破産 車購入 免責通らなくなる

車を必要とする事情を説明したりする必要があるでしょう。 一般的に車体価格20万円程度であれば大きな問題は起きづらいですが、あなたの経済状況や資産状況によりけりです。 ここで相談するより、きちんとご依頼している弁護士に相談をしてから購入...

財産開示手続きの回避について

強制的に受け取ったという手続にすることも可能です。 公示送達といいます。 財産開示手続を拒否し続けると刑事告訴されて、最終的に刑事手続に移行するので気を付けてください。 速やかに弁護士に相談することをおすすめします。

個人間の借金と法的な利息

倍額をいつまでに払うという約束をしたのか、など返済した金額がどの程度かわかるような資料(通帳など)をお持ちになってお近くの弁護士事務所などで相談した方がいいでしょう。 過払いになっているかもしれません。

後払いのトラブルです…

回答いたします。 商品を購入したのであれば、投稿者様は、代金を支払う法律上の義務があります。 放置をするのではなく、相手方にはすぐに連絡をした方がよいと思います。 事情を話せば、減額や分割支払いなどに応じてくれる可能性もありますの...

返済ができなくなったクレジットカード会社の対応

半分返しても、残額は免除されないですよ。 単に、元本分と遅延損害金に充当されるだけです。 現時点で、支払ってもらえるものについてまず払ってもらおうと考えて 言っているだけかと思います。 記載の内容からすでに債務整理等の相談が必要な状況...

生活保護申請前の借金について

22歳 無職 生活保護 上の借金だとどれくらいの費用がかかりますか? なにかしておいた方がいいことはありますか? また、支払いができそうにないのですがそのままでも大丈夫なのでしょうか? 親に少しお金を借りてでもリボなどの支払いはした方...

生活保護中の借金について

自己破産を考えているのですが可能でしょうか? →問題ありません。もっとも、ソーシャルワーカーさんなどに申告・相談し、法テラスに問い合わせるのが良いと思います。法テラスでのご相談の際は生活保護受給証明書など相談にあたり必要な書類もありま...

株式会社の損害賠償に対する代表取締役の責任の範囲について

【質問5について】 原則として、経緯3及び4記載のご理解で正しいと思慮いたします。 なお、4に関しては、会社の担当者として業務にあたった人物個人の過失により、相手方に損害を与えた場合、契約当事者ではないとしても、直接に損害を与えた人...

同時廃止か少額管財か

>私の場合同時廃止になる確率と少額管財事件になる確率どちらが高いでしょうか? 換金行為を行った時期などについてもお聞きする必要がありますが、管財事件となると思っておいた方がよろしいかと思います。

自己破産 いつまで口座の動きを見られるのか

申し立てから免責がおりるまでかなり時間がかかる印象ですが、その間口座の動きはずっと監視されるのでしょうか。 →裁判所に提出した書類しか裁判所は考慮せず、積極的にそれ以上裁判所などが口座の動きを監視するわけではありません。詳しいこと等は...

債務整理について強い弁護士さんと費用が少しでも安い方希望

債務整理について強い弁護士さんと費用が少しでも安い方希望 →費用を安くということでしたら、法テラス利用可能な弁護士に依頼するのが一番安いかと思いますので、法テラス利用可能な弁護士を検索されるか、または法テラスで直接ご相談されることをお...

自己破産する場合の不動産の扱い

表題登記をする場合、土地家屋調査士に依頼する必要があり、図面を作成するなど かなりの費用がかかりますね。 借地権はどうなっていますかね。 契約書や地代の支払いですね。 あなたが相続してますかね。 管財人も換価しようがないなら、財団放棄...

詐欺 逮捕 破産手続き

刑事事件と破産事件は別物なので、裁判所がすでに破産開始決定を出している場合、破産事件はそのまま進行することになります。 債権者であるあなたが今できることとしては、破産者の債務を消す(=免責)ことは不当だという意見を裁判所・管財人に強く...

現実に資産のない人に損害賠償を求める人がいるのか?

判決等の債務名義を獲得する目的で民事訴訟等を提起する意味はあります。一旦債務名義を獲得すれば確定後向こう10年間は強制執行できることになります。 ご指摘のとおり、その後資産を蓄えられた場合には、その財産を差押え等することができるのです。

自己破産中の訴状に対して。

訴訟を提起してきた原告が、債権者一覧表に記載されているかどうかを確認しましょう。記載されていた場合には、破産管財人と連絡して今後の対応を聞いてください。記載されていない場合には、新たな債権者として届出をする必要がありますので、申立人代...

兄弟間の借金について

>1.借用書には連帯保証人に生命保険加入と書かれています。受け取りは貸し主です。また生命保険料は借り主が払うことになっていますがこのような契約は法律的に可能なことなのでしょうか? 法律的には可能です。 >2.貸し主から借用書の巻き直...

自己破産中の訴状について

自己破産の申立てのご依頼をされた場合、通常、申立てに向けた諸準備を要します。 それらの諸準備に数か月はかかることもあります。 なお、開始決定が行われるのは、申立ての準備が整い、裁判所に自己破産の申立てが行われた後になります。 他方、...

自己破産手続き前の後払い

厳密には良くないのですが、実務上は、弁護士が債権者に通知する前の 支払いなら、偏波弁済と見られることはないですね。 通知後の支払いはだめですね。

多重債務による自己破産

請求書や裁判所から送られてきた書面などをまとめておき、一度弁護士に面談することをおすすめします。 未払の税金もあるようですので、その内容もしっかりとまとめておくべきです。 ご指摘のとおり、裁判所を利用した債務整理の手続は、大きくは自己...

所得隠し?車の引き揚げについて

所得隠しという表現はおかしいですが、破産直前に前の車を処分しているのですから売却代金の行方は問題になるでしょう。 申立時に申告していなかった場合は、財産隠しとして免責にも影響がある可能性もあります。 実際に手続の中でどう処理されるかは...

自己破産手続き進めてくれる方

自己破産の場合、弁護士費用の分割払いには柔軟に応じる事務所が多いです。 お支払いできない月がある場合には、その理由を事前に連絡すれば対応できる場合があります。 さいたま市での自己破産を取り扱っている事務所にご相談なさることをお勧めします。

自己破産の対象かどうか

匿名A先生と同じく、状況があまりよく分からないですが、弁護士が受任しているのであれば、その弁護士としては自己破産の見通しがあってのことなのではないでしょうか。 ただ他に債務がなく、賠償金額が50万円である反面、ある程度の収入・財産が...

自己破産中の失業手当

破産手続開始決定日は裁判所が決定をした日です。決定書を見ればわかるのでご確認下さい。代理人弁護士がいるならその弁護士の手元にありますし、そうでないならあなた自身に送られてきているはずです。