みたむら ともひこ

三田村 智彦弁護士

西谷・三田村法律事務所

京都府京都市中京区富小路通丸太町下ル 富友ビル2階

【京都市中京区の法律事務所】「紛争を未然に防ぎたい」との思いを胸に日々弁護士業務にあたっています。お早めにご相談いただくことが有利な解決へとつながります。まずはお気軽にお電話ください。

どんな弁護士ですか?

「紛争を未然に防ぐお手助けがしたい。」

京都で生まれ育ち、その後名古屋で勤務弁護士として5年間勤務した後、出身地である京都にて西谷・三田村法律事務所を開設するに至りましたが、その想いは今も変わりません。
交通事故など突発的な事象を除けば、法的な紛争は緊密な人間関係の元で生じてきます。
当然、紛争となれば、過去の人間関係をぶり返し、紛争が紛糾することも珍しいことではありませんし、紛争も長期化しがちです。
そういった場面では弁護士である私があなたの代理人として、「あなた」から詳しい事情を丁寧にお聞きし、最善の解決策を一緒に考えていきます。

不動産問題、相続、離婚・・・法的な問題が生じた場合、当事者同士で話をしても解決がうまくできず、仕方なく弁護士を頼まれる方も多いのではないかと思います。
しかし、紛争が紛糾、長期化してしまえば、「あなた」自身もその紛争のために身体的にも精神的にも消耗しかねません。
私がこれまで扱った事件でも、もっと早く相談に来てもらえていれば、有利な状況を作ることが可能な場面もあり(被害を最小限に抑えることが可能であった場面もあり)、紛糾、長期化する前に早期に解決し得た、もしくは紛争にすらならなかったと思う案件もありました。
事前に弁護士に相談し、できる限り「あなた」が抱えるかもしれないリスクを軽減することが紛争の紛糾、長期化を避けることにつながります。

このページを見られたあなたは、法的な問題を抱え、それを解決するためにご覧になられているのだと思います。
お気軽にお電話ください。お早めの対応が肝心です。

どんな事務所ですか?

西谷・三田村法律事務所は、京都市中京区にある法律事務所です。

「紛争を未然に防ぐお手助けがしたい。」
その願いを持って、西谷拓哉弁護士、三田村智彦弁護士の両名が2018年1月に新たに立ち上げた法律事務所です。

個人のお客様向けには、離婚などの夫婦間の問題、相続問題、労働問題、交通事故、債務整理、不動産問題、刑事事件をはじめとする身近な法律問題を、また法人のお客様向けには労働問題や債権回収、不動産、契約書チェック、顧問対応を含めた諸問題を幅広く扱っています。
「もしかしたら揉めるかもしれない」と思ったら、是非お早めにご相談下さい。紛争を未然に防ぐために尽力致します。

<充実した対応体制でお迎えします>
◆当日・休日・夜間の相談も可能です◆
急ぎのご相談がある際や、平日や日中に来所するお時間がない方も、ご事情を考慮し、柔軟に対応いたします。
(夜間の相談は20時までとなっております)

◆ご事情がある場合は電話相談も可能です◆
遠方の方やご来所が難しい方については、電話相談もお受けしております。

◆24時間メールで受付しています◆
365日24時間メールにてご予約をお受けしております。お気軽にお問い合わせください。

<アクセス>
丸太町駅・神宮丸太町駅から徒歩7分です。

事務所の特徴

  • 近隣駐車場あり

こんな相談ならお任せください

◆不動産・住まい◆

これまで、建物明渡しを十数件扱っており、その中には滞納家賃が多額に及ぶもの、立ち退き交渉を行うものがありました。その中には、明渡しの執行(断行)まで取り扱ったものもあります。
このような経験から、当初より今後の見通しを伝え、また滞納する賃借人に早期に退去いただけますので、新たな貸主に物件を貸したいというオーナー様の希望にも沿うスピーディな対応が可能です。

その他、境界紛争や建築瑕疵について、他の士業と連携し、対処した経験もございますので、安心してご相談ください。

<このようなご相談はお任せください>
・未払賃料等の回収をしたい。
・早期に建物を退去(明渡し)してもらいたい。
・原状回復費用が相当かどうかわからない。

<特に力を入れている案件>
・建物明け渡し
・未払賃料等回収
・賃料増(減)額訴訟
・共有物分割請求
・建築瑕疵
・境界確定

◆相続・遺言◆
遺産相続問題は、家族や親戚だからこそ互いの感情が絡み、複雑になりやすい問題と言えます。また、長期化すればするほど解決までにも時間がかかることが多く見受けられますので、なるべくお早めにご相談にお越しください。ご事情やご依頼者様のお気持ちに寄り添った解決を目指して、尽力いたします。

<このようなご相談はお任せください>
・亡くなった両親は、兄と同居していて、両親の財産を兄が全く教えてくれない。
・亡くなった父が公正証書遺言を残したが、同遺言書には私に相続される財産の記載がない。

<特に力を入れている案件>
・遺産分割協議
・遺言書作成
・遺留分減殺請求

◆交通事故◆
後遺障害非該当から異議申立てにより、後遺障害等級12級、14級獲得の経験があります。「後遺障害に非該当だから……」と諦める必要はありません。正当な等級を獲得できるよう、全力でサポートいたします。また、死亡事故案件も取り扱い経験があります。

<このようなご相談はお任せください>
・交通事故に遭い、現在通院している。まずは何をすればいいか。
・保険会社からの提示額が妥当かどうかを知りたい。
・治療の打ち切りを迫られているが、痛みがまだ残っているが今後の対応はどうすればいいか。
・保険会社から提示された過失割合が妥当かどうか知りたい。
・後遺障害に納得がいかない。

<特に力を入れている案件>
・示談交渉
・後遺障害等級認定
・損害賠償請求
・自賠責保険金の請求
・交通事故訴訟

電話でお問い合わせ
075-708-7774
時間外

※お電話の際は「ココナラ法律相談を見た」とお伝えいただくとスムーズです。