大崎 幸宏弁護士のアイコン画像
おおさき たかひろ

大崎 幸宏弁護士

冬夏法律事務所

淀屋橋駅

大阪府大阪市中央区北浜2-1-23 日本文化会館ビル9階

対応体制

  • 法テラス利用可
  • 分割払い利用可
  • 後払い利用可
  • 初回面談無料
  • 休日面談可
  • 夜間面談可
  • 電話相談可
  • メール相談可
  • WEB面談可

注意補足

後払いをご希望の方は、事案によりますので要相談。夜間・休日の面談をご希望の方は、事前予約が必要となります。

プロセス重視で、難しい事案も「まずやってみる」。満足度にこだわる弁護士が、安易に依頼を断らない真意

冬夏法律事務所の大﨑 幸宏(おおざき たかひろ)弁護士がこだわっているのは、依頼者の満足度。
弁護士ならば、事案の解決が最重要のはず。
ところが、大崎先生は「たとえ結果が出なくても、一緒に事案を全力で解決する過程には大きな意味があります」と力説します。

「もしも、難事案だからと誰も相手にしなければ、不幸が放置されてしまいます」

と語るのが、その答えです。

まずやってみるーー。
誠実さにあふれる弁護姿勢で、弁護を回避された難しい事案にも真摯に向き合い、これまでにしっかりと結果を残してきた大崎先生。
困難に屈せず、立ち向かうスタンスはどのように培われたのでしょうか。
大﨑先生の経歴を辿りながら、その原点に迫ります。

01 弁護士を目指したきっかけ

司法書士の父を友人に感謝され、芽生えた法曹界への興味

ーー弁護士を志したきっかけはどんなことだったのですか?

中学時代に、友達から「お前の父親は命の恩人や」と言われたんです。
父は司法書士で、友達の家のトラブルを解消したんです。
子どもながらに父が誇らしく、自分もそういう仕事につきたいと思ったのが最初ですね。


ーーそれは印象に残りますね。

本格的に弁護士になろうと決心したのは、就活をするくらいになってからでしたけどね。
どんな仕事をしようかと、思案しているときにあのときの想いがよみがえってきたんです。

司法試験は、4年次に受験して落ちましたが、その後、ロースクールの既習コースに入って1年目で旧試験に合格しました。
残りの1年は、しっかりと法律を身につけるため、辞めずにカリキュラムを全うしました。

02 これまでのキャリア

いいときも悪いときも、浮かれず沈まず、一緒に頑張ってより良い解決を

ーー弁護士になってからはどのようにキャリアを積まれたのですか?

大阪が地元なので、そこを拠点にしたいと思っていました。
それと、規模の大きなところより、小さくてもしっかりと弁護活動を行っているところが希望でした。最初の事務所で、弁護士としてのベースを構築し、その後に入所した事務所で、幅を広げることができました。


ーー2つ目は、大阪の事務所ですが長崎に赴任していたそうですね。

いろいろなご縁もあって、長崎を活動拠点にすることになりました。
弁護士がたくさんいるエリアではないので、相続や交通事故、刑事事件など、どんな事案にも対応しましたね。

前の事務所には約9年、在籍しその後、ロースクルー時代の同期の誘いもあり、令和4年の8月にパートナーとして合流しました。


ーー冬夏法律事務所ですね。印象に残る名前です。

中国の故事、「冬夏青青」からとりました。
節操が固く、常に不変であるといった意味です。
いい時も悪い時も、浮かれず沈まず、一緒に頑張って生きていきましょう、という想いを込めています。

03 弁護哲学・解決事例

できる限り相談を受け止め、プロセスを大切にする。難事案に向き合い続ける矜持

ーー弁護士の存在意義を象徴するような温かみにあふれる想いですね。

法律事務所にはいろいろな方が相談に来られます。当然ですが、みなさん、沈んだ状態です。
だからこそ、こだわっていることがあります。

ひとつは、できる限り選り好みせず、相談を受け止めること。
もうひとつは、プロセスを大切にすることです。


ーーそれぞれご説明いただけますか?

ひとつめは、たとえ難しい事案であっても、可能な限りお受けするということです。
他で断られ、すがるような思いで私のところへ相談へ来られる方、あるいは紹介で来られる方も少なくありません。
うちが断れば、もう頼るところはないかもしれない。
それでは不幸を放置することになります。
それは私の信条に反することです。

プロセスを大事にするというのは、もしかするといい結果を得られないかもしれない、そうだとしても一緒に解決を目指すということです。
そうすることで、相談前にあったわだかまりのようなものが解消されれば、前身には違いなく、それもある種の解決だと私は思っています。


ーーこれまでの解決事例の一部を教えてください。

交通事故の事案で、息子さんが原付で事故にあい、お父様が相談に来られました。
ヘルメット未装着、2人乗り、一時停止義務違反があり、かなり分が悪い状況でした。
そのせいで、他の事務所でも断られたそうです。

とても厳しい状況でしたが、後遺障害に活路を見出し、結局、五分に近い割合で決着させ、多額の賠償金を獲得できました。

相続の事案では、遺言書に記載がなかった被相続人の一人から相談がありました。
こちらの事案では、遺言書の有効性を争点に、相続人の認知症状に活路を見出し、最終的には医師のカルテなどを収集し、認知症と認められ、法定通りの相続を実現しました。


ーー一筋縄でいきそうにない事案に、敢然と向き合い、結果につなげたのですね。

不貞の慰謝料請求では奥様から依頼を受けました。
ただし、引き受けた時点では目ぼしい証拠はありませんでした。
そこで依頼者の方をヒアリングし、夫側の共通の知人がいることを突き止め、そこから行動を把握し、探偵を雇って、証拠を確保しました。

いずれの事案も結果につながっていますが、もしも思ったような結果にならなくても、依頼者の方にご満足いただく。
そのためには、やれることをやり切る姿勢、そして一緒に解決を目指す信頼関係に基づく一体感が大切だと思っています。

04 弁護士としての目標

「あの先生に頼めばなんとかしてもらえる」と言っていただける弁護士に

ーー難しい事案を引き受けるだけでも大変です。加えて、満足度にこだわる。その姿勢に感服します。

最善はもちろん「解決」だと思います。
でも、確実に勝てると思っていても負けることはあるんです。
そう考えれば、とにかくやれることをやり切れば、どんな結果になろうとも後悔はないだろうと。

さきほどの不貞の慰謝料のご依頼は、その後、婚姻費用の件で、継続依頼を受けました。
因果応報ではありませんが、常に最善を尽くしていれば、悪いことはないんです。
そう確信しているので、難しい事案にも怯まず向き合っていけるのかもしれません。


ーー最後に今後についてお聞かせください。

父の仕事をリスペクトいただいたことが、私を法曹界へ導くきっかけでした。
その意味では「命の恩人だ」と感謝されるような弁護を積み重ね、そのように思ってもらえる弁護士になることが一つの目標ですね。

その司法書士の父とは、強固なパイプがあるので相続の事案なら、当事務所で登記までワンストップで対応できます。
また、パートナー弁護士は中小企業診断士の資格を保有しており、企業案件にも強みがあります。

冬夏法律事務所としての実績は、これから積み上げていくことになりますが、培った実績を惜しみなく依頼者のために注ぎ、「あの事務所に頼めばなんとかしてもらえる」と言っていただけるよう、一つひとつの事案に全力で向き合っていく所存です。
電話でお問い合わせ
050-7586-9674
受付中

※お電話の際は「ココナラ法律相談を見た」とお伝えいただくとスムーズです。