ひらた すぐる

平田 卓弁護士

平田すぐる法律事務所

西新駅

福岡県福岡市早良区祖原14-13 ロマネスク西新209

対応体制

  • 分割払い利用可
  • 後払い利用可
  • 初回面談無料
  • 休日面談可
  • 夜間面談可
  • 電話相談可
  • メール相談可
  • ビデオ面談可

注意補足

電話相談(10分程度)・メール相談については【福岡市在住の方限定】とさせていただきます。ご依頼も含めてご検討中の方や、詳しい話をされたい方は、面談相談(初回無料)をおススメ致します。メール相談へは当職からお電話を差し上げてご回答する場合がございます。

地元福岡に根付き、依頼者の苦難を「プラスの経験」へ変えていく

「いつかは大好きな福岡で自分の事務所を持ちたい。」
そんな夢を実現し、2020年に平田すぐる法律事務所を開設した平田 卓弁護士。
幅広い知識と迅速かつ丁寧な対応力を武器にこれまで多くの問題を解決してきました。
そんな平田先生に、弁護士としての実績や、弁護士を志したきっかけ、悩みをもつ人に伝えたいメッセージなどを伺いました。

01 弁護士としての実績

粘り強い調査で証拠を探り、図式化して正確に主張。一般民事から企業案件まで幅広い実績あり


――平田先生はこれまでどんな案件に対応してきましたか?

弁護士になって最初に所属した事務所では、とくに多く扱っていた交通事故案件を中心に、対応していました。
その後、佐賀市内の弁護士法人に入所してからは、個人で依頼も受けるようになり、離婚や相続、債務整理、詐欺被害の損害賠償請求、不動産トラブル、企業の倒産などに対応するようになりました。
また、刑事・少年事件も多く経験してきました。
現在はこれまでの経験と実績を活かし、幅広い分野のご相談に取り組んでいます。


――具体的な対応事例をいくつかご紹介いただけますか?

離婚問題では、離婚を望んでいるものの、相手からそれを拒否され続けているという方から相談を受けたことがあります。
代理人として粘り強く交渉することで、最終的には離婚に同意してもらい、無事に調停離婚が成立できました。

この事案では、相談者が不貞を行った側、つまり有責配偶者だったため、なかなか困難な状況でしたが、事情を時系列で整理したうえで、当該事案では離婚請求が認められるべきという事情を、相手側にもその主張が正確に伝わるよう細かく主張していきました。
もちろん、事情が事情ですので、説明する文章も相手方の心情に配慮したものにしました。
その結果、相手方の理解を得られ、離婚できることになりました。
その際、財産分与や慰謝料についても、こちらに有利になるように細かな主張立証を行ったことにより、有意義な結果が得られました。

ある損害賠償請求事件では、損害を立証するために、調査会社と協力して、写真や図面などを盛り込んだ損害レポートを作成し、裁判官に理解してもらいやすいよう心掛けました。
その事件では、化学的・技術的な知見が必要でしたので、専門業者や大学の研究者などに話を聞いたり鑑定をお願いしたりしました。
現場にも何度も足を運んだり、とにかくやれることを地道に粘り強く行った結果、和解では良い結果が得られました。

交通事故案件では、歩行中に信号無視の車両に衝突されたという被害者の方からご相談をいただきました。
その方は事故で首を痛め、治療に通っていましたが症状が収まらず、そのまま保険会社から治療終了を告げられてしまったんです。
相手方保険会社や病院から資料を揃えたうえで保険会社に対して後遺障害等級認定の手続きを行い、後遺障害の認定を受けることができました。
これにより、依頼者には納得のいく額の慰謝料が支払われ、示談が成立しました。

代理人を務める際は、諦めずに粘り強く調査をして証拠を集めること、その結果を整理して丁寧に主張することを大切にしています。
そうすることで、難しいと思われる案件でも交渉を有利に進められることが多いのです。

02 弁護士としての強み

専門資格も活かし包括的な法的サービスを提供。依頼者の苦難を「プラスの経験」に変えていきたい


――平田先生の弁護士としての強みはどんなところでしょうか?

弁護士資格の他に、2級FP(ファイナンシャルプランニング)技能士の資格を持っています。
そのため、離婚や相続、債務整理といったご相談においても、生活の再建のために、法律論とは直接関係のないお金に関するアドバイスも可能な限り行っています。

また、企業からの顧問のご依頼もいただいており日常的にご相談も受けていますので、法的トラブル予防のための契約書の作成や、自社に有利な契約的結に向けてのアドバイス、債権回収のための内容証明の作成、従業員との労務トラブルの予防・解決など、さまざまなご要望にお応えできます。


――依頼者から相談を受けるときに意識していることはありますか?

やはり、皆さん不安な中、勇気を出して弁護士に相談に来て下さっているので、その不安を払しょくできるよう、やわらかく丁寧にお話を聞くことを大切にしています。
また、不安な気持ちを少しでも払しょくできるよう、「一緒に頑張っていきましょう」と、前向きな声をかけることもあります。
自分の身に納得のいかない出来事が起こったとき、しっかりと意見を主張し、戦うことも大切です。

以前、裁判が終わった後、依頼者から「先生に依頼して良かった。人生の大きなターニングポイントになった。」と言っていただいたこともありました。
もちろん、事案によっては、法律家ができることはごく限られる場合もありますが、依頼者にとっての苦難が、人生において「プラスの経験」に変わる一助となれるよう、全力でサポートしていきます。
常に新しい気持ちで、依頼者の方と「一緒に成長していく」という感覚で取り組んでいます。

03 弁護士を志したきっかけ

地域密着型の弁護士として、大好きな街、福岡の人のために尽力したい


――平田先生が弁護士を志したきっかけについて教えていただけますか?

大学の法学部で選択したゼミが非常に面白く、弁護士を目指すきっかけになりました。
行政法のゼミだったのですが、環境法政策を研究したり、東京の渉外弁護士事務所や官庁を訪問することもあり、広い社会に目を向けることができました。
また、福岡市で社会問題を扱う裁判を傍聴したり弁護士の先生からお話をお聞きしたことも、弁護士という仕事の意義の大きさを知る良い機会でした。


――事務所を開所されるとき、この場所を選んだのはなぜですか?

事務所を開所する前は県外で仕事をしていたので、自分が生まれ育った福岡で事務所を構えたいという気持ちが以前からありました。
福岡の友人・知人からご依頼・ご紹介を多くいただいていたことも、福岡に戻る理由の一つでした。

福岡のなかでも、中心部である天神エリアから少し離れた西新というこの場所は、福岡タワーや百道浜など、都会的なスポットもありながら、活気のある商店街もあり、人情味溢れる大好きな街です。
事務所は商店街から近いので、よくお昼ご飯や買い物で利用していますが、いろんなお店があるので、制覇するにはまだまだ時間がかかりそうです。
地域密着型の弁護士として、西新、早良区をはじめ福岡で暮らす方の問題解決をサポートしていきたいです。

04 悩みをもつ人に伝えたいメッセージ

敷居の低い事務所で、誠心誠意対応させていただきます


――話は外れますが、趣味はありますか?

本を読むことが好きです。
多くは小説ですが、ビジネス書や心理学の本など幅広く読みます。
最近は経営の本を読むことが多くなりました。
週末も仕事が入ることがありますが、休みの日はドライブに出かけたり、公園を散歩したりしています。

――ありがとうございました。最後に悩みを抱える方に向けてメッセージをお願いします。

敷居の低い和やかな雰囲気の事務所です。
一度足をお運びいただければ誠心誠意対応いたしますので、まずはお気軽にお問い合わせください。
電話でお問い合わせ
050-7587-1510
受付中

※お電話の際は「ココナラ法律相談を見た」とお伝えいただくとスムーズです。