自己破産の手続きについて、

>まだ裁判所からの通知は来てないようです、 >弁護士さんは何かあれば連絡すると言ってますが、追加書類を提出するとか裁判所から言われず >審査が行われているのでしょうか? 1月30日申立てで破産手続開始決定がまだ出ていないとなると、裁...

滞納家賃と借金問題についての相談

現在自己破産の手続を取る準備段階ということは、既に支払不能の状態なのではないかと推察されます。 そうすると、理屈上は、その1社のみ交渉で和解契約を結ぶよりも、破産の債権者に加えたうえで、他の債権者と平等に扱う手続を取るべきように思われます。

"未成年取り消しについて。

取り消された行為は、初めから無効となります(民法121条)。 ご相談者様がどのように相手方に伝達したかは不明ですが、後日の紛争防止のために、未成年行為取消権を行使することは口頭ではなく書面等の形に残るもので明示した方が良いでしょう。

横領問題に関する支払い義務と示談取り消しについての相談

しかし、示談金を支払って示談をしているにもかかわらず、追加で請求をされた場合は支払いをしないといけないのでしょうか? >>こちらの判断は抽象的には不可能です。示談書に記載されている具体的な内容次第であり、安易に請求に応じることは示談が...

自己破産予定について、ワイモバイル通信契約の影響について

直ちに、可能とは断言できません。 私が管財人として関与する場合は、高額でない機種代金の通信費に合わせた分割支払はあまり問題視しませんが、裁判所や管財人によっては偏頗弁済として問題視する可能性があるためです。 裁判所などに事前協議し...

申し立ての後について

>これは書類が不備なく裁判所に受理されたと言うことなのでしょうか? >問題なく裁判所の審査が行われてると言うことなのでしょうか? 破産手続開始決定が出た場合、決定書が弁護士のもとに届きます。弁護士が貴方に報告をしていないか、まだ決定...

『支払停止は支払不能と推定する』とは?

(1)破産申立を却下させたい人ということになるでしょう。    債権者破産申立の場合は債務者が、自己破産申立の場合は、破産開始決定に異議のある他の債権者がなすことが考えられます。 (2)自己破産の場合は実務上支払不能・支払停止ではな...

奨学金を自己破産する場合

期限の利益の喪失条項がついていないのであれば、受任通知を送っても奨学金の契約の期限の利益は喪失しないのではないですか。 もっともそれだと、いつ保証機関が代位弁済するのかという問題が生じますが。。。 ご相談者様に何か見落としがあるのか...

自己破産の申し立て時期について

>弁護士さんは申し立てする日にちなどは教えてくれないのでしょうか? 別件との兼ね合いや事務所の事務的都合等によって予定が前後することはあり得ますので、日付までは明言なさらないのかもしれません。とはいえ、だいたいの予定(例えば、「今月...

"心身障がい者の生活保護受給者が自己破産できるか"

破産手続を開始してもらうには通常、支払不能といって、努力しても返済できない程度の返済であることを必要とする要件がありますが、生活保護受給者の場合は、原則として保護費で債務の返済をしてはならないという制約があるので、金額が少なくとも支払...

生活保護受給者の自己破産開始前の取り消し

負債の金額や返済に充てられる金額が分からないので、一般論しか回答できませんが、破産手続開始・免責許可の申立をまだしていないのであれば、申立をせずに方針変更または援助の取下げ等が可能なはずです。 受任した弁護士は、受け取っている着手金等...

自己破産申立前です。

何を相談されたいのかわかりません。 弁護士に依頼せずに自分で申立てをなさろうとしているのでしょうか? 依頼されているのであれば対応について受任弁護士とご相談なさってください。 静岡の運用はわかりませんが、弁護士に依頼せず管財予定で...

消滅時効についてのご質問

管財人が債権調査を行っていない場合、破産債権者表が作成されないので、 判決を取られたのと同様の効果は生じないです(破産法221条1項参照)。 そのため、民法169条1項による10年の時効更新は生じません。 もっとも、当該カード会社の...

自己破産の申し立てした後

弁護士から聞いているとは思いますが、同時廃止事案と少額管財事案が ありますので、確認されるといいでしょう。 どちらかによって、流れが変わります。 裁判所に行くのは原則1回です。 裁判所からの郵便物は弁護士に郵送されます。