おかまつ ゆうき

岡松 勇希弁護士

名古屋第一法律事務所

丸の内駅

愛知県名古屋市中区丸の内2-18-22 三博ビル5階

対応体制

  • 法テラス利用可
  • 分割払い利用可
  • 後払い利用可
  • 休日面談可
  • 夜間面談可
  • ビデオ面談可

注意補足

平日以外の相談も承ります。法律相談は予約制ですので、事前にお電話でご予約を入れてお越しください。

【丸の内駅1分】悩みの核心を捉え、依頼者様が納得できる解決を提示いたします。幅広く案件対応します【離婚・男女問題】対応実績多数!別居時点で婚姻費用は請求いただけます【企業法務】安心して事業展開できるよう、法律家の視点でサポートします!

どんな弁護士ですか?

◆ご挨拶
━━━━━━━━━━━━━━━━━
初めまして。弁護士の岡松勇希です。

自分のそばにいる人が困った時に手を差し伸べられる存在になりたいと弁護士を志し、以来、多くの事案に携わらせていただきました。

私の強みは論理的に意見を述べることや感情に訴えることです。
中高時代所属したディベート部では交渉力を、大学時代の演劇部では瞬発的な対応力とコミュニケーショ力を鍛えられました。

弁護士として活動する中で、学生時代に得た経験が今の私の強みになっていることを強く感じています。

一般的に弁護士はハードルが高い存在と思われがちですが、私は相談者様の悩みに寄り添う身近な良き相談役であるべきと考えています。

悩む方達の背中を支え、時には一緒に前進する。
東海エリアの方々にとってのベストパートナーになるべく、尽力していきたいです。
もしもお困りごとがあれば、お気軽にご相談ください。


◆ 略歴
━━━━━━━━━━━━━━━━━
・東海高校卒業
・一橋大学法学部卒業
・名古屋大学法科大学院修了

2019年12月 名古屋第一法律事務所に入所。


◆ 趣味/人となり
━━━━━━━━━━━━━━━━━
・読書
・映画鑑賞

お酒を飲むことと食べることが好きです。
家族との外食も楽しいですし、一人呑みも好きです。
昨今の情勢もあり、外食の頻度は減りましたが、おすすめの飲食店があればぜひ教えてください。

どんな事務所ですか?

◆事務所の方針
━━━━━━━━━━━━━━━━━
1968年(昭和43年)の創業以来、東海エリアのみならず全国の弁護士と協同して様々な事案に取り組んで参りました。
創立50年の歴史が積み上げた実績とノウハウをもとに、憲法の理念と社会正義の実現のために精力的に対応して参りたいと思います。

「すべての人が個人として尊重される人にやさしい社会をめざして」
2007年に定めたこの企業理念を実現すべく、私たちの活動が地域に住むみなさまに貢献できるよう、各々の個性を存分に活かし課題解決のために最善を尽くします。

お困りごとがございましたら、お気軽にご相談ください。


◆事務所の対応体制
━━━━━━━━━━━━━━━━━
・30名以上の弁護士を擁し、各々が得意とする分野のナレッジを存分に活用します
・事案に応じてチーム体制での弁護が可能です
・大型事件も柔軟に対応いたします
・女性弁護士も在籍し、ご状況に応じて2名以上の弁護士で対応可能です

当事務所は中部地区有数の規模の弁護士を擁する事務所です。
大型事務所ならではの知識と経験を集約して、依頼者様のご要望実現のために尽力いたします。

中小企業支援法務部、離婚法務部、相続・後見法務部など事務所を挙げて特定分野に注力しています。

お悩みごとがございましたら、お気軽にお問い合わせください。


◆アクセス
━━━━━━━━━━━━━━━━━
地下鉄桜通線 「丸の内」駅 徒歩1分

<住所>
〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内2-18-22 三博ビル5階

事務所の特徴

  • 完全個室で相談
  • 近隣駐車場あり
  • 子連れ相談可

こんな相談ならお任せください

◆ 離婚・男女問題
━━━━━━━━━━━━━━━━━
離婚や男女のトラブルは感情に根ざし、当人同士の解決は長期化しやすい傾向にあります。
論理的に話し合いを進める上で重要となるのが証拠の有無。
「百聞は一見に如かず」という言葉もあるように、証拠の有無でご相談内容の見通しが変わってきます。

特に慰謝料請求する場合は証拠や事実に基づいて、ロジカルに交渉を進めていくことが必須です。
弁護士にご依頼いただくことで、事実に基づいた交渉を冷静に行うことができ、円滑な解決を目指すことができます。
また、当事務所では複数の探偵事務所と親交があり、別途料金にはなりますが、不貞の事実を立証するための仲介も可能です。
お気軽にご相談ください。


◆ 交通事故
━━━━━━━━━━━━━━━━━
・保険会社の提示する賠償金額に納得できない
・治療費の打ち切りを打診された
・後遺障害等級の認定が妥当かわからない

交通事故のトラブルは弁護士にご依頼していただくことで、賠償金が増額するケースが多々ございます。
私にご相談いただいた際には、お話を伺った上で今後の見通しについてしっかりとお伝えいたします。
相談者様にとって最善の解決ができるよう尽力いたしますので、お困りの場合はお気軽ご相談ください。


◆ 企業法務
━━━━━━━━━━━━━━━━━
・契約書作成の相談に乗って欲しい
・問題社員の対応で困っている
・取引先と支払いトラブルが発生した

企業法務においてはトラブルを未然に防ぐことが何よりも肝要です。
万が一トラブルが発生したとしても、スピーディーかつ慎重に対応していくべき事項です。
そのために常日頃から弁護士と気軽に連絡できる関係性を構築しておくと、有事の際にスムーズな解決を図ることができます。
私は顧問契約の実績もあり、企業法務の対応実績は複数ございます。
「こんなことで相談していいのかわからない」という相談でも、ぜひお話を聞かせてください。
企業の現状と今後起こりうるリスクなど懇切丁寧にご説明いたします。


◆ 労働・雇用
━━━━━━━━━━━━━━━━━
・一方的に解雇を告げられた
・職場でパワハラが横行していて辛い
・素行不良の社員に退職勧奨したい

労働・雇用のトラブルは生活にも大きな支障を来す由々しき問題です。
労働者側であれば、企業と対等な立場で話し合いを進めていくことは非常に根気がいりますし、精神面でも辛いものがあります。
一方、企業側であれば、一度表面化してしまうと社内外への損害は図り知れません。
特に企業側は、労働者と雇用関係を終了したい場合には、様々なリスクに備え、慎重に手続きを進めていく必要があります。

当事務所は労働者・企業側双方のご相談を承っています。
お悩みがございましたら、まずはご状況について詳しくお話をお聞かせください。


◆ 相続・遺言
━━━━━━━━━━━━━━━━━
・遺産の分割割合に納得ができない
・両親の離婚で長年会っていない親の遺産相続を放棄したい
・親と同居していた兄弟が財産を使い込んでいた
・亡くなった後に家族が遺産で揉めてほしくない

遺産や相続のトラブルは将来の家族関係に大きな影響を及ぼします。
当事務所では「相続後見法務部」を設置し、地域の方々の相続に関するご相談に寄り添って参りました。
長年培ったノウハウをもとに、相談者様にとって最良の解決策を模索いたします。
電話でお問い合わせ
050-7587-0041
定休日

※お電話の際は「ココナラ法律相談を見た」とお伝えいただくとスムーズです。