おがさわら けんすけ

小笠原 憲介弁護士

馬車道法律事務所

馬車道駅

神奈川県横浜市中区太田町4-55 横浜馬車道ビル6階
対応体制
  • 法テラス利用可
  • 分割払い利用可
  • 休日面談可
  • 夜間面談可
  • 電話相談可
  • ビデオ面談可

【馬車道駅徒歩2分】【夜間/休日対応可能】良質な法的サービスを提供し、社会に貢献することを目指して参ります。離婚問題/労働問題/借金問題/交通事故/企業法務など、幅広く対応可能。【地域に根ざした弁護士】どうぞご相談ください。

どんな弁護士ですか?

◆ メッセージ
━━━━━━━━━━━━━━━━━
私は、小学生時代、いわゆるいじめを受けていました。
なぜいじめを受けるのかも分からず、周りの子から無視され続け、自分の居場所がないと感じました。
他の人に助けを求めることができず一人で苦しんでいました。
自分の苦しみを他人に伝えることさえできない方々や、弁護士が手を伸ばせば解決する案件は多いと思います。
幼少期の経験を通じ、他人に助けを求めることができず苦しんでいる人達の助けになりたいと考え
弁護士になりました。

私は様々なバックグランドを持った方々に寄り添い、問題を解決できる弁護士でありたいと思います。
ひとつひとつの案件に丁寧に取り組み、良質な法的サービスを提供し、社会に貢献することを目指して参ります。


◆ 経歴
━━━━━━━━━━━━━━━━━
成蹊高校卒業
上智大学法学部国際関係法学科卒業
早稲田大学大学院法務研究科卒業
司法試験合格
司法研修所入所
弁護士登録


◆ 委員会
━━━━━━━━━━━━━━━━━
神奈川県弁護士会子どもの権利委員会委員
神奈川県弁護士会高齢者障害者委員会委員


◆ 弁護団
━━━━━━━━━━━━━━━━━
福島原発被害者支援かながわ弁護団
マイナンバー訴訟弁護団
医療問題弁護団
過労死事件弁護団
ブラック企業対策弁護団
ジャパンライフ神奈川弁護団
外国人労働弁護団


◆ 活動・執筆
━━━━━━━━━━━━━━━━━
外国人ローヤリングネットワーク(Lawyers Network for Foreigners)会員
LGBT支援法律家ネットワーク 会員


◆ 主な取扱分野
━━━━━━━━━━━━━━━━━
民事一般(土地建物明渡、借地借家問題、建築紛争、医療過誤、交通事故)
家事(離婚、相続遺言、高齢者・障害者の財産管理、成年後見、子どもの権利、DV)
倒産(債務整理、個人破産、個人再生等)
IT関係(投稿記事の削除請求・発信者情報開示請求等)
刑事・少年事件
外国人の人権
LGBT・セクシュアルマイノリティ支援

どんな事務所ですか?

◆ ごあいさつ
━━━━━━━━━━━━━━━━━
「法律」というのはどうしても堅苦しいイメージがつきまとってしまいますが、
法律は社会で起こる様々な問題を解決するルール(規範)です。

私たちは憲法を頂点とした法に基づき、
社会正義の実現と基本的人権の擁護を基本理念としながら、
皆さんのかかえる問題をていねいに解決していきたいと思っています。

法律事務所は、とかく敷居が高いとか横柄であるなどと言われがちですが、
私たちは皆さんとともに考え、同じ目線でともに格闘することによって
問題を解決していきたいと思っています。

そうして問題が無事解決した暁には、皆さんとともに喜びたい。
それが私たち自身にとって何より充実できる瞬間です。

様々な問題を抱え悩んでいる方、トラブルを未然に回避するための知恵を求めている方、
どうか遠慮なく私たち馬車道法律事務所の扉を叩いてみて下さい。

ようこそ馬車道法律事務所へ


◆ 事務所紹介
━━━━━━━━━━━━━━━━━
馬車道法律事務所は、1973(昭和48)年に前身の陶山圭之輔法律事務所として出発し、
今年で創設46年になります(現在の事務所名は1981年から)。

私たちは一貫して、働く人、消費者、患者、子どもなど社会での弱い人の立場に立って活動してきました。
扱う事件も、遺産相続、離婚問題、交通事故、借金などの金銭トラブル、不動産をめぐる争い、医療事故、消費者被害、
労働問題、建築紛争、公害問題、刑事問題、少年問題、行政事件など多岐にわたっていて、本当に様々な分野に取りくんできています。

