こさか ほまれ

小坂 誉弁護士

弁護士法人栃のふたば法律事務所

栃木県宇都宮市花房1-15-18
対応体制
  • ◎分割払い相談可能
  • ◎初回相談無料
  • ◎休日相談可能
  • ◎夜間相談可能

【初回相談無料】依頼者と弁護士とが固い信頼関係を結んでチームワークを発揮した時こそ最大の成果が生まれると信じています。1人で悩まず、まずはご相談ください。

どんな弁護士ですか?

はじめまして。
弁護士の小坂誉(こさか ほまれ)と申します。

私は宇都宮生まれの宇都宮育ちです。
公立の小・中学校を経て宇都宮高校を卒業しました。
スポーツは少年野球と柔道の経験があります。

大学は早稲田大学法学部を卒業しました。
大学卒業後、東京の渉外法律事務所に就職してパラリーガルとして3年半の経験を積みました。
その後、司法試験に合格して同事務所で弁護士として企業法務に携わっていました。
そこではいろいろな職種の人が高いプロ意識を持って働いており、法律家としても人としても多くのことを学ぶことができました。

その後、私は故郷の宇都宮で開業し、分野を問わず多くの御相談を受けています。

趣味は幼稚園児の頃から始めた漫画です。
趣味、コミック本集めと言っても過言ではありません。
動物も好きで、いつか事務所で犬を放し飼いにしたいです。
休日はバイクでツーリングをしたり、山に登ったりして、夜は栃木の地酒を飲みます。

当事務所にお越しいただいたら、悩んでいること、期待していること、憤慨していること、その他何でもお話しください。
そして、同じ目的に向かって一緒に頑張りましょう。
依頼者と弁護士とが固い信頼関係を結んでチームワークを発揮した時こそ最大の成果が生まれます。
お互いにアイディアを出し合い、時には鼓舞し、時には助け合う、そんな関係を依頼者様と築いていくことを大切にしています。

◆ 経歴
━━━━━━━━━━━━
平成7年3月 栃木県立宇都宮高等学校を卒業
平成11年3月 早稲田大学法学部を卒業
平成15年12月 西村総合法律事務所(現:西村あさひ法律事務所)法務部に就職
平成18年11月 司法試験に合格
平成20年9月 弁護士登録(第一東京弁護士会)
        西村あさひ法律事務所へ再入所(弁護士)
平成24年4月 栃木県弁護士会に登録換え、栃のふたば法律事務所開業

どんな事務所ですか?

◆ 人を大切にすること
━━━━━━━━━━━━
弁護士は法律の専門家です。

法律は無機質なルールのかたまりのようにも見えますが、私はどんな法律も人のために存在していると思っています。
法律を扱うということは人を扱うということです。
人の思いを酌み取って法律に命を吹き込むこと、それこそが弁護士の仕事だと思います。

◆ 依頼者様の利益を第一に考えます
━━━━━━━━━━━━
弁護士は、依頼者様がいてこそ成り立つ職業です。

弁護士になりたての頃、私はこのことを十分に理解していませんでした。
法律論を重視しすぎて、正確かつ中立な意見こそが重要だと思っていたのです。

専門家として正確な情報を伝えることは当然必要ですが、もっと重要なのは依頼者様の利益になることを言うこと、ここまでいけば全て解決ですね、という場所まで依頼者様を連れて行くことです。

隙があれば依頼者様の利益を考える。
この姿勢を大切にし続けます。

◆ 結果へのこだわり
━━━━━━━━━━━━
弁護士の業務は、多くの場合、結果を出すことを確約できません。
裁判を例にとれば、弁護士同士がさんざん争った結果、一方は勝ち、他方は負けます。

したがって、弁護士が依頼者様にお約束できることは、せいぜい最善を尽くすということに止まります。

もともとそういうものですが、だからこそ、「やるだけやりました。」という言い訳を簡単にしてはいけないと思っています。
どんなに劣勢でも諦めないこと、最後まで結果を出すことにこだわり続けること、そうした姿勢で業務に臨んでいます。

こんな相談ならお任せください

◆ 交通事故
保険会社から提示される示談金額は、裁判をした場合の基準額より低いのが通常です。
弁護士が示談交渉をすることで適正金額に近づけるお手伝いをします。

◆ 労働問題
不当解雇や給料、残業代、退職金の未払問題、セクシャルハラスメントなど労使間や職場のトラブル全般について取り扱っています。

◆ 離婚
以下のような離婚問題全般を取り扱っております。
・ 協議離婚における公正証書の作成
・ 婚姻費用の支払請求
・ 離婚調停、離婚訴訟(親権、養育費、面会交流、財産分与、慰謝料、年金分割)
・ 養育費の支払請求(離婚後)
・ 面会交流(別居中・離婚後)
・ 慰謝料の支払請求(離婚後)
・ ドメスティックバイオレンス(DV)に対する保護命令申立

◆ 相続
遺産分割、遺言書の作成、遺留分の問題等を取り扱っております。

◆ 債務整理
借金が返せなくなってしまった方について、法的債務整理(自己破産、個人再生、任意整理、特定調停等)を行います。

◆ 債権回収
売掛金、請負代金、医療費、貸金、家賃、示談金その他の債権全般について示談交渉、訴訟、強制執行等によって債権の回収を図ります。

◆ 借地・借家問題
未払賃料の回収、賃貸借契約の解約、土地建物の明け渡し、修繕義務の履行、賃料の増減額等に関する問題等を取り扱っております。

◆ 医療過誤
医師の誤診、治療ミス、説明義務違反、転送義務違反等によって生命・身体に損害が発生した場合、依頼者を代理して医師や病院を相手に損害賠償請求を行います。

◆ 刑事弁護
警察から事情聴取のために呼ばれている方、現に警察によって逮捕されたり勾留されたりしている方、起訴されて刑事裁判を待っている方等の弁護を行います。

◆ 刑事告訴
暴行、脅迫、詐欺等の被害を受けた方を代理して刑事告訴を行います。

◆ 少年事件
未成年者は非行を犯すと家庭裁判所の審判を受けることになります。

その際、少年の付添人として被害者と示談交渉をしたり、職場や学校への復帰の手伝いをしたり、裁判所に意見書を提出したりして、少年が早期に社会復帰できるようお手伝いをします。

◆ 行政事件
行政処分に対する審査請求、異議申立、取消訴訟等を行います。

◆ 顧問契約
顧問契約にも対応しております。
当事務所では、現在訪問看護ステーションや介護施設等の顧問をお引き受けしています。

<顧問契約のメリット>
・ 事業の内情にマッチしたアドバイスを受けられる
・ 緊急の対応を頼める
・ 顧客や取引先からの信用が高まる
・ 予想していなかった法的リスクを回避しやすくなる
・ 弁護士のアドバイスが事業のノウハウとして蓄積する

電話で面談予約
028-635-3331
時間外

※お電話の際は「ココナラ法律相談を見た」とお伝えいただくとスムーズです。