広さと、アドバンスの士業の守備範囲の広さで、あらゆる案件に対応が可能だと思います。

ぜひ、道内・札幌近隣で、弁護士への相談を考えているお客様は、ご一報くださいませ。よろしくお願いいたします。
電話でお問い合わせ
050-7586-2407
受付中

※お電話の際は「ココナラ法律相談を見た」とお伝えいただくとスムーズです。