あまの ひとし

天野 仁弁護士

弁護士法人ステラ

東京都新宿区左門町4 四谷アネックス5階
対応体制
  • ◎分割払い相談可能
  • ◎初回相談無料
  • ◎休日相談可能
  • ◎夜間相談可能
注意補足

お電話では簡単に内容を伺います。その後必要に応じて、来所相談のご案内をさせていただきます。

【初回相談無料】【夜間休日対応可】銀行勤務17年の経験があり、冷静な折衝をする交渉力には自信があります。依頼者の方のお話を丁寧にじっくりとお聞きし、問題解決に取り組みます。信頼関係を大事にし、クイックレスポンスを心がけております。

どんな弁護士ですか?

◆ 理念・志
━━━━━━━━━━━━
人や社会と関われる仕事がしたいと思い、17年の銀行勤務を経て、45歳で弁護士になりました。
銀行員時代の各関係セクションとの折衝の経験や、ビジネスマンとして信頼を得るという経験は、現在も弁護士活動に活きていると思います。

私は人や社会と関わることが好きなので、トラブルや紛争を解決したいという思いもあります。案件を任せてもらえる段階でも嬉しいですし、依頼者の方の信頼に応えたいと思い、問題解決にあたります。世の中は様々な事件で溢れていますが、自分なら上手く解決できると思っています。そうして、事件に関わって、自分なりのやり方でやらせていただき、依頼者の方に感謝をいただいた時には本当にやりがいを感じることができます。

◇弁護士としての強み

・交渉力
17年の銀行員としての経験の中で、様々な関係者と折衝をして物事を進めるという機会がありました。その時に培った、冷静に相手の立場を踏まえつつ交渉を進めるという交渉力は、今も弁護士の活動に活きています。

・丁寧に話を聞く姿勢
私は、面談の時にはしっかりと依頼者も方のお話を聞くことを心がけています。実は最初に話してくれる話の中に、重要な情報が隠れていることもあります。しかも依頼者自身がそれに気づいておらず、あっさりと話してしまうこともあります。そういう情報も聞き逃さないよう、話を遮ることはせず最後まで丁寧にお話を聞きます。また、しっかりと話を聞くことは、お客さまに信頼してもらうためにも重要だと思っています。

・クイックレスポンス
お客さまからの連絡などに早く反応するクイックレスポンスも強みです。銀行員としての社会人経験から信頼関係を結ぶには、まずは素早い返答が相手を不安にさせないためにも大事だと思っております。

◆ 略歴・所属
━━━━━━━━━━━━
◇所属
東京弁護士会 第47669号

◇学歴
出身高校 神奈川県立川和高等学校
出身大学 早稲田大学法学部
出身法科大学院 早稲田大学大学院法務研究科

◇経歴
みずほ銀行

◆ 過去の弁護活動事例
━━━━━━━━━━━━
銀行員としての経験が直接弁護活動に活きたこともありました。
兄弟の相続争いで、兄が毎日ATMで50万円ずつ降ろして亡くなった父の預金から現金で約1億円を持って行ってしまった事件で、現金の持ち出しというのは立証するのが困難で、銀行には防犯カメラの映像の保存期間も過ぎているのでないと言われてしまいました。しかし取引履歴の中に現金を降ろしたATMの支店番号が残っており、その支店の場所からお金をおろしたのは兄以外ありえないと主張することができ、全面勝訴に繋がりました。これは銀行員の経験があったから気付けたことで、今後も銀行が絡むような案件では活かしていきたいと思います。

どんな事務所ですか?

◆ 所在地・アクセス
━━━━━━━━━━━━
四谷三丁目駅「1番出口」から徒歩2分
利便性の高い場所に事務所を構えています。

◆ 事務所理念
━━━━━━━━━━━━
弁護士法人ステラは身近で利用しやすい法律事務所を目指しております。
法律的な問題は、できる限り早く専門家と相談することで、解決が容易になる場合があります。
また、相談が遅れた場合、問題が進展したり、こじれてしまい、解決に多大な時間を要したり、解決が困難になることもあります。

弁護士法人ステラは、個人のお客さま、法人のお客さまの身近なパートナーとして、日頃からさまざまな法律問題に、迅速・誠実に対応させていただいております。

一緒に問題を解決していきますので、どんなに些細な事でもひとりで悩まず、お気軽にご相談ください。

◆ 対応体制
━━━━━━━━━━━━
◇初回相談無料
初回面談相談は1時間無料です。
弁護士法人ステラは、身近で垣根の低い、利用しやすい法律事務所を目指しています。
どうぞお気軽にお電話でご予約ください。
今何をすべきか、今後どうすべきか、初回相談の中で出来得る限りのアドバイスをさせて頂きます。
また、ご依頼をお受けする際には、事前に着手金や報酬についてご説明いたします。

◇柔軟な対応体制
時間調整をさせていただいたうえで、夜間休日などの業務時間外でもご相談をお受けいたします。
初回のご相談につきましては、原則として直接お会いして行います。
委任契約締結後は電話や電子メールで連絡を取り合うことも可能です。

◇お問い合わせは24時間メール、電話可能
弁護士が出られない場合でも、可能な限り早く折り返しのお電話をさせて頂きます(夜間の場合には翌日になることがあります)。
お電話が難しい場合はメールでのお問い合わせでも構いませんので、お気軽にご連絡下さい。
※ご相談内容欄に、性別・ご年齢・お住いの都道府県・簡単なご状況をご記載ください。

事務所の特徴

  • 完全個室で相談
  • バリアフリー
  • 近隣駐車場あり
  • 子連れ相談可

こんな相談ならお任せください

◇主な取り扱い分野

◆ 離婚・男女問題
━━━━━━━━━━━━
離婚、内縁(婚約)破棄、不倫などの男女問題は、当事者同士では、どうしても感情的になり解決が難しい問題です。
離婚に関する問題としては、親権、財産分与、慰謝料、養育費、お子さんとの面会交流、年金分割などがあります。また、離婚後においても、親権者変更や養育費の増額・減額請求の問題が生じる場合があります。弁護士法人ステラでは、これらの問題について納得のいく解決ができるように全力でサポートいたします。

◆ 相続
━━━━━━━━━━━━
遺産相続は、誰もが必ず直面することでありながら、知識不足で、泥沼の状態に陥ってしまうケースが多く存在する厄介な問題です。
相続人間で遺産分割協議がまとまらない、遺言が残されていたものの遺留分を侵害している、認知症の被相続人に対し相続人の一人が自分に有利な遺言書を書かせた、被相続人の生前に相続人の一人が多額の預金を引き出したなど、相続をめぐっては様々な問題が起きます。弁護士法人ステラは、このような問題を法的な手段を用いることによって解決していきます。

◆ 破産
━━━━━━━━━━━━
自己破産とは、借金の返済ができなくなった方で、任意整理といった方法をとれない事情がある場合に、裁判所への申し立てにより、借金のすべてを帳消しにして人生の再スタートを切る方法です。ギャンブルや浪費が原因の方でも自己破産ができる可能性はあります。自己破産をすると、永久にブラックリストに載るのではないかと心配なさる方も多いのですが、そのようなことはありませんのでご安心ください。
弁護士法人ステラでは、借金に苦しんでいらっしゃるご相談者さまのために、最適な形でのサポートを行っておりますので、お気軽にご相談ください。

◆ 交通事故
━━━━━━━━━━━━
交通事故で怪我をした場合、最優先はもちろん怪我の治療ですが、それと並行して、まずは弁護士に相談することが重要です。
というのも、相手保険会社が提示する交通事故の示談金は、弁護士に提示する金額(裁判所基準)の方が弁護士以外に提示する金額(保険会社基準)よりも高く、自分で相手保険会社と交渉するより、弁護士に依頼した方が、弁護士費用分を差し引いても、高い金額で示談できる可能性が高いからです。
交通事故の被害に遭われた方は、どなたでも、どのようなタイミングでも、まずは豊富な交通事故の解決実績を持つ弁護士法人ステラにご相談ください。

◆ 労働事件
━━━━━━━━━━━━
不当解雇や不当な退職勧奨、残業代の不払い、社員間のパワハラ・セクハラなど、労働者をめぐる問題は様々です。
例えば、会社でセクハラ・パワハラを受けているのに、そのまま泣き寝入りしている方はいらっしゃいませんか?
セクハラ・パワハラを受けて、泣き寝入りをしたり、自主退職したりする必要はありません。
お一人で悩まずに、まずは私たち弁護士法人ステラにご相談ください。ご相談者さまにとって、ベストと考えられる方法を一緒に検討してまいります。

◆ 刑事事件
━━━━━━━━━━━━
刑事事件で逮捕され、逃亡や証拠隠滅のおそれがあると認められる場合、起訴か不起訴かの結論が出るまでに、最長で23日間(逮捕で3日間。その後、裁判所で勾留が認められれば、10日間。勾留延長が認められれば、さらに10日間。)、身柄拘束を強いられる恐れがあります。
その間に、被疑者に代わって、被疑者の不起訴、早期の身柄解放に向けて、証拠収集や被害者との示談交渉等を進めるのが、弁護士による被疑者弁護の活動です。被疑者弁護では、できるだけ早く弁護活動を行う必要がありますので、ご家族、ご友人等が逮捕された場合、まずは、弁護士法人ステラにご一報ください。

◆ 企業法務
━━━━━━━━━━━━
企業の事業活動に関わる法律問題は、例えば会社の設立や、会社間の取引、会社内の人事や労務関係、さらには会社の解散に至るまで多岐にわたります。法律はこれらの事業活動と密接な関係にあり、企業の経営にとって欠かせないものなのです。
さらにトラブルを未然に防ぐための予防法務も重要です。例えば、会社間の契約書のリーガルチェックや、従業員に対するコンプライアンス研修などです。これらは、第二の企業法務といえます。
企業法務に関するご依頼・ご相談は、ぜひ弁護士法人ステラまでお寄せください。

電話で面談予約
050-7586-2732
受付中

※お電話の際は「ココナラ法律相談を見た」とお伝えいただくとスムーズです。