つちや よしたか

土屋 義隆弁護士

新宿東法律事務所

東京都新宿区四谷4-30 服部ビル4階
対応体制
  • ◎法テラス利用可能
  • ◎分割払い相談可能
  • ◎休日相談可能

まずはお気軽に御相談ください。相続、労働、交通事故、企業法務、不動産問題に注力しています。紛争やお悩みの良き解決に向けて尽力いたします。

どんな弁護士ですか?

裁判所勤務(11年)と弁護士(14年)で通算25年の経験の蓄積があります。

依頼者の方の話をじっくりと伺い、共に悩み考え、どのように問題を解決したらよいか検討したいと思います。
依頼者の方の悩みは千差万別であり、たやすく解決できるものばかりではないと思いますが、紛争や悩みの解決に向けて役立ちたいと願っています。依頼者の方の悩みが少しでも軽くなり、あるいは心の区切りをつけ、再び前向きに歩んで行くことができるようなれば幸いです。                  
まずはお気軽にご相談ください。

取扱い分野は、
相続(家族)問題、労働問題、交通事故、相続(家族)問題、企業法務、不動産問題、借金問題等です。

どんな事務所ですか?

【事務所へのアクセス】
新宿東法律事務所は、地下鉄丸ノ内線新宿御苑前駅から徒歩5分のところにございます。                                       
地下鉄丸ノ内線新宿御苑前駅の大木戸門方面改札出口より徒歩5分です。大木戸門方面出口を出て、目の前の新宿通りを左(四谷方面)へ真っ直ぐ進んでください。ローソン、三菱UFJ銀行ATMの横を通り過ぎてさらに進むと、文芸社という出版社の入ったビルがありますので、そこを左に曲がってください(コメダコーヒー)もあります、少し歩くと右手に新宿御苑前歯科という歯科医院の入ったビル(服部ビル)がありますので、その4階が当事務所です。

事務所の特徴

  • 近隣駐車場あり

こんな相談ならお任せください

【相続・遺言】
■相続問題は誰にでも起こりうる身近な問題です。しかも問題となる金額が大きいです。弁護士は以下の点について皆様をサポートすることができます。 
➀遺産分割協議
相続人の確定のための調査、遺産に何があるかの調査、遺産である不動産や株式の評価額の算定、寄与分や特別受益に当たるかの検討、具体的な分割方法の検討(例えば不動産は不要なのでその分金銭で取得するなどの方法の検討)もし、相続人同士の協議で決められない場合の家庭裁判所への遺産分割調停の申立て、審判手続の対応
➁遺言書の作成
法律で決まっている方式が守られているかのチェック、不要な争いを避けるための条項の工夫のアドバイス、遺言能力の問題についての検討
③遺留分減殺請求
例えば、相続人として兄弟がいるのに、被相続人の遺言書の内容が兄に遺産を全て相続させるなどという内容であると、弟が遺留分減殺の請求する可能性が出てきます。遺留分とは遺族の生活保障等のために例え被相続人でも自由に処分できない財産のことです。遺留分の制度は複雑で計算も難しい面があり、専門家の助言の必要性は高いと思います。
④相続放棄
遺産はプラス財産ばかりではなく、負債が多く残されてしまう場合もあります。その場合は家庭裁判所への相続放棄の申述という制度を利用することにより相続人でなくなりますが、相続放棄の申述については、期間の制限があり、また、これをすると相続放棄に問題が生じるという行為もあるので、弁護士によるアドバイスを受けた方がよいと思います。

【労働問題】
■弁護士会や法テラスの労働相談を長年担当しています。解雇、残業代請求、労働条件の引下げ、セクハラ、労働災害等に関する相談、交渉、労働審判や訴訟に多数かかわっています(労働者側、使用者側双方でかかわってています。)商工会議所で企業の方々に労使トラブルに関する研修講師を務めた経験もあります。
労働問題に関するアップデートな研修も多数受けておりますので、この知識や経験を生かし労働問題にお悩みの方(労働者、使用者問わず)のお役に立ちたいと思っておりますので、お気軽に御相談ください。
【交通事故】
■交通事故の相談、示談あっせん、訴訟経験多数です。今まで交通事故の専門相談で数多くの相談を受け、交通事故に関するアップデートな研修も多数受けております。この知識や経験を生かし、交通事故に関する問題でお悩みの方、特に人身事故に遭われた方のお役に立ちたいと思っております。
■弁護士に相談する必要性
万が一、交通事故の被害に遭われてしまった場合、加害者が保険会社の賠償保険に加入していれば、その保険会社の担当者と交渉することになります。
しかし、保険会社の担当者は交通事故損害の示談交渉を数多く経験しており、賠償金の提示額は一般に、裁判まで進んだ場合に認められる金額よりずっと低いのが実情です。
その上、後遺障害の有無、後遺障害の等級認定、異議申立てや過失割合など、交通事故の被害に遭われた方が適正な賠償を得るためには交通事故の損害賠償に関する専門的な知識が必要になります。
私には交通事故問題について長年蓄積したノウハウがありますので、きっと交通事故被害者の方のお役に立てるものと考えております。是非一度御相談ください。

電話でお問い合わせ
03-3356-6633
定休日

※お電話の際は「ココナラ法律相談を見た」とお伝えいただくとスムーズです。