おおの たろう

大野 太郎弁護士

大野法律事務所

埼玉県川口市西青木2-1-45 レクイアーレ1階
対応体制
  • ◎分割払い相談可能
  • ◎後払い相談可能
  • ◎初回相談無料
  • ◎休日相談可能
  • ◎夜間相談可能
  • ◎電話相談可能
注意補足

完全予約制

【初回相談無料】【土日祝日夜間(22時まで)対応可能】【即日相談可能】 当事務所では、今すぐになんとかしたいという方を対象にして、夜間10時までの法律相談を受け付けております。

どんな弁護士ですか?

◆ 理念・志
━━━━━━━━━━━━

古代中国で様々な国家がしのぎを削り合った「春秋戦国時代」、その時代の中で一定期間、強大な勢力を誇った国に「晋」という地があります。
その国の最盛期に、余裕を持っている国王に対して、家臣の魏縫が次のような話をしたそうです。「晋国は非常に順調です、しかし将来は何が起きるか分かりません。
常に将来の危険を予測し、警戒心を持って、あらゆる事に備えて、憂いのある有事を回避する努力を続けねばなりません。」
――こちらは孔子の『春秋』に登場するエピソードで、現在の私たちが使う「備えあれば憂いなし」の語源となっています。

私は中央大学法科大学院を卒業し、弁護士登録後、大野法律事務所を開設にするに至りました。
埼玉弁護士会(第71期)に属し、埼玉ワンストップソリューション共同代表を務めております。
私がそうして弁護士の道に入り、現在抱いている想いは、「争い事を解決するだけが弁護士の役割ではない、備えによって争い事を予め起きないようにする、その予防も弁護士の役割なのだ」というものです。

それは、まさに「備えあれば憂いなし」の精神です。

特に遺言相続の現場ですと、事が起きた後に解決するまでの道のりは果てしなく遠く、また誰にとっても大変な経済的・身体的・精神的な労力を費やすものとなります。私の講演「義務としての遺言」「民事信託のすすめ」でも示させて頂いております通り、財産に関する事前の法準備は、その後の争いを回避する為の「義務」として考えるべきなのです。

その後の人生にも甚大な悪影響を与え得る、相続のトラブル。
だからこそ、「備えあれば憂いなし」、です。是非とも私に、困った事、お悩み事を、早期の段階でお話頂ければと思います。一緒に備えを行わせて頂き、皆様の明るい未来を親身にサポートさせて頂きます。

◆ 弁護士として大切にしていること
━━━━━━━━━━━━

また、私は、弁護士になってから大切していることが3つあります。

1つ目は、より依頼者にわかりやすく簡潔な言葉で説明を行うということです。
私は、法律相談を行うにあたって、依頼者とのコミュニケーションが一番重要だと考えております。
難解な法律用語を使って依頼者とのコミュニケーションが上手くいかなければ本来は解決できるような案件もスムーズに解決できなくなります。
このように私は依頼者とのコミュニケーションのズレをなくし、スピーディーに解決に導きたいと考えております。

2つ目は、弁護士業務を行うにあたっては、他士業(税理士、司法書士、行政書士等)や他業種(金融機関や不動産業者)との連携を怠らないということです。
他士業や他業種との円滑なコミュニケーションがなければ業務をスムーズに進めることが困難な場合があります。
このような観点から私は、弁護士同士のつながりはもちろんのこと、他士業や他業種とのつながりを多く持つことに重点を置いて活動してまいりました。
そのかいもあり、現在では埼玉県内にとどまらず東京都内に多くの提携先を獲得することができました。
このような人脈をいかして法律業務をよりスピーディーに解決したいと考えております。

3つ目に意識していることとして、もっとお気軽に相談していただくために、相談手段にメールやお電話だけでなく、SNS(ライン@、フェイスブック、インスタグラム等)を取り入れているということです。
特に、労働問題や離婚、債務整理などの場合には、できるだけ人に話したくないような内容も含まれています
そのような中でお電話での対応だけでなく、普段利用されているSNS等を使って「今なら話せる」と思ったタイミングでご相談いただくことを意識しております。

以上の3つを強く意識することで「より、スピーディーに、より相談しやすく」を実現させていただきます。

どんな事務所ですか?

◆ 埼玉・東京の法律のお悩みは大野法律事務所へ
━━━━━━━━━━━━

私たち、大野法律事務所は、法律業務に関するプロフェッショナルです。

埼玉県川口市・蕨市・戸田市・さいたま市周辺を専門の地域としており、ご相談内容に応じた東京域の対応も可能です。

事務所は西川口駅からすぐ近く、徒歩5分の場所にございます。

どうぞ、お困りのこと、お悩みのことがある方は、いつでも、何なりと、お気軽に大野法律事務所へご相談下さいませ。

事務所の特徴

  • 完全個室で相談

こんな相談ならお任せください

◆ 離婚・男女問題
━━━━━━━━━━━━

《 よくあるご相談分野》
*既婚の方
・浮気・不倫の慰謝料を請求したい/された
・養育費を支払ってほしい/増額・減額したい
・離婚時の財産分与
・モラハラを原因に離婚したい
*未婚の方
・浮気・不倫の慰謝料を請求された
・望まない妊娠で中絶した慰謝料請求したい/された
・婚約破棄の慰謝料請求したい/された

《 よくあるご相談例》
「夫に不倫されたから慰謝料を取りたい」
「不倫相手の配偶者から慰謝料を請求された」
「離婚したいのに相手が応じてくれない」
「慰謝料、親権について話がつかない」
「突然子供を連れて妻が家を出て行ってしまった」
「突然裁判所から離婚調停の呼出状が届いた」
「慰謝料・親権についてもめている」

◆ 相続・遺言
━━━━━━━━━━━━

《 よくあるご相談分野》
・遺産分割
・遺留分減殺
・遺言作成
・成年後見
・保佐人
・家族信託

《 よくあるご相談例》
「他の相続人が親の財産を取り込んでいる」
「遺言で本来あるはずの相続分が削られたので取り返したい」
「自身が死んだあとに家族親族間で争いになってはいけないので遺言を作成したい」
「高齢になった両親が心配なので、成年後見人をつけたい」
「自分の持っている財産を銀行等に信託するのではなく、信頼できる家族に信託したい」

◆借金・債務整理
━━━━━━━━━━━━

《 よくあるご相談分野》
・自己破産
・過払金返還請求
・任意整理
・個人再生
・多重債務
・法人再生
・信用情報回復
・闇金被害

《 よくあるご相談例》
「借りたお金でギャンブルをしてしまったが、自己破産はできるのか」
「年金収入だけで仕事もなく月々の返済が厳しい」
「個人再生を利用したが、返済が厳しい」
「自己破産すると退職金も没収されるのか」
「過払金請求の時効は間に合うのか」
「亡き母の代わりに過払金請求をしたい」
「20代で自己破産したら、その後の生活はどうなるのか」
「おまとめローンと任意整理はどちらがいいのか」

電話でお問い合わせ
048-299-2704
受付中

※お電話の際は「ココナラ法律相談を見た」とお伝えいただくとスムーズです。