やなぎた せいじ

柳田 清史弁護士

弁護士法人権藤&パートナーズ

なにわ橋駅

大阪府大阪市北区西天満1-7-20 JIN・ORIXビル10階

対応体制

  • 分割払い利用可
  • 後払い利用可
  • 初回面談無料
  • 休日面談可
  • 夜間面談可
  • ビデオ面談可

企業法務

取扱事例1

  • 顧問弁護士契約

顧問業務(契約書レビュー・契約交渉のアドバイス)

【依頼者の相談前の状況】
相手方作成の契約書案にて契約締結を求められた。

【依頼者の相談後の状況】
契約書におけるリスクを確認した上で相手方へ修正を求め、依頼者に不利な条項等についてリスクヘッジを実現した。

【解決方法、弁護士として果たした役割など】
契約書を締結する背景や相手方との関係性(パワーバランスなど)、実際の取引の流れや特徴について聞取りを実施した上で、相手方から提案された契約書案の内容について修正・加筆を求めるべき点を指摘し、相手方への交渉の仕方(修正を求める理由など)についてアドバイスを行った。契約書は単にひな形を使い回せば良いというものではなく、取引実態に応じたリスクヘッジを行うことが肝要である。

取扱事例2

  • 顧問弁護士契約

会社の支配権争い(株主間紛争)

【依頼者の相談前の状況】
同族会社(中小企業)の経営権を巡り親族間で紛争が発生し、反対派閥の相手方から役員退任を求められた事案

【依頼者の相談後の状況】
経営権を維持し、相手方を会社から排除した。

【解決方法、弁護士として果たした役割など】
各種株主総会、取締役会等の各手続及び株主総会、取締役会の無効・取消訴訟、取締役職務執行停止、職務代行者選任仮処分申立て、株主権確認訴訟等の複数の手続きを同時並行で進めていき、結果として株式の支配及び経営権の支払を勝ち取った事案。
電話でお問い合わせ
050-7586-0973
時間外

※お電話の際は「ココナラ法律相談を見た」とお伝えいただくとスムーズです。