のぶた まさしろ

信田 昌城弁護士

親和法律事務所 松山事務所

松山市駅

愛媛県松山市千舟町5-7-6 ニッシン商事千舟町ビル4階
対応体制
  • 分割払い利用可

【松山市駅徒歩3分】【分割対応】迅速、冷静、論旨明快を日々心掛けています。法律問題でも早期発見・早期対応がとても大切です。事務所理念は「専門家集団として、あなたとともに未来を拓く」。お気軽にご相談ください。

どんな弁護士ですか?

◆心掛けていること
━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】迅速な対応
迅速な対応が依頼者にとって大切なことだと考えています。
トラブルを抱えているというのは非常に煩わしいものです。
あまり眠れなかったり、仕事に集中できなかったり、心の中がもやもやして落ち着かなかったりしていないでしょうか。
このような状況から早く抜け出すために、先々を見通して、段取りよく、その結果として迅速に(拙速ではなく)仕事をすることを心掛けています。

【2】相談者・依頼者に寄り添いつつも、冷静な対応
弁護士は法律に基づいて紛争解決にあたる専門家です。
もちろん、相談者・依頼者に寄り添い、時として相談者・依頼者とともに憤ることも大切なことだと思います。
ただ、いまある証拠や事実を法律に当てはめて、解決までの道筋をつけていることは、専門家である弁護士にしかできません。
そのため、相談者・依頼者に寄り添いつつも、あくまでも冷静に相談者・依頼者のための対応をしていくことを心掛けています。

【3】わかりやすい説明
相談者・依頼者の意思決定のため、相手方・裁判所に依頼者の主張を伝えるため、論旨明快であることを心掛けています。
弁護士が扱うのは相談者・依頼者の紛争です。
そのため、相談者・依頼者に意思決定をしてもらう必要があります。
相談者・依頼者が適切な意思決定をするためには、複雑な内容であっても、整理してわかりやすく説明をする必要があると考えています。
また、相手方や裁判所に、相談者・依頼者の主張をわかりやすく整理して説明をすることは、相談者・依頼者の主張を理解させ、相談者・依頼者に有利な解決を導くことになります。
そのため、論旨明快であることを心掛けています。


◆略歴
━━━━━━━━━━━━━━━━━
私立慶応義塾大学法務研究科(法科大学院)既修者コース 修了
2014年12月 愛媛弁護士会登録
2020年1月 親和法律事務所松山事務所にて勤務
現在に至る


◆重点取扱案件
━━━━━━━━━━━━━━━━━
・企業、事業者の法律顧問業務
・離婚、相続その他の家事事件
・交通事故
・労働事件
・その他の一般民事事件

◆事務所webサイト
https://shinwalaw-ehime.com/

どんな事務所ですか?

◆事務所理念
━━━━━━━━━━━━━━━━━
私達の事務所は「専門家集団として、あなたとともに未来を拓く」を理念としています。

弁護士に相談するとき、本当に必要としていることはなんでしょうか。
直面しているトラブルを解決したい――。
それは当然のことですが、もう少し深いところでは、心の重荷を軽くして前に進みたい、今後同じようなことが起こるのを避けたい、事業を発展させたい、そのような未来へ向かう心があるはずです。
私たちは,ひとりひとりの専門家としての力を結集し、お客様が真に必要とされることを見極め、未来に向けて、一緒に取り組みます。
また,お客様と未来にわたってお付き合いをさせていただくには、私たち自身も成長を続けなければなりません。
専門家としての知見のみならず、人間的魅力をも絶えず磨き、仲間とともに未来を創ります。


◆当事務所の特徴
━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】迅速かつ丁寧な対応
当事務所では、大阪・東京・松山の3拠点に約20名の弁護士が在籍し、全国各地からのご依頼に迅速に対応しています。
各弁護士は、主な依頼者である中小事業者に生じうる多様な法的問題に対応できるよう、日々研鑽を積むとともに、依頼者に対しては、「親身な対応」「相談しやすい関係作り」「わかりやすい説明」を心がけています。

【2】専門家ネットワーク
当事務所は、これまでの案件処理を通して、税務、会計、知的財産、不動産などの専門家と協力関係を築いてきました。
必要に応じて、これらの他の専門家と連携し、案件の解決にあたります。
また、近年ご相談の多いアジア諸国に関する案件についても、対応可能な体制を整えています。


◆アクセス
━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇電車でお越しの方
伊予鉄「松山市駅」徒歩3分

事務所の特徴

  • 完全個室で相談
  • バリアフリー
  • 近隣駐車場あり
  • 子連れ相談可

こんな相談ならお任せください

◆一般民事・家事事件
━━━━━━━━━━━━━━━
・交通事故による損害賠償請求
・遺言書作成、遺産分割など相続に関すること
・離婚など家庭に関すること

◆会社顧問
━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】最近、顧問弁護士と話したのはいつですか?
弁護士に顧問料を支払うことは、無駄でしょうか。
答えは、どんな顧問弁護士を頼むかによります。
顧問料を支払うだけで、相談したこともないような弁護士では役に立ちません。

「そうではなく、信頼できる弁護士に、ちょっとした相談も、気軽にできる。」
「弁護士からは、会社の実情や経営方針も踏まえた的確な助言を得られる。」
このような関係を顧問弁護士との間で築くことができれば、厳しい判断を迫られる経営者にとって大きな力になると考えています。
当事務所では、毎月事務所報を発行したり、セミナーを開催したりすることで、情報を提供し、相談しやすい環境作りに取り組んでいます。

【2】事業を発展させる法務参謀
弁護士について、敷居が高い、できれば世話になりたくない、問題が起こってから相談する、相談したら怒られそうであるというイメージをお持ちの方がおられます。
当事務所が目指すところは、この従前の弁護士のイメージと大きく異なります。
我々は「経営者のビジョン・目標の実現を法務面からサポートする法務参謀」でありたいと思っています。
ビジョン・目標を実現するにあたっては、様々な障害が立ちはだかります。
これらの障害に直面した経営者に対し、当事務所は、これまでの弁護士にありがちな杓子定規な回答で終わらせるのでは不十分と考えています。
経営者と同じ視点に立ちつつ、法律家として経営者とともに困難を乗り越えていく戦友とならなければなりません。
当事務所は、このように考えておりますので、法の抜け穴を教えてほしい、短期的な利益のみを考えれば良い、という経営者の方とは、マッチしないと考えます。
電話でお問い合わせ
089-909-3307
時間外

※お電話の際は「ココナラ法律相談を見た」とお伝えいただくとスムーズです。