いかわ けいこ

井川 慶子弁護士

梅田アリスト法律事務所

南森町駅

大阪府大阪市北区西天満6-8-7 DKビル2階
対応体制
  • 初回面談無料
  • 休日面談可
  • 夜間面談可

【女性弁護士直通電話】【女性弁護士によるご相談】【弁護士経験10年以上】迅速・丁寧に、依頼者にとって最も良い解決を目指します。 事務所の場所は、大阪梅田から徒歩でお越し頂けます。

どんな弁護士ですか?

■╋■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ╋■┛3つのこだわり
 ■┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


◇━┓
┃1┃初回相談無料
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

当事務所では、初回相談無料を実施しております。(※無料の相談内容は限定しております。)
まずは、お気軽にご相談下さい。

◇━┓
┃2┃アクセスの良い場所
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪梅田から、徒歩圏であり、1号線という大通りに面したビルになります。お越し頂く際には、横に銀行がありますので、目印になるかと思います。

◇━┓
┃3┃料金体系
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

依頼者の方にとって、弁護士に依頼することで、一体どの程度のお金がかかるのかが、まず不安になことかと思います。かかる費用については、明確に規定しておりますので、ご安心下さい。
また、不明な点は何でもお問い合わせ下さい。

※なお、平日は、裁判等で外出している時間も多数ありますので、電話でのお問い合わせに即座に対応できない場合があります。その場合、メール等にてお問い合わせ頂ければ、対応させて頂きます。

◆弁護士として大切にしていること
━━━━━━━━━━━━
私は、弁護士として最も大切はものは、依頼者にとってより良い解決を探し、それに向かって進んでいくことだと考えております。問題が生じた場合、専門家の意見をまず聞き、対策等をとることで、最善の方法をとることが可能になる場合も多数あります。

また、ご相談にお越し頂いた際、もう少し前にご相談にお越し頂ければ対応可能だったのですが、既に対応不可能な場合もあり、非常に残念な思いをしたことが多数あります。ですので、問題が起きた場合、一人で悩まずに、まずご相談にお越し下さい。

・趣味
ゴルフ・漫画収集

・好きな言葉
初心忘れるべからず。

・好きな本
漫画(ONE PIECE)

・好きな音楽
テイラースウィフトの曲

・好きなスポーツ
ゴルフ・テニス・フィギュアスケート(観戦)

・好きなテレビ番組
そこまで言って委員会

どんな事務所ですか?

事務所名 梅田アリスト法律事務所
代表弁護士 井川 慶子 ( いかわ けいこ )
〈 大阪弁護士会 登録番号 34952 〉
所在地 〒530-0054 大阪市北区西天満6-8-7 電子会館ビル2階
電 話 06-6926-4465
F A X 06-6926-4475
執務時間 平日 9:30 〜 18:00( 土日祝のご相談は事前ご連絡ください )

・アクセス
【 電車の場合 】
東梅田・南森町から徒歩8分。
【 お車の場合 】
1号線沿の三菱東京UFJ銀行の横。

こんな相談ならお任せください

◆ 離婚・男女問題
━━━━━━━━━━━━
《 よくあるご相談分野》
*既婚の方
・浮気・不倫の慰謝料を請求したい/された
・養育費を支払ってほしい/増額・減額したい
・離婚時の財産分与

・モラハラを原因に離婚したい
*未婚の方
・浮気・不倫の慰謝料を請求された
・望まない妊娠で中絶した慰謝料請求したい/された
・婚約破棄の慰謝料請求したい/された

《 よくあるご相談例》
「夫に不倫されたから慰謝料を取りたい」
「不倫相手の配偶者から慰謝料を請求された」
「離婚したいのに相手が応じてくれない」

「慰謝料、親権について話がつかない」
「突然子供を連れて妻が家を出て行ってしまった」
「突然裁判所から離婚調停の呼出状が届いた」
「慰謝料・親権についてもめている」

◆労働問題
━━━━━━━━━━━━
《 よくあるご相談分野》
・残業代未払い
・賃金未払い
・セクハラ

・パワハラ
・不当解雇
・退職勧告
・マタハラ
・労災認定

《 よくあるご相談例》
「120時間分の残業代が支払われていないので請求したい」
「待ってほしいとなんども言われて賃金を支払われていない」
「上司から昇給したければデートしろと言われている」
「上司が上司のミスを自分のせいにしてくる」
「会社から解雇されたが、理由に不満がある」
「会社から自主退職の紙を書くように強要されている」
「産休から戻ったら、不当な人事異動で家族と離れ離れになるように仕向けられた」
「勤務中だったので労災を認定してほしいと行ったが断られた」

◆相続事件
━━━━━━━━━━━━
《 よくあるご相談分野》
・遺産分割で争っている。
・遺言書が出てきたが、自分の取り分がない。
・遺言書を作成したい。
・将来、事業を子供に引き継がせるために遺言書を作成したい。

《 よくあるご相談例》
「他の兄弟が親の財産を預かっていて、まともに遺産分割ができるか不安がある」
「遺言書で、弟に全部あげるとなっている。全くもらえないのか?」
「別れた元妻との間に子供がいる。現在の妻との間にも子供がいる。現在の子供に多く渡したい」
「長男に事業を引き継ぎたいが、子供が4人いる。経営権を長男に渡せるように遺言書を作成したい。」
電話でお問い合わせ
06-6926-4465
時間外

※お電話の際は「ココナラ法律相談を見た」とお伝えいただくとスムーズです。