すみ まなぶ

角 学弁護士

弁護士法人葛飾総合法律事務所

東京都葛飾区金町6-4-1 金町木下ビル306
注意補足

関東にお住いの方限定 初回30分 法律面談相談無料【弁護士直通電話 03-5875-6124】9:00-18:00(平日) ご不安なお気持ちや悩みに寄り添える弁護士でありたいと思っております。一人で悩まずに,まずはお電話ください。

【初回30分相談無料】【平日夜間対応可】【金町駅徒歩1分】依頼者第一主義を掲げ、ご不安を抱えている方に寄添い思いやりのある誠実な対応をすることを信条としております。社労士・税理士向けセミナー講師の経験も多数あり、専門性を日々磨いております。

どんな弁護士ですか?

お気持ちにしっかりと寄り添える弁護士でありたいと考えています
◆ 理念・志
━━━━━━━━━━━━
■弁護士としての信条
◇依頼者第一主義
弁護士は複数ある事件のうちの一件の事件処理であるとしても、ご依頼者にとっては一生一度あるかないかの出来事で不安な気持ちのなか、相談にいらっしゃるものと思います。
その気持ちにしっかりと寄り添い、思いやりのある誠実な対応のできる弁護士であることを信条としております。

◇礼節を尽くし誠実な対応を行う
ご依頼者に対し、礼節を尽くし誠実に対応できる弁護士でありたいと考えております。
ご依頼者にとっては、一生に一度あるかないかの出来事に緊張や不安を感じながらご相談にいらっしゃるのであり、誠実に礼節を尽くして迎え入れ、対応を行っていくことは仕事の前提であると考えます。
弁護士もサービス業であると考え、対応の迅速さや応対内容には特に意識的に気を付けて仕事を行っております。

◇継続的な自己研鑽と最高のリーガルサービスを志向
常に自己研鑽を続け、最高のリーガルサービスを提供できる弁護士でありたいと考えております。
弁護士は、全幅の信頼を寄せ委任してくださるご依頼者のために、常に最高のリーガルサービスを提供するべきであり、それこそが弁護士の依頼者に対して果たすべき責任であると考えます。
そのため、研修会の参加や複数の書籍での情報収集、事案毎の緻密なリサーチを通じ、最高のリーガルサービスを提供できるよう日々研鑽を続けることを信条としております。

■自己紹介
千葉県出身です。葛飾区金町のお隣の松戸市に住んでいました。

中学、高校は、都内の巣鴨学園で遠泳・古式泳法・登山・剣道等様々な分野に取り組みました。
司法試験合格後、しっかりとした弁護士の基礎を身につけたいと思い、港区の大手法律事務所に就職し、元裁判官や元検察官、現役の弁護士職務経験裁判官、検察官をはじめとする先輩弁護士の方々から学びました。
その後、弁護士として、トラブルに困っている方々のお力になりたいと考え、地元にほど近い葛飾区金町で独立をいたしました。

◆ 略歴・所属
━━━━━━━━━━━━
◇学歴等
・巣鴨中学校・巣鴨高等学校 卒業
・日本大学法学部法律学科(法職コース) 卒業
・中央大学大学院法務研究科法務専攻 修了
・最高裁判所司法修習生

◇職歴
・日本大学法学部司法科研究室付担当講師
・港区内大手法律事務所勤務(平成30年3月末日まで)
・葛飾区内法律事務所にて事務所内独立(平成30年10月まで)
・葛飾総合法律事務所設立(平成30年10月3日より)

◇所属団体・役職
・東京弁護士会所属
・東京弁護士会 相続・遺言部
・東京弁護士会 終活部会
・東京弁護士会 開業・就業支援部会
・日本大学法曹会
・中央大学法曹会
・巣鴨学園巣泳OB会(夏は館山で古式泳法の指導を在校生にしております。)
・葛飾弁護士倶楽部 会員
・葛飾区社会福祉協議会 会員
・東京弁護士会親和全期会 研修委員会 委員


◆ 過去の弁護活動事例
━━━━━━━━━━━━
◇著書・論文
・2017年 7月
LIBRA(東京弁護士会会報)2017年7月号
「東京弁護士会研修雑感」

◇講演・セミナー
・2017年
生命保険会社での相続セミナー
営業担当者向けの相続セミナー
・2017年
高齢者施設等での相続セミナー
施設の方向け,高齢者向け共に経験があります。
・2017年 11月
社労士が知っておくべき個人情報保護法ガイドライン
葛飾区社労士会必須研修
・2018年
生命保険会社でのセミナー
営業担当者向けの相続セミナー
・2018年 4月
税理士が知っておくべき改正相続法の検証
東京税理士会浅草支部・上野支部合同会則研修
・2018年 5月
税理士が知っておきたい民法改正(相続法)の検証
東京税理士会荏原支部会則研修
・2018年 8月
税理士が知っておきたい民法改正(相続法)の検証
東京税理士会日野支部会則研修
・2018年 10月
税理士が知っておきたい民法改正(相続法)
東京税理士会会則研修(オープン研修)
・2018年 11月
事例で学ぶ労働事件の交渉・労働審判の流れ ─懲戒解雇事件、未払残業代請求事件を中心に─
葛飾区社労士会必須研修
・2019年 4月
税理士が知っておきたい民法改正(相続法)
東京税理士会板橋支部会則研修
・2019年 4月
税理士が知っておきたい民法改正(相続法)
東京税理士会川崎南支部会則研修
・2019年 5月
税理士が知っておきたい民法改正(相続法)
東京税理士会会則研修(中野サンプラザ)

どんな事務所ですか?

光の入る落ち着いた応接室となっております。
◆ 所在地・アクセス
━━━━━━━━━━━━
金町駅徒歩1分の利便性の高い場所に事務所を構えております。

◇電車でお越しの方
1 「常磐線 金町駅」または「京成線 京成金町駅」を下車
2 改札はひとつなので,その改札を出る
3 「常磐線 金町駅」を下車された場合
⑴ 改札を背に,右手に直進
⑵ ロータリー(バス乗り場)に出て,右手に進む
⑶ ファミリーマートが2件見え,京成金町駅側のファミリーマート「ではない方」のファミリーマートに進む
3 「京成線 京成金町駅」を下車された場合
⑴ 改札を背に,左手に進む
⑵ 20~30メートルほど直進をすると左手に改札そばのものとは別にもう1件ファミリーマートが見える
4 そのファミリーマートの入っているビル(金町木下ビル)の3階にあがるとインターホンがあるので「306」を押し,呼出ボタンを押してください

◇お車をご利用の方
事務所の付近には複数パーキングがございますので適宜ご利用ください。

◆ 事務所としての総合力
━━━━━━━━━━━━
案件に応じて弁護士や他士業と連携して問題解決にあたります。


◆ 対応体制
━━━━━━━━━━━━
◇相談料無料
気軽にご相談していただけるように、初回相談は30分無料でお受けいたします。
お困りのことがございましたらまずはお気軽にご相談ください。

◇ご相談の流れ
1 お電話にて弁護士が事案の概要をお伺いし,そのうえでご相談の予約を承ります。まずはお気軽にお問合せください。
2 メールでのお問い合わせも受け付けておりますので,いきなり弁護士とお話をすることに抵抗がある方等はご利用ください。
※メールについては,24時間年中無休でお受けしております。

3 移動中や出張等により,すぐに電話に出られない場合もございますが,できる限りすぐに折り返しのご連絡をさせて頂きます。

事務所の特徴

  • バリアフリー
  • 近隣駐車場あり
  • 子連れ相談可

こんな相談ならお任せください

事務所の入り口の様子です。まずは一人で悩まずにご相談下さい。
◇相続・高齢者問題について
超高齢化社会を迎え、遺産相続はとても身近な法律問題となり、トラブルになってしまったご家族は多数いらっしゃいます。トラブルにならないための対策や揉めたあとの対応、一般的な相続手続のご質問等も、一人で悩まずに、まずはお電話ください。

◇犯罪・刑事事件について
ご家族(大切な方)が逮捕されてしまったら一刻も早く弁護活動を開始する必要があります。逮捕直後の初動弁護は誰にでもできる弁護活動ではなく(職人的な)弁護活動であると考えております。一人で悩まずに、まずはお電話ください。

◇離婚・男女問題について
DVや浮気などさまざまな問題で離婚を考えている人は、男性・女性を問わず多くいます。日本では結婚した約3組に1組が離婚すると言われており、離婚問題は最も身近な法律トラブルの一つといえるかもしれません。
一人で悩まずに、まずはお電話ください。

◇労働問題について
・被雇用者側
定時を過ぎて残業しても、残業代を支払ってもらえないケースが非常に多いです。
しかし、残業代を支払わないことは法令違反であり、残業をしたら残業代の請求ができます。請求はできたとしても、実際のところ労働者は泣き寝入りしてしまうことも多いです。
請求をしても企業からさまざまな理由をつけられて支払い拒絶されることもあります。
しかし、残業代は既に発生している未払の賃金なので、泣き寝入りする必要は全くありません。
弁護士に対応を依頼すると支払いを受けられることも多いので、あきらめずに権利主張して正当な支払いを受けましょう。
未払い残業代の請求権は「2年で時効」を迎えます。迅速な対応が肝心です。
残業代以外にも懲戒解雇の問題等についても多くの経験があります。一人で悩まずに、まずはお電話ください。

・雇用者側
問題のある従業員を辞めさせたい場合や、労働者からの未払残業代の請求を受けたり、解雇の無効の主張をされる等、経営には労務の問題はつきものです。
従業員の主張の適切性を見極めたうえで、毅然と対応をしていく必要があります。
労働者側の弁護も行っていることから双方の立場を十分に知ったうえで適切に事件を進めていくことができます。
まずは電話にてヒアリングをさせて頂きますのでお電話ください。

◇交通事故問題について
交通事故は、突然起きるものであり、極めて身近な法律トラブルです。
交通事故に巻き込まれてしまったら、どのように行動し、対処すべきなのかご不安なことと思われます。
一人で悩まずに、まずはお電話ください。

◇借金・債務整理問題について
・個人の方向け
様々なご事情から借金返済ができず困っている方は多数いらっしゃいます。
一人で悩まずに、まずはお電話ください。
借金で悩む皆様のお気持ちに寄り添い、借金の取り立てを止め、生活の再建を図るお手伝いをさせて頂きます。
※なお、借金の契約書等はなくてもご依頼は可能です。

・法人向け
企業は様々な事情で破産を余儀なくされることがございます。
破産は新たな再出発のために必要な事柄でもあります。
一人で悩まずに、まずはお電話ください。

◇債権回収問題について
事業を行っているとある日突然、債権回収問題が発生するものです。
電話で請求したり、会って話をしているだけでは代金回収が思うようにいかないことが殆どです。他方で、代金を支払うよう熱心に求めた結果、かえって関係を悪化させ最悪の場合被害届が出されてしまうケースもございます。
そこで、債権回収は、経済的・時間的な負担を考慮しながら、専門的知識に基づいて効果的かつ適法かつ適切な方法で行うことが不可欠です。
お悩みの際は、まずはお電話ください。

◇顧問業務・企業法務
国内の中小企業約400万社の内、10 人以下の企業では60%、11 人から50 人までの企業では75%、51人以上の企業では94%が弁護士利用経験があります。
契約書作成時のチェックから、債権回収、労働問題など、会社経営と法律問題は切っても切れない関係となっています。
会社のトラブルが発生した際は、まずはお電話ください。
また、トラブルの予防や契約書チェック等の一般的な顧問業務についてお考えの方も、当事務所の顧問契約がどのような内容か丁寧にご説明をさせて頂きますので、お気軽にお問合せ下さい。

◇不動産問題について
不動産取引は高額な金銭と様々な法律問題等が絡む、紛争化しやすい法律問題の代表格です。
不動産の明け渡しや未払賃料の回収など、交渉、訴訟、いずれの法的手段によりいかに進めていくべきか悩むポイントも多い分野であるともいえます。
専門性が高く微妙な判断に迫られる分野であるからこそ、専門的知識に基づいて適切な対処を行うことが不可欠です。
お悩みの際は、まずはお電話ください。

上記各分野については弁護士登録以来,特に注力をしており,数多くの案件を経験してきております。

電話でお問い合わせ
050-7586-3037
時間外

※お電話の際は「ココナラ法律相談を見た」とお伝えいただくとスムーズです。