すずき しょうた

鈴木 翔太弁護士

弁護士法人鈴木総合法律事務所

東京都渋谷区恵比寿1-8-6 共同ビル4階・5階・7階(受付)
対応体制
  • カード利用可
  • 分割払い利用可
  • 初回面談無料
  • 休日面談可
  • 夜間面談可
  • 電話相談可
注意補足

お電話での法律相談はご相談概要のみを伺うものとしており、具体的な法的助言をしておりません。ご相談をご希望の方はお電話で面談予約をいただいてご来所ください。

依頼者の不安を取り除き、依頼者の満足度を高めていきたい

交通の利便性が高い恵比寿駅から徒歩1分の場所にある、弁護士法人鈴木総合法律事務所の代表弁護士・鈴木翔太先生。
そんな先生に弁護士になられた経緯や弁護士として大切にされていること、目指す方向性などについてお伺いしました。

01 弁護士を志した背景

困難を抱えている人たちの不安を除去したい

――鈴木先生が弁護士を目指された経緯はどういったものだったのでしょうか?

私が弁護士を志した理由は、大きく2つあります。1つは、困難を抱えている人たちを助けたい、それらの人の不安を除去したいという気持ちからです。2つ目は、自分の裁量で決定し、自分の力で仕事をしたかった、組織の歯車の一部として働きたくなかったからです。
この2つの目的をかなえられる最適な職業は弁護士だと考え、弁護士を志すことに決めました。

その後は、迷いなく法学部に進み、卒業後は法科大学院に進みました。大学院の2年目に法律事務所で短期間の研修をし、実際の弁護士の仕事の一部を経験させていただきました。そこで経験した弁護士の仕事は、私が思い描いたものと合致したため、弁護士になりたいという想いをさらに強めてくれましたね。
その後はひたすら勉強をし、司法試験に合格することができました。

02 弁護士としての活動

幅広い案件に対応できる弁護士・法律事務所へ

――弁護士になられてからはどのように活動されていたのですか?

最初は都内の法律事務所に勤務し、交通事故や刑事事件、債務整理、労働事件、離婚や男女問題など、多様な事件を担当しました。

約2年間の勤務を経て、恵比寿で独立開業をしました。業務量に応じて徐々に人を増やしていき、現在は、弁護士5名が所属しています。
交通事故、刑事事件、労働事件、債務整理、離婚や男女問題、相続、不動産、企業の顧問業務など、様々な案件に対応しています。

印象深い案件はいくつかありますが、そのうちの1つにオレオレ詐欺でいわゆる受け子を組織の上位の者に紹介する役割を行ったとされる方の弁護を担当させていただきました。この案件は相場からすると執行猶予をつけることは難しい案件で、しかも他の弁護士がついていたのですが、示談ができず、実刑判決を避けることはできないと判断していた案件でした。
その状況下でご紹介により私に弁護の依頼が来て、案件を伺ってみると、執行猶予の可能性が残されている案件だと判断しました。そして、前の弁護士が解任され、私が弁護を引き受けた後、一切の連絡を拒んでいた被害者のご自宅に直接ご訪問し、被告人が本件をなぜ行ってしまったか、刑務所に入ってしまうと残された家族は生活ができなくなってしまうことなどを切実に訴え、無事示談をすることができました。
結果として、絶対無理だと考えられていた案件で依頼者は執行猶予を勝ち取ることができ、現在も家族と平穏な生活を過ごしています。

他にも印象に残っている案件はたくさんあり、話し出したらキリがありません。

03 弁護士として心がけていること

まずは依頼者の方の不安を取り除く

――弁護士として活動されている中で、心がけていることを教えてください。

1番は依頼者の方の不安を取り除くことですね。そのために、どんな案件でも時間軸や勝訴可能性も含めた事案の見通しをお伝えした上で、迅速に対応するように心がけています。そして依頼者の方に案件の進捗について随時報告することも心がけています。報告がなければ依頼者の方は弁護士が何をしているかわかりませんし、不安になってしまいます。それにすぐに返信しなくてもいいような内容のメールが来たとしても、すぐに反応して返信するようにしています。反応がないことも不安に繋がりますし、できる限り依頼者の方を不安にさせたくないですね。

そして私は、法律面以外にも、依頼者の方への対応やサービス面を重視しています。法律は様々なことに通じてはいますが、その様々なことは法律だけで解決できるわけではありません。法律家という視点にこだわり過ぎてしまったら、解決できる問題も限定されてしまうと思うのです。
例えば私は、依頼者の方の気持ちを汲み取り、相手方との交渉をしっかり行うことを重視しています。依頼者が徹底した強気の交渉をすることを望み、そうすることが当事者間の終局的解決に資するのでしたらそうします。しかし、依頼者は強気の交渉を望んでいても、それが当事者間の真の意味での解決にならないと思える案件もあります。そうした案件は依頼者と徹底的に話し合い、真の解決がどこにあるかを探ることもあります。

このようなことをこだわっているからかもしれませんが、当事務所の顧客満足度は常に98%ほどの満足度を実現しています。一度案件処理をされた方からのご紹介も多く、一件一件の案件処理をしっかり行ってきたからこそだと思っています。
当事務所のホームページに、個人情報を伏せた形でお客様の生の声を掲載させていただいておりますので、拝見してみてください。

04 今後の方向性

事務所を拡大し、救える人を増やしていきたい

――今後目指していく方向性などはありますか?

どんなに優秀な人でも、1人の弁護士で処理できる案件というのは限られています。仮に無理をして1人で多くを抱えすぎてしまったら、1つ1つの案件が疎かになってしまい、依頼者に迷惑をかけてしまう可能性があります。ですが扱う案件を減らして少なくすれば、それだけ救える人が減ってもしまいます。
ですから私は、事務所を拡大していきたいですね。それによって救える人を増やしていけますし、雇用も創出し、税金も納めるなど、社会貢献にも繋がります。
ただ、事務所の拡大をしてお客様の満足度が下がってしまっては意味がないので、顧客満足度98%ほどは常に保持していきたいですね。

そうして事務所全体では、交通事故、刑事事件、労働問題、債務整理、離婚や男女問題、相続、不動産など幅広く様々な問題に更にしっかり対応していけるようになりたいですね。
債務整理や刑事事件、労働問題をはじめ、お悩みをお持ちの方はぜひ一度ご相談ください。
電話でお問い合わせ
050-7586-2818
時間外

※お電話の際は「ココナラ法律相談を見た」とお伝えいただくとスムーズです。