かさなか せいじ

笠中 晴司弁護士

丹波橋法律事務所

丹波橋駅

京都府京都市伏見区京町南8-101-1 小山ビル3階東

対応体制

  • 法テラス利用可
  • 初回面談無料
  • 休日面談可
  • 夜間面談可

注意補足

休日や夜間の対応も可能ですが,必ず,事前にご予約をお願いいたします。

【丹波橋駅徒歩1分】【交通事故の解決数400件以上】保険会社の対応方法も熟知。【借金問題】多数の破産管財人の経験を活かし,裁判所の視点も含めて適切に事件を処理。【初回面談無料】お気軽にご相談ください。

どんな弁護士ですか?

「敷居の低い」,「話しやすい」弁護士になるべく心がけています
◆一般企業勤務10年の経験がある弁護士
━━━━━━━━━━━━━━━
依頼者の気持ちに寄り添って、早期に適切な解決を図ることを最大の目標としています。
早期かつ適切な解決に向かうには、色々な経験(実体験)が必要かと思いますが、一般企業勤務10年の経験が弁護士業務に役立っていると思います。
そして、まずアドバイスしたいことは「問題が起きた時には早急に相談するのが一番」ということです。そのために「弁護士へのアクセスしやすさが大切」という気持ちで、初回相談は無料で行っています。
お気軽にご相談の予約をしていただき、まずは、問題を打ち明けていただきたいと考えています。
さらにすべての事案を裁判で白黒をつける(膨大な時間と手間がかかることが多い)のではなく示談や話し合いで解決するようにも対応できます。
まずは、お気軽にご相談ください。


◆民事調停官(非常勤裁判官)の経験をもとにアドバイス
━━━━━━━━━━━━
私は弁護士業の傍ら、簡易裁判所の民事調停官(非常勤裁判官)を4年間勤めておりました。
調停官は,裁判所で行われる調停事件を解決に導くため、当事者双方の意見を聞き,適切な「落としどころ」を見つけていく立場です。そして,裁判所のなかでは常勤の裁判官と交流していくなかで裁判所について深く理解でき、それが弁護士業にも活かされると思います。
私の強みは、民事調停官としての経験も含めて,双方の立場を俯瞰的にみることができること(「彼を知り己を知れば百戦あやうからず」ではないですが,彼(相手)の考えや行動を推測することも大切です),そして「裁判所の考え方」も理解しアドバイスできる点です。
有利な結果に導けるよう、知識と経験を活かして全力で問題解決に努めます。


◆交通事故:解決件数400件以上!
━━━━━━━━━━━━
私は以前保険会社の顧問弁護士を務める弁護士事務所に勤めており、その時は保険会社の立場で弁護士として活動し,保険会社の人間と多数やりとりしてきました(この時に200件以上担当)。
そして,自身で事務所を開設してからは,今度は,主に被害者の立場で,200件以上もの案件を解決してきました。
ですので,私の強みは,被害者の立場でも加害者の立場でも対応でき,そして,保険会社の対応方法も熟知していることです。
「慰謝料などの賠償額について保険会社とのやり取りをどう進めたらいいかわからない」,「過失割合に納得できない」,「後遺障害の認定に不満がある」などとお悩みの際は、ぜひ当事務所をお尋ねください。
そして,一例として慰謝料という点でいうと,保険会社の多くは,ベースとなる慰謝料の算定額の基準が低いため、大抵のケースで金額を上げられます。
また現在ご加入の保険に「弁護士費用特約」がついていれば原則弁護士費用を自身で負担することなく依頼できますので、自身の保険の契約内容をご確認いただいたうえでぜひご相談ください。


◆借金:多数の事件解決と破産管財人の経験を活かしサポート
━━━━━━━━━━━━
私は申立代理人として,破産や個人再生事件を多数処理してきました。
また,一方で,裁判所に申立てがあった破産事件につき,裁判所から選任され「破産管財人」の業務も多数行ってきました。
破産管財人とは破産申立のあった債務者につき,その所有する財産の換価し(お金に換える)、債権者への配当したり、債務者本人につき免責(債務を免除する)許可をするのかどうかを調査することなどを執り行う「公平な立場の専門家」です。
裁判所の用命をもとに役割を担うため、実際に裁判所がどのような観点で免責許可を検討しているのかも理解しています。
このような多数の経験を活かし、裁判所から指摘されそうなリスクを説明しながら依頼者の希望になるべく沿う結果になるようサポートいたします。


◆相続:法的かつ出来る限り双方が納得できる解決へ
━━━━━━━━━━━━
相続については、財産の使い込み・寄与分・特別受益など、当人同士だけでは互いの主張も異なり、一向に平行線をたどるばかりで収集がつかないこともあるかと思います。
そんなときは、弁護士を頼ってください。
それぞれに主張すべきところは主張いただいたうえで、双方がきちんと納得できる「落としどころ」を見つけるために尽力いたします。
公平な立場から財産についての事実を調査し、複雑な財産分与について法的なルールに沿い明らかにしたうえで解決策を提示します。


◆ 所属
━━━━━━━━━━━━
【学歴】
1985年 洛星高校卒業
1989年 京都大学法学部卒業

【職歴】
1989年 地元の地方銀行に就職
1999年3月 司法試験受験を志し、地元地方銀行を退職。2000年10月司法試験合格
2002年10月 弁護士として京都弁護士会に登録
2012年 4月 丹波橋法律事務所を開設

【所属】
京都弁護士会

どんな事務所ですか?

小さな事務所ですが,予約は個別でプライバシーは守られます
◆ 事務所の特徴
━━━━━━━━━━━━
京阪「丹波橋駅」北口を降りて、西側わずか30mのところにある弁護士事務所です。
丹波橋駅は,京阪と近鉄が乗り入れている駅ですので,伏見区だけでなく、京都府南部の皆さまにとってもアクセスがいいことをもっとも大切にしております。
初回のご相談は、すべて無料でさせていただきます。
事前にご予約をいただければ、休日でも対応しております。


◆ アクセス
━━━━━━━━━━━━
「京阪丹波橋駅」北口より徒歩1分
「近鉄丹波橋駅」より徒歩3分

事務所の特徴

  • 近隣駐車場あり

こんな相談ならお任せください

2002年に弁護士になってから、ずっと交通事故の問題に数多く取り組んできました。
「交通事故の解決なら、丹波橋法律事務所」と言われるよう、頑張っています。

もちろん、他の分野(相続・借金等)の取り扱いも多数行っています。


◆ 対応分野
━━━━━━━━━━━━
相続・遺言
交通事故
借金・債務整理
インターネット
消費者問題
債権回収
不動産・住まい
医療問題
企業法務
電話でお問い合わせ
050-7586-6334
定休日

※お電話の際は「ココナラ法律相談を見た」とお伝えいただくとスムーズです。