こさか ほまれ

小坂 誉弁護士

弁護士法人栃のふたば法律事務所

栃木県宇都宮市花房1-15-18

対応体制

  • 分割払い利用可
  • 初回面談無料
  • 休日面談可
  • 夜間面談可
  • ビデオ面談可

注意補足

ビデオ面談は有料となります(1時間ごとに1万1000円)。

借金・債務整理

【自己破産の実績豊富】【個人再生や任意整理にも対応】弁護士依頼でまずは催促をストップ!【浪費、FX、外貨投資、住宅ローンなど多数取り扱い】500万円以上の借金でもお任せください。早めのご相談で人生の再スタートを!

小坂 誉弁護士の借金・債務整理分野での強み

◆一人で抱え込まずに、早めにご相談
━━━━━━━━━━━━━━━━━
浪費による借金問題のご相談をよく受けています。
高級時計を何本も買ってしまったというような典型的な浪費は常にあります。
最近はFXや外貨投資といった金融商品が原因となっている借金問題も目立ちます。

当事務所では、住宅ローンの返済が困難になってしまったというご相談も多く取り扱っています。
返済できる見込みがないのにマンションを購入してしまって返せなくなったといったご相談は、比較的若い年代層に見られるパターンです。

40代から50代くらいの層では、堅実に働いてこられたけれどもリストラにあって返済困難になった、個人事業をしていた方が諸事情により売上が急減してしまいローンが返せなくなったといったご相談が多いと感じています。
借金で悩んでいる方は、後ろめたさがあるのか、自力で何とかしようとして弁護士への相談が遅くなる傾向があります。
しかし早めにご相談いただいたほうが、ご提案できる選択肢がたくさんあるのが事実です。
一人で抱え込まずに、まずは気軽にお問い合わせください。


◆自己破産の最大のメリット「借金ゼロ」
━━━━━━━━━━━━━━━━━
借金問題でご相談にいらっしゃる方の中には、返済のためにさらに借金を重ね、債務の総額が500万円や600万円くらいまで膨らんでしまい、どうにもならなくなって駆け込んでこられる方が多いです。
このような場合に活用できるのが、自己破産という手続です。
自己破産は借金を返済できなくなった人が、最低限の生活を維持しながら人生の再スタートを切るために設けられている手続です。
この手続を使って裁判所に返済免除が認められれば、すべての債務の返済義務がなくなり、かつ一定額の現金や家財道具などを手元に残すことができます。
ただし、デメリットもあります。

<自己破産のデメリット>
・高額な財産、持ち家(ローン返済中も含む)や土地などは処分
・ブラックリストに載り、自己破産から5年〜10年の間は借り入れができず、クレジットカードの利用や新規作成もできない
・警備員や生命保険の外交員、古物商、宅地建物取引士など、つくことができなくなる職種がある
・国が発行している「官報」という刊行物に名前と住所が記載される

逆にいえば、デメリットはこれだけです。
破産という言葉のイメージから、選挙権がなくなってしまうとか、戸籍や住民票に情報が載るとか、海外に行けない、賃貸住宅が契約できない…というような誤解をされている方も多いのですが、そのような制限はありません。
借金問題に悩まされる日々から解放され、新たな一歩を踏み出すために、ぜひご相談ください。


◆個人再生や任意整理にも対応します
━━━━━━━━━━━━━━━━━
借金問題を解決するための手続として、自己破産のほかに個人再生と任意整理という2つの手続があります。
個人再生は、借金をゼロにする自己破産とは違い、借金を減額(原則として5分の1)してもらって分割で返済していくための手続です。
返済を続けられるくらいの収入があることが条件になりますが、ご自宅などを手放さなくて済むというメリットがあります。
自己破産が裁判所に認めてもらえなかった場合にこの手続を使うこともあります。
任意整理は、自己破産、個人再生と違って、裁判所が関わることはなく、弁護士が債権者と交渉して進めることができる簡易な手続です。
書類の準備などはないので手軽ではありますが、減額という点ではあまり効果的ではありません。
当事務所では、生活再建に最もつながりやすい自己破産のお手伝いをさせていただくことが圧倒的に多いですが、個人再生と任意整理にも対応しています。
ご事情やご要望に合わせて解決策を提案しますので、早めのご相談をお勧めします。

借金・債務整理分野での相談内容

相談・依頼したい内容

  • 自己破産
  • 過払い金請求
  • 任意整理
  • 個人再生
  • 民事再生
  • 信用情報回復
  • 時効の援用
  • 督促の停止
  • 特定調停
  • 法人破産
  • 借金返済の相談・交渉

問題の特徴

  • 闇金被害
  • 多重債務

あなたの特徴

  • 連帯保証人
  • 個人・プライベート
  • 法人・ビジネス

借金の種類

  • 不動産担保ローン
  • 住宅ローン
  • サラ金・消費者金融
  • クレジット会社
  • リボ払い
  • 銀行借り入れ
  • 奨学金
  • 詐欺被害での債務

どんな事務所ですか?

◆ 人を大切にすること
━━━━━━━━━━━━
弁護士は法律の専門家です。

法律は無機質なルールのかたまりのようにも見えますが、私はどんな法律も人のために存在していると思っています。
法律を扱うということは人を扱うということです。
人の思いを酌み取って法律に命を吹き込むこと、それこそが弁護士の仕事だと思います。


◆ 依頼者様の利益を第一に考えます
━━━━━━━━━━━━
弁護士は、依頼者様がいてこそ成り立つ職業です。

弁護士になりたての頃、私はこのことを十分に理解していませんでした。
法律論を重視しすぎて、正確かつ中立な意見こそが重要だと思っていたのです。

専門家として正確な情報を伝えることは当然必要ですが、もっと重要なのは依頼者様の利益になることを言うこと、ここまでいけば全て解決ですね、という場所まで依頼者様を連れて行くことです。

隙があれば依頼者様の利益を考える。
この姿勢を大切にし続けます。


◆ 結果へのこだわり
━━━━━━━━━━━━
弁護士の業務は、多くの場合、結果を出すことを確約できません。
裁判を例にとれば、弁護士同士がさんざん争った結果、一方は勝ち、他方は負けます。

したがって、弁護士が依頼者様にお約束できることは、せいぜい最善を尽くすということに止まります。

もともとそういうものですが、だからこそ、「やるだけやりました。」という言い訳を簡単にしてはいけないと思っています。
どんなに劣勢でも諦めないこと、最後まで結果を出すことにこだわり続けること、そうした姿勢で業務に臨んでいます。

事務所の特徴

  • 完全個室で相談
  • 駐車場あり
  • 子連れ相談可
電話で面談予約
050-7586-1206
時間外

※お電話の際は「ココナラ法律相談を見た」とお伝えいただくとスムーズです。