二世帯住宅の競売について

父親は建物に共有持ち分を持っているので、出ることはないでしょう。ローン の問題が解決できれば一番いいですね。また、競売が行われた時、競落人の建 物利用、土地利用について、競落人と父親と話し合いもしくは調停になる可能 性がありますね。 ...

海外不動産売却後の税金について

教えるほどの知識はないのですが、参考として、 あなたは日本で税金を支払う義務がありますが、二重課税を防止するために、 韓国で支払った税金を控除する計算式があります。 そのまま控除するわけではないので、複雑ですが、匿名電話での税務相談、...

住民票を移さないとどうなりますか?

有人が奥さんと子供と別居しているのですが、住民票をうつしてないようです。 どんな問題が発生するでしょうか? →正当な理由なく住民票を移していない場合、5万円以下の過料に科せられる可能性はあります。

税金計算の経費について(減価償却と購入費用について)

経費にできますね。 青色申告してるなら30万未満までの物品は経費にできますね。 青色申告していなくても10万未満なら経費にできるので、パソコンもディスプレイ も別々に購入していることから、いずれも経費にできるでしょう。

税務調査における国税の対応について

4時間も抵抗したのに無理やり署名させるなんていうのは酷いと思います。 国相手の裁判はハードルが高いですが、このケースには訴えてもいいと思います。国賠ですね。 それとは別に今後課税処分がなされると思いますが、それ自体について争ってい...

夜職の確定申告について

あなたの所得なら、収入が落ち込んでも、調査が入ることはないでしょう。 裏取りをして、まとまった税金が取れるところしか、調査はしないです。 これまで、経費を計上してこなかったのなら、税金を払い過ぎていたかも 知れませんね。

「経費」に含めることができる項目について

経費にはなりません。 ただし、課税所得を算出する際に、所得控除として算入できるので、経費 に準じた取り扱いになります。 後段は、経費は、健康保険料などは含まないので、無視して算出されます。

地目変更をしていないのは犯罪?脱税?

登記簿上の地目と現況の地目に違いがある土地はかなり多く存在しています。固定資産税は現況地目をベースにしていますので,そちらを確認されるとよいでしょう。脱税にはなっていないと思います。

ネットショッピングアカウント、税金について

そもそもアカウントの売買は規約違反ではないでしょうか。 yahoo側に相談する他ほか無いように思いますが、今後同社のサービスが利用できなくなることは覚悟して頂いたほうが良いかと思います。

友人への業務委託の報酬支払いについて

あなたから友人に渡すお金が、業務委託の対価であることを後から明確にできるように、お金を渡す度に、何の対価であるかわかる書面を残しておいた方がいいと思います。

パパ活での収入について

・「給与ではない大金が赤の他人から振り込まれ続けている」ことで公的機関などから目をつけられたり咎められたりすることはあるか 金融機関から連絡がある可能性はありますね。 いくらもらっているのか分かりませんが、贈与税が発生するのに贈与税...

確定申告しない場合のリスク

収入が会社からの給与のみであり、その給与も2000万円以下の場合には、確定申告の義務はありません。 もろもろの控除により払いすぎた税金を戻してもらうための手続きとして、年末調整でするのか、確定申告でするのか、ということになります。 ...

贈与税の免除について

形式的に資金援助の体を採ったとしても、実態が贈与だというふうに税務署が理解すれば贈与税を免れることはできません。 そんな簡単に脱税ができるようにはなっていません。 追徴などで余計な税金を払うことにもなりかねませんので変なことは考えな...

自宅で働く場合の経費

作業用と家事とで按分する。 アバウトになるでしょうが、仕方ないね。 税務署の方針だから。

扶養内での申告について

収入から経費を引いた所得が38万を 越えるなら確定申告の義務がありますね。 開業届と青色申告の手続きをしに税務署 に行くことですね。 そこで知りたいことを聞くといいですよ。 電話で相談にいくことを伝えてからいくと いいでしょう。