えんどう だいすけ

遠藤 大介弁護士

弁護士法人LEON

馬喰町駅

東京都中央区日本橋小伝馬町21-1 THE PORTAL Nihombashi East 7階

対応体制

  • カード利用可
  • 分割払い利用可
  • 後払い利用可
  • 初回面談無料
  • 休日面談可
  • 夜間面談可
  • 電話相談可
  • メール相談可
  • ビデオ面談可

注意補足

お電話やLINEでのご相談も受け付けております。

【初回相談無料】【馬喰町駅2分】インターネット・SNSを巡るトラブル/刑事事件/労働問題/IT・エンタメ・芸能業界の企業法務など幅広い事案に対応「個人・法人問わずご相談を承ります」【電話・LINE相談可】【休日夜間面談対応】

どんな弁護士ですか?

※コロナウイルスの感染拡大に伴い、電話、Skype、zoom等を利用した面談・ご依頼も対応可能ですので、お気軽にお申し付けください。

◆ 「心の動き」を注視しつつ、法的解決を図ります
━━━━━━━━━━━━
私は、「問題解決のためには当事者の立場や心情を理解することが不可欠である」と考えています。
そのため、法的トラブルの背景にあるご依頼者さまや関係者の方々の心情にも注意を払いながら、相手方との様々な交渉を行い、法律問題の解決にあたっています。

「法律トラブルに遭い、困っている人の力になりたい」という初心を忘れず、依頼者様の気持ち、当事者間の心の動きに気を配りながら、法律問題を迅速に解決するよう努めます。


◆ 「スピード」と「前に進める力」を追求します
━━━━━━━━━━━━
弁護士法人LEONは、依頼者の利益実現のため、スピード感を重視し、様々な手段で案件を前に進めていくことを理念とした事務所です。
インターネット問題・離婚・刑事事件等の身近なトラブルの他、知財・エンターテイメント・ゲーム等に関する法務まで、それぞれの弁護士が深い知識を有し、様々な法律問題を適切に解決へと導いています。
お互いが日々、切磋琢磨を続ける環境で、私自身も幅広い分野で専門性を常に磨き、依頼者様にとって最善の解決をお渡しするよう尽力します。お困りの際は是非ご相談ください。

どんな事務所ですか?

◆ 弁護士法人LEONについて
━━━━━━━━━━━━
弁護士法人LEONは、法律トラブルに際して卓越した技術力をご提供することを目的に設立した事務所です。
個人の方からのご相談はもちろん、特に代表弁護士がゲーム業界やエンタメコンテンツに精通していることもあり、企業の方、エンタメ業界の方、芸能関係者、プロアスリートの方などからも幅広くご相談をお受けしています。
また、スタッフと弁護士が一丸となり、スピード感を重視して業務に当たっております。
ご依頼者様のお悩みを真摯に受け止め、常に最善を尽くします。どうぞお気軽にご相談ください。


◆ 弁護士法人LEONに依頼するメリット
━━━━━━━━━━━━
【1】電話相談・LINE相談可能
お電話でのご相談も承っております。
また、事務所公式LINEでご相談いただくことも可能です。
https://lin.ee/wa3g32s

【2】初回相談無料&柔軟な料金体系
初回のご相談は無料です。まずはお気軽にご相談ください。
費用については明瞭であることを心がけています。ご契約の前にお見積りをお出し出来ますので、安心してお尋ねください。
経済状況に応じた費用のご相談もお受けしております。

【3】スピード感のある対応
ご依頼いただいた際は、他の追随を許さないスピード感をもって対応致します。
特に当事務所の注力分野の一つである「インターネット問題」はスピードが命です。過去には即日解決した実績も多数ございます。
お急ぎの方もお気軽にご相談ください。

【4】フランクに話せる事務所
困りごとを解決するためには、何でも話せる関係であるべきだと考えています。
ご相談者様の良きパートナーとして、フランクに相談できる関係づくりを心がけています。

【5】当日・休日・夜間相談可
当日の急なご相談や休日・夜間(24時間まで)のご相談に対応しております。
休日・夜間等は予約制となりますので、事前にお問い合わせいただけますと幸いです。


◆事務所HP
━━━━━━━━━━━━
https://legal-leon.jp/


◆ アクセス
━━━━━━━━━━━━
弁護士法人LEONは、馬喰町駅・小伝馬町駅からほど近い、アクセスしやすい場所にございます。

⚫︎JR総武線 馬喰町駅 徒歩2分
⚫︎東京メトロ日比谷線 小伝馬町駅 徒歩4分
⚫︎都営地下鉄浅草線 東日本橋駅 徒歩6分

事務所の特徴

  • 完全個室で相談
  • 近隣駐車場あり

こんな相談ならお任せください

この他にもさまざまな案件についてご相談をお受けしております。
お困りの際は、どうぞご相談ください。


◆ インターネット問題
━━━━━━━━━━━━
インターネット問題は弁護士の経験が非常に重要です。インターネット上の誹謗中傷、違法ダウンロード、ネットストーカー等、インターネット特有の問題が存在します。
特に、発信者情報開示請求では、現在さまざまな掲示板やSNSサービスが存在するため、そもそも、どこの会社に情報開示請求をすればいいのか、どのような法的手続きが可能なのか、どの程度のスピード感で進める必要があるのかなど、千差万別となります。
一つでもやり方を間違えると発信者の特定に失敗してしまうリスクが高いため、経験がものを言う分野となります。

当事務所では、1ヶ月に100件以上、インターネット問題に関するお問い合わせをいただいており、受任している案件も100を超えております。
5ch、2ch、Twitter、Facebook、口コミサイト、YouTube、ブログ、個人が運営するウェブサイト等、多くの媒体について案件を取り扱った経験から、依頼者の方に最善な解決方法をご提案いたします。


◆ 刑事事件
━━━━━━━━━━━━
刑事事件は、スピードが命です。
「家族が逮捕された」「警察の任意聴取を受けた」等の場合、すぐにご連絡ください。
ご連絡はお電話・メール・LINE、いずれの手段でもお受けしています。
※夜間のご連絡はLINEがスムーズです。
弁護士がアカウントを常にチェックしています。
https://lin.ee/wa3g32s

土日祝日・夜間であっても、必要あれば最速で接見します。まずはご相談ください。


◆ 離婚・男女問題
━━━━━━━━━━━━
当事務所はストーカー被害について、極めて高い解決率を誇っております。
また、リベンジポルノについても解決実績が豊富です。
まずはご相談ください。

不貞の慰謝料請求(請求側・請求される側両方)、離婚調停・訴訟をはじめとする離婚全般についてもご相談を承っております。
依頼者さまのお気持ちに配慮しつつ、最良の解決を目指します。
お気持ちをどうぞお聞かせください。


◆ 労働・雇用
━━━━━━━━━━━━
「未払い残業代を請求されたが金額は適切なのか」
「退職勧奨・解雇の正しい手順が知りたい」
「解雇した従業員から労働審判を申し立てられた」
「問題社員の対処方法を教えてほしい」
「従業員が労災認定を受けたとき会社側はどう対応すればよいか」
「セクハラ・パワハラ問題で訴えられた」

労働問題は事前の対応を誤ると、逆に労働者側から訴えられてしまう恐れがあります。
そうなると会社側が圧倒的に不利となってしまう場合がありますので、事前に弁護士へ相談し、慎重に対処することが大切です。


◆ 債権回収
━━━━━━━━━━━━
「完成品を納品したのに開発費の支払いがない」
「契約に関する認識の不一致で製作費の支払を拒まれた」
「取引先に商品の代金を支払ってもらえない」
「債権者が複数いるので差し押えをしてほしい」
「個人事業主の開発費未払い対応も可能?」
「個人間のお金の貸し借りでも弁護士に依頼できる?」

中小企業や個人事業主にとって、未払い債権の回収は事業継続の生命線です。
早期の回収に取り組むことで不払いのリスクを抑えることができるので、ぜひ早いうちにご相談ください。
法人・個人どちらからのご依頼も承ります。


◆ 企業法務
━━━━━━━━━━━━
「契約書の内容に問題がないかチェックしてほしい」
「公告表示に問題はないか」
「契約内容に関する認識の違いで取引先と揉めている」
「労務管理や社員間のトラブルに関する相談」
「特許権取得のサポートをしてほしい」
「海外進出においてどのような法的課題があるかアドバイスしてほしい」

スタートアップ企業などでは社内の法務体制が整っていない場合も多いため、法的サポートは弁護士にお任せください。
フリーランスや個人事業主さまからのご依頼もお引き受けしておりますので、上記のようなお悩みをお持ちの方は気軽にご相談いただければと思います。
電話でお問い合わせ
050-7586-6326
受付中

※お電話の際は「ココナラ法律相談を見た」とお伝えいただくとスムーズです。