一人の弁護士では対応できない事件でも、複数の弁護士が協力しながら進めていくことで、より多様な事件に対応できています。
さらに43年の歴史の中で、先輩弁護士から後輩弁護士へ多くの経験を引き継ぎ、また若い弁護士からベテランの弁護士へは新しい法律問題、社会問題についての情報や熱意を伝え、常に円熟さを身につけ新鮮さを損なわないよう、お互いに切磋琢磨してきました。

私たちはこれまで大きな社会問題となった事件についても果敢に取り組んできました。
多大な消費者被害を生みだした豊田商事事件、坂本弁護士一家の救出とオウム真理教の被害者の救済、アメリカ原子力潜水艦によって人命を奪われたえひめ丸事件、大気汚染被害に苦しめられた川崎公害事件、厚木基地の爆音訴訟、中国に孤児を置き去りにした政府の責任を問う中国残留孤児訴訟、原爆放射線の後障害に苦しむ被爆者を救うための原爆症認定訴訟、アスベストの使用を放置したことにより生命・身体に重大な被害をもたらした国、企業の責任を追及する訴訟など、その時代の課題ともいえる問題に法律家として常にかかわってきました。

もちろん、ここに掲げた事件のすべてを私たちだけで解決してきたわけではありません。
横浜、そして全国の弁護士と協力しながら、時代の課題と格闘してきました。
こうした蓄積も私たちの大きな財産となっています。

私たちはこれからも、これまで以上に高い技術とあたたかい心を兼ね備えた法律事務所であることを目指します。


◆ アクセス
━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇電車でお越しの方
みなとみらい線・・・・ 馬車道駅 5番出口から徒歩2分
JR線・・・・・・・・・・・・ 関内駅  北口から徒歩7分
市営地下鉄線・・・・・ 関内駅  9番出口から徒歩5分

◇住所
神奈川県横浜市中区太田町4-55 横浜馬車道ビル6階

事務所の特徴

  • 完全個室で相談
  • バリアフリー
  • 近隣駐車場あり

こんな相談ならお任せください

◆ 離婚・男女問題
━━━━━━━━━━━━━━━━━
離婚・男女問題は、当事者同士だけで解決しようとすると、感情のもつれから問題がより複雑になったり、解決まで長期間かかってしまったりすることが多々あります。
そんなとき、弁護士が間に入ることにより、第三者目線での冷静な話し合いと、適切な対応策や手続きをとることができます。
まだ具体的に離婚などを考えているわけじゃない、といったん場合でも、まずは今のつらいお気持ちだけでもお話いただき、心の負担を軽くしませんか。
誠心誠意、目の前のお悩みにアドバイスやサポートを行ってまいりますので、まずはご相談ください。


◆ 労働・雇用
━━━━━━━━━━━━━━━━━
パワハラやセクハラ、残業代の未払いなどの労働問題は、労働者にとって毎日の生活に直結する非常に身近な問題である一方、会社を相手方とすることになる難しい問題です。
声をあげたら会社にいられなくなるのではないか、家族に迷惑をかけることになるのではないか、と悩まれている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そのような場合でも、泣き寝入りをする必要はありません。
会社に対して少しでも疑問がある場合には、一度お話をお聞かせください。
ご依頼者様の納得できる解決となるよう、全力でサポートいたします。


◆ 借金・債務整理
━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇個人の方へ
個人の債務整理(任意整理、破産、個人再生、過払金請求)などの業務を取り扱っております。
悩みや問題を一人で抱え込むのは、心にも身体にも大きな負担になります。
ご相談いただければ「任意整理」、「個人再生」、「自己破産」のいずれかの方法で借金・債務整理を解決することが可能です。

◇事業主の方へ
会社等の法人の破産業務を取り扱っております。
会社等の法人を経営する方にとって、経営状態が悪化したといえども、今日まで経営してきた会社の破産を検討することは大変な艱苦を伴います。
もっとも、適切な時期に破産手続をとらなければ、負債が増大するなどにより、従業員や取引先等の債権者に負担をかけ、問題が複雑化することにつながります。
破産手続の準備期間や費用を確保し、破産手続を選択すること自体が困難になることもあり得ます。
破産するべきかの検討のためにも、早期に御相談いただくことが重要です。

弊所には、裁判所から管財人に選任され破産管財業務を取り扱う弁護士も在籍しています。
御依頼者様の事案に応じて、弁護士複数名で対応するなどして、適切に手続を進めさせていただきます


◆ その他
━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇交通事故

◇相続・遺言

◇債権回収

◇医療問題

◇消費者問題

◇外国人・国際問題

◇インターネット問題

◇刑事事件

◇不動産・住まい

◇企業法務

◇税務訴訟

◇行政事件
電話でお問い合わせ
045-662-7126
時間外

※お電話の際は「ココナラ法律相談を見た」とお伝えいただくとスムーズです